So-net無料ブログ作成

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」 [本]

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」東京創元社 読みました。

これは面白かったです。

他の作品と同じく仙台を舞台にして、本屋から広辞苑を強奪する?といお話です。
この出だしはやはりどうしても村上春樹「パン屋襲撃」を連想します。
といっても「パン屋襲撃」原作は読んでいず、短編映画を見たのですが。
過去から現在への断片的なエピソードがつながって一つの物語になっていく、というのは伊坂作品としてはお馴染みの手法ですね。
前半はいったいどう話がつながるのかと思うのですが、後半、パズルのピースがつながってくる展開はいいです。
伊坂幸太郎、読まねば。

「アヒルと鴨のコインロッカー」も「フィッシュストーリー」
「ゴールデンスランバー」と同じ中村監督で映画化されているんですね。
しかも「アヒルと鴨のコインロッカー」の主演は濱田岳と瑛太か。
これも見てみたいかな。


アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2003/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

きさ

Jerryさん、よーじっくさんnice!いつもありがとうございます。

by きさ (2010-10-07 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0