So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の12件 | -

永訣の波濤/星系出雲の兵站1/天使たちの課外活動6 テオの秘密のレストラン [本]

五代ゆう「永訣の波濤」ハヤカワ文庫JA

五代 ゆうさんのグインサーガ143巻です。
宵野ゆめさんが体調不良で五代ゆうさんだけになっての2作目。
相変わらず面白いですね。
ヤガやケイロニアを舞台に色々と展開が興味深く、続巻が楽しみです。

林譲治「星系出雲の兵站1」ハヤカワ文庫JA

林譲治さんの長編SFです。
星系出雲に異星人が侵攻して来るという話ですが、タイトル通り兵站にフォーカスしている所が面白い。
三巻になるそうで続巻楽しみです。

茅田砂胡「天使たちの課外活動6 テオの秘密のレストラン」C-NOVELS

茅田砂胡さんの人気シリーズ久々の新刊です。
ものすごく美味しい料理を作るテオが秘密のレストランを開店するという話です。
テオの料理と同じく非常に読みやすくあっという間に読んでしまいました。
レストラン開店で終わるので続きが楽しみです。


永訣の波濤 (グイン・サーガ143)

永訣の波濤 (グイン・サーガ143)

  • 作者: 五代 ゆう
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 文庫



永訣の波濤 グイン・サーガ143 (ハヤカワ文庫JA)

永訣の波濤 グイン・サーガ143 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: Kindle版



星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA)

星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 林 譲治
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/21
  • メディア: 文庫



星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA)

星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: Kindle版



天使たちの課外活動6-テオの秘密のレストラン (C・NOVELSファンタジア)

天使たちの課外活動6-テオの秘密のレストラン (C・NOVELSファンタジア)

  • 作者: 茅田 砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: 新書



天使たちの課外活動6 テオの秘密のレストラン クラッシュ・ブレイズ (C★NOVELS)

天使たちの課外活動6 テオの秘密のレストラン クラッシュ・ブレイズ (C★NOVELS)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/08/10
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

機巧のイヴ 新世界覚醒篇/約束の国4/たゆたえども沈まず [本]

乾緑郎「機巧のイヴ 新世界覚醒篇 」新潮文庫

乾緑郎さんのSF小説の続編です。
前作では機巧人形というロボットの存在するもう一つの江戸時代が描かれましたが、本作では万博が開催されるゴダムが舞台です。
相変わらず面白いですね。

カルロ・ゼン「約束の国4」星海社FICTIONS

ユーゴスラビアをモデルにしたカルロ・ゼンさんの長編小説の完結編です。
ユーゴをモデルにした国の最後の大統領が過去に転生し、歴史をやり直します。
なかなか難しい題材をよくぞまとめたと思いました。

原田マハ「たゆたえども沈まず」幻冬舎

原田マハさんがゴッホを題材にした長編小説です。
ゴッホと実在した日本人画商・林忠正を登場させその二人に接点があったという大胆なフィクションが面白いです。
キュレーターでもあった原田マハさんの美術関係の小説には外れナシです。


機巧のイヴ: 新世界覚醒篇 (新潮文庫)

機巧のイヴ: 新世界覚醒篇 (新潮文庫)

  • 作者: 乾 緑郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: 文庫



機巧のイヴ―新世界覚醒篇―(新潮文庫)

機巧のイヴ―新世界覚醒篇―(新潮文庫)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/06/01
  • メディア: Kindle版



約束の国 4 (星海社FICTIONS)

約束の国 4 (星海社FICTIONS)

  • 作者: カルロ・ゼン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: 単行本



たゆたえども沈まず (幻冬舎単行本)

たゆたえども沈まず (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

来る [映画]

「来る」見ました。

main (2).jpg

------------
第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。
謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。
主演を岡田准一が務めるほか、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが共演。
劇作家・岩井秀人が共同脚本、『君の名は。』などの川村元気が企画・プロデュースを担当した。
------------

001_size6.jpg

澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」の中島哲也監督による映画化です。
さすが中島監督面白かったです。
原作はかなり改変されているそうで、ホラーというよりは中島監督お得意の人の心の闇が強調されていました。
俳優陣はみんな良いですが、特に最強の霊媒師を演じる松たか子が素晴らしい。
松たか子の妹の小松菜奈、黒木華も大熱演。
岡田准一、妻夫木聡、青木崇高もいいのですが、監督は男優には興味がないとか。
ちなみに原作のぼぎわんとはブギーマンからだそうです。

320 (20).jpg

監督 中島哲也
脚本 中島哲也、岩井秀人、門間宣裕
原作 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
野崎 - 岡田准一
田原香奈 - 黒木華
比嘉真琴 - 小松菜奈
津田大吾 - 青木崇高
逢坂セツ子 - 柴田理恵
高梨重明 - 太賀
スーパーの店長 - 伊集院光
比嘉琴子 - 松たか子
田原秀樹 - 妻夫木聡
nice!(4)  コメント(6) 

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発- [映画]

「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」見ました。

320 (19).jpg

------------
地方のローカル線を舞台にしたヒューマンドラマ『RAILWAYS』シリーズの第3弾。
亡き夫の故郷で肥薩おれんじ鉄道の運転士を目指すシングルマザー、夫の連れ子、夫の父親の共同生活を描く。
シングルマザーに有村架純、彼女の義父に國村隼がふんするほか、桜庭ななみ、青木崇高、筒井真理子、木下ほうか、板尾創路らが出演。
監督を『バースデーカード』などの吉田康弘が務める。
------------

main (1).jpg

『RAILWAYS』シリーズの3作目です。
前作も見ていますが、どちらもしっかりした映画でした。
本作もいいですね。
有村架純は割と好きなんですが、本作はやはり國村隼さんの演技が光ります。
ファンなので國村さんの演技を見ているだけで楽しい。
舞台が鹿児島で肥薩おれんじ鉄道が題材なので鹿児島出身者としては楽しかったです。

images.jpg

監督・脚本:吉田康弘
音楽:富貴晴美
主題歌:斉藤和義「カラー」(スピードスターレコーズ)
奥薗晶:有村架純
奥薗節夫:國村隼
佐々木ゆり:桜庭ななみ
奥園駿也:歸山竜成
相羽雅樹:木下ほうか
楠木幸江:筒井真理子
水嶋徹:板尾創路
奥薗修平:青木崇高
nice!(5)  コメント(2) 

12月以降に見たい映画 [映画]

12月以降に見たい映画です。

ついでに11月に見た映画です。

56.11/2 「ヴェノム」TOHOシネマズ新宿
57.11/4 「ビブリア古書堂の事件手帖」
58.11/10「ボヘミアン・ラプソディ」
59.11/23「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」
60.11/24「エリック・クラプトン~12小節の人生~」
61.11/24「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
62.11/30「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」

12月7日(金)
「来る」
第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化

12月15日(土)
「メアリーの総て」
小説「フランケンシュタイン」の原作者メアリー・シェリーの半生を、『SOMEWHERE』などのエル・ファニング主演で映画化。

12月21日(金)
「アリー/ スター誕生」
『アメリカン・スナイパー』などのブラッドリー・クーパーが監督と製作を担当し、数々のヒット曲で知られるアーティストのレディー・ガガが主演を務めたドラマ

12月31日(月)
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
こうの史代の原作をアニメ化しヒットを記録した『この世界の片隅に』の別バージョン

1月11日(金)
「蜘蛛の巣を払う女」
ベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第1部を映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』のヒロイン・リスベットの過去を解き明かすミステリー。


nice!(2)  コメント(2) 

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [映画]

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」見ました。

og.jpg

------------
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛け、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者を主人公にしたファンタジーシリーズの第2弾。
パリの魔法界にやって来たニュート・スキャマンダーたちの戦いが展開する。
敵役のジョニー・デップ、若き日のダンブルドア役のジュード・ロウらが共演。
監督は、前作に引き続きデヴィッド・イェーツが務める。新たに登場する魔法動物も活躍。
------------

fantastic04-e1539949156752.jpg

面白かったです。
J・K・ローリングが脚本を手掛けた「ハリー・ポッター」の前日譚です。
5部作の2作目。
前作で主人公ニュートがアメリカで捕まえたグリンデルバルドがアメリカから英国に移送されるシーンから始まります。
グリンデルバルドは協力者の助けで逃走。このアクションがなかなか冴えています。
その後は色々あってニュートらはパリでグリンデルバルドと対決する事になります。
やはりジョニー・デップ演じるグリンデルバルドが魅力的。
カリスマ性があり強くてかっこいいです。さすがはジョニー・デップ。
悪役に魅力があるので映画も盛り上がります。
対するジュード・ロウ演じる若いダンブルドアもいい感じです。
まあ、先が長いのでまだまだ序章という感じですが、続編楽しみです。

00 (2).jpg

監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング
原作 J・K・ローリング『幻の動物とその生息地』
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
ニュート・スキャマンダー - エディ・レッドメイン
ポーペンティナ(ティナ)・ゴールドスタイン - キャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ・コワルスキー - ダン・フォグラー
クイニ―・ゴールドスタイン - アリソン・スドル
クリーデンス・ベアボーン - エズラ・ミラー
リタ・レストレンジ - ゾーイ・クラヴィッツ
ナギニ - クローディア・キム
テセウス・スキャマンダー - カラム・ターナー
トークィル・トラバース - デレク・リデル
アーノルド・グズマン - コーネル・ジョン
ユスフ・カーマ - ウィリアム・ナディラム
グリムソン - イングヴァール・エッガート・シーグルソン
アバナシー - ケヴィン・ガスリー
セラフィーナ・ピッカリー - カルメン・イジョゴ
スピールマン - ウルフ・ロス
トーキル・トラバース - デレク・リデル
ヴィンダ・ロジエール - ポピー・コービー=チューチ
アーマ・ドゥガード - ダニエル・ユーグ
ユーラリー・ヒックス - ジェシカ・ウィリアムズ
ローリーナ・カーマ - イソーラ・バルベ=ブラウン
ムスタファ・カーマ - ヒュー・クオーシー
コーヴァス・レストレンジ・シニア - キース・シャンター
スケンダー - オラフル・ダッリ・オラフソン
マクダフ - アンドリュー・ターナー
カロー - マヤ・ブルーム
クラフト - サイモン・ミーコック
クロール - デヴィッド・サクライ
ネイジェル - クラウディウス・ピータース
ステビンス - Bart Soroczynski
バンティ - ヴィクトリア・イェイツ
マクラーゲン - アルフィー・シモンズ
ポートキーのダフ屋 - デヴィッド・ウィルモット
メリュジーヌ - オルウェン・フエレ
ミネルバ・マクゴナガル - フィオナ・グラスコット
ニコラス・フラメル - ブロンティス・ホドロフスキー
アルバス・ダンブルドア - ジュード・ロウ
ゲラート・グリンデルバルド - ジョニー・デップ
nice!(7)  コメント(8) 

エリック・クラプトン~12小節の人生~ [映画]

「エリック・クラプトン~12小節の人生~」見ました。

320 (18).jpg

------------
絶大な人気を誇るミュージシャン、エリック・クラプトンを追ったドキュメンタリー。
彼の功績や波瀾万丈の半生を浮き彫りにする。
監督に『ドライビング Miss デイジー』などの製作にも携ってきたリリ・フィニー・ザナック、製作に『WE ARE X』などのジョン・バトセックらが結集。
クラプトン自身がナレーションを担当している。
------------

GALLERY016201_4.jpg

エリック・クラプトンの音楽ドキュメンタリー映画です。
上映館が少ないのでどこも混んでいました。満員の有楽町で見ました。
生い立ちからクラプトンの人生を追っていきます。
若い頃は画家を志していたというのは初めて知りました。
その後のブルースに魅せられての音楽人生はふんだんな演奏シーンが見られて素晴らしい。
ジョージ・ハリスンの奥さんパティ・ボイドとの不倫とその後の結婚についても語られています。
2時間を超える長い映画ですが、あっというまでした。

sp.jpg

監督 リリ・フィニー・ザナック
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
エリック・クラプトン
B・B・キング
ジョージ・ハリスン
ジミ・ヘンドリックス
パティ・ボイド
ロジャー・ウォーターズ
ザ・ローリング・ストーンズ
ザ・ビートルズ
ボブ・ディラン
nice!(2)  コメント(2) 

souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~ [映画]

「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」見ました。

Takeuchi.png

------------
2018年11月にデビュー40周年を迎える、シンガー・ソングライター竹内まりやのライブを映像化した音楽ドキュメンタリー。
------------

竹内まりやさんのライブ映像ドキュメンタリーです。
2000年、2010年、2014年のライブの映像を収録。最近のインタビューもあります。
もちろん山下達郎さんを始めとするバンドのメンバーも映っています。
良かったです。

THEATER LIVE | 竹内まりや 40th特設サイト
https://www.mariya40th.com/theater-live/
nice!(3)  コメント(0) 

暗殺者の潜入/日本史の内幕/星界の戦旗 VI [本]

マーク・グリーニー「暗殺者の潜入」ハヤカワ文庫NV

マーク・グリーニーの暗殺者グレイマン・シリーズの最新作です。
このシリーズは面白いです。
前作でCIAに追われる立場からCIAの仕事もするフリーのエージェントとなったグレイマン。
今回はフリーの立場で仕事を受けるのですが、これが大変な展開に。
相変わらず読ませますね。次回作が楽しみです。

磯田道史「日本史の内幕-戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで-」中公新書

磯田道史さんの歴史に関する新書です。
磯田さんの本はどれも面白いですが、本作も読ませます。
割と短い小ネタをまとめた本なので読みやすいですが、ファンには物足りないかも。

森岡浩之「星界の戦旗 VI 帝国の雷鳴」ハヤカワ文庫JA

森岡浩之さんのアニメ化もされたスペースオペラ新作です。
前巻で大変な展開となり今回は第2部開幕なのですが、刊行ペースが遅いのでこれでは完結はいつになるやら。
とはいえ面白かったです。


暗殺者の潜入〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の潜入〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: マーク・グリーニー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/21
  • メディア: 文庫



暗殺者の潜入〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の潜入〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: マーク・グリーニー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/21
  • メディア: 文庫



暗殺者の潜入 下 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の潜入 下 (ハヤカワ文庫NV)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: Kindle版



暗殺者の潜入 上 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の潜入 上 (ハヤカワ文庫NV)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: Kindle版



日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)

  • 作者: 磯田 道史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/10/18
  • メディア: 新書



星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 (ハヤカワ文庫JA)

星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 森岡 浩之
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/09/05
  • メディア: 文庫



星界の戦旗Ⅵ 帝国の雷鳴 星界シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

星界の戦旗Ⅵ 帝国の雷鳴 星界シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/09/15
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 

軍艦探偵/奇跡の人/美しく、狂おしく-岩下志麻の女優道-/宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―3 [本]

山本巧次「軍艦探偵」ハルキ文庫

山本巧次さんの連作長編です。
海軍主計士官となった主人公は戦艦榛名に配属され、以後太平洋戦争の中軍艦内の日常の事件を解決します。
なかなか面白かったです。

原田マハ「奇跡の人」双葉文庫

原田マハさんの長編小説です。
青森県弘前を舞台にした耳が聞こえず、口も利けない少女の物語です。
ヘレン・ケラーの語り直しなのですが、さすが原田さん読ませますね。

春日太一「美しく、狂おしく-岩下志麻の女優道-」文藝春秋

春日太一さんが岩下志麻さんにインタビュした本です。
岩下さんはファンですし、春日さんの著作はどれも素晴らしく、ほぼ全て読んでいます。
本作も大変読み応えありました。

鷹見一幸「宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―3」ハヤカワ文庫JA

鷹見一幸さんのミリタリーSFシリーズ第2部の3巻です。
前巻で粛清者の支配するアンドロメダへ向かった主人公ですが、今回はその功績を査問にかけられる事に。
人類側の内紛が描かれる事になります。
ちょっと意外な展開でしたが、続巻楽しみです。


軍艦探偵 (ハルキ文庫)

軍艦探偵 (ハルキ文庫)

  • 作者: 山本巧次
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2018/04/12
  • メディア: 文庫



奇跡の人 The Miracle Worker (双葉文庫)

奇跡の人 The Miracle Worker (双葉文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 文庫



美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道

美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/02/26
  • メディア: 単行本



美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道 (文春e-book)

美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道 (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/02/26
  • メディア: Kindle版



宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 3 (ハヤカワ文庫JA)

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 3 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 鷹見 一幸
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/24
  • メディア: 文庫



宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 3 (ハヤカワ文庫JA)

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 3 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2) 

もう一杯だけ飲んで帰ろう。/プラスチックの恋人/SF飯2/複眼の映像 [本]

角田光代・河野丈洋「もう一杯だけ飲んで帰ろう。」新潮社

角田光代さんと旦那さんの河野丈洋さんの共著エッセイです。
あまり縁のない中央線沿線のお店が多いのですが、それ以外で行ったことあるような店も登場。

山本弘「プラスチックの恋人」早川書房

山本弘さんのセックス用アンドロイドを題材としたSF長編です。
性的な描写はそれほどでもないですが、山本さんらしく過激な哲学的な思弁が面白いです。
山本弘さんは今年の5月に脳梗塞で倒れ、入院されていたとか。以下に闘病記を書かれています。
復活を祈ります。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887203571

銅大「SF飯2」ハヤカワ文庫JA

銅大さんのSF長編の続編です。
前巻で辺境の宇宙港の食堂をめぐる事件に巻き込まれた主人公、今回も事件に遭遇します。
前巻よりも面白かったので、続編も期待したいです。

橋本忍「複眼の映像」文藝春秋

脚本家の橋本忍さんの自伝です。
伊丹万作監督(伊丹十三監督の父)に師事、黒澤明との長い付き合いなどとても読み応えのある本でした。


もう一杯だけ飲んで帰ろう。

もう一杯だけ飲んで帰ろう。

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本



もう一杯だけ飲んで帰ろう。

もう一杯だけ飲んで帰ろう。

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: Kindle版



プラスチックの恋人

プラスチックの恋人

  • 作者: 山本 弘
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: 単行本



プラスチックの恋人 (早川書房)

プラスチックの恋人 (早川書房)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/25
  • メディア: Kindle版



SF飯2 辺境デルタ星域の食べ物紀行 (ハヤカワ文庫JA)

SF飯2 辺境デルタ星域の食べ物紀行 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 銅 大
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 文庫



SF飯2:辺境デルタ星域の食べ物紀行 (ハヤカワ文庫JA)

SF飯2:辺境デルタ星域の食べ物紀行 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: Kindle版



複眼の映像―私と黒澤明 (文春文庫)

複眼の映像―私と黒澤明 (文春文庫)

  • 作者: 橋本 忍
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/03/01
  • メディア: 文庫



複眼の映像 私と黒澤明 (文春文庫)

複眼の映像 私と黒澤明 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

プロジェクト:シャーロック/屍人荘の殺人/三谷幸喜のありふれた生活15/ミステリークロック [本]

大森望・日下三蔵編「プロジェクト:シャーロック」創元SF文庫

2017年の日本SF短編傑作選。相変わらず読み応えのある短編がそろっています。
大森さんチョイスのこれがSF?という短編もありますが。

今村昌弘「屍人荘の殺人」東京創元社

話題のミステリ。ネタバレなんですがXXXネタと本格ミステリの融合という
あたりはちょっと西澤保彦というか山口雅也というか。

「三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間」朝日新聞出版

朝日新聞連載の三谷幸喜さんのエッセイ。相変わらず軽妙に読ませます。
和田誠さんのイラストも楽しい。

貴志祐介「ミステリークロック」KADOKAWA

ドラマ化もされた貴志祐介さんのミステリシリーズの最新作です。
防犯探偵(兼泥棒)の榎本の名推理、さすがです。

OGP.jpg
プロジェクト:シャーロック (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

プロジェクト:シャーロック (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/06/29
  • メディア: 文庫



屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

  • 作者: 今村 昌弘
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/10/12
  • メディア: 単行本



屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: Kindle版



三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

  • 作者: 三谷幸喜
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本



ミステリークロック

ミステリークロック

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本



ミステリークロック (角川書店単行本)

ミステリークロック (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 
前の12件 | -