So-net無料ブログ作成
前の12件 | -

萩尾望都先生 特別講演 [マンガ]

女子美術大学アート・デザイン表現学科主催のオープンキャンパス「萩尾望都先生 特別講演」に行ってきました。

これもmixiのコミュで紹介していただいたおかげです。
せっかくなのでレポートです。

講師:萩尾望都(女子美術大学客員教授・少女漫画家)
司会:内山博子(女子美術大学メディア表現領域教授)  

会場は女子美術大学杉並キャンパス(東高円寺)。
250名収容の会場は満員の盛況でした。
ほとんど女性かなと思っていたのですが、10~15%くらいは男性もいました。

まずは大英博物館「マンガ展」の話から。
スクリーンに大英博物館の正門前での和装の萩尾さんの写真から。
マンガ展の紹介。まずはマンガのルーツとしての浮世絵から。
実は萩尾さんは浮世絵にも影響を受けていて、特に北斎の構図には衝撃を受けたとか。
「マンガ展」で「ユニコーン」が表紙のフラワーズのタペストリーが展示されている映像はインパクトがありました。
ポーの一族「春の夢」の舞台のイギリス、アングルシー島の話。
司会者からポーの一族でイギリスを舞台にするなど萩尾さんはイギリスが好きな理由はとの質問。
元々イギリス文学が好きで、妖精が登場する作品やナルニア国物語、指輪物語などのファンタジーが好きだからとの事。
最初に「ポーの一族」を書いたころはイギリスには行っていないそうですが、75,6年に初めて旅行し、その後、留学もしたとか。
イギリスをテーマにした近作として「進化論のガラパゴス」を紹介。
この作品はガラパゴス旅行をした事からできたそうです。

大英博物館「マンガ展」のキュレーター、ニコルさんとのツーショットの写真。
彼女の強い思い入れから展示された「柳の木」について全ページがスクリーンに投影されての萩尾さんの解説。
「柳の木」の構想から完成までの期間を聞かれ3年くらいだとか。
「マンガ展」でのイベントが開かれた「ジャパン・ハウス」「日本藝術研究所(ノリッジ)」の写真。
「半身」の話。元々、萩尾さんは双子が好きだそうです。「半身」の全ページがスクリーンに投影され萩尾さんの解説。

芸術新潮の話。表紙は元々「フラワーズ」の予告カットだったそうです。
芸術新潮に載った写真について。
表紙製作中の写真の小さな胸像は顔の描き方の参考にするため。
仕事場の写真の3人の人物像はエドガー、メリーベル、アラン?のポーズの参考にするため。
芸術新潮のクロッキーブックの映像を見ながら、司会者このクロッキーブックを借りて舐めるように見てみたいと。
萩尾さん、大きなクロッキーブックに描くと構想が広がり思いもかけない発想が出てくる。

終わりも近づき以下は会場の人とのQ&A

・「まんがABC」が好きなのですが、単行本に収録されないのでしょうか?
調子があまりよくない頃に書いたのであまり思い出したくないのです。
本にすることもないと思います。

・影響を受けた漫画家は。
色々な人が好きで影響を受けていますが、やはり手塚治虫先生です。
短編でも緻密に計算されていて素晴らしいです。

・作品によって時代背景で全く違う印象を受けるのですが。
描いているとやはり時代背景に自然に影響を受けます。

・原画展の作品の選定はどれくらい関わっているのでしょうか。
基本的には信用できるスタッフにはおまかせしています。

・エドガーのイラストの色彩に大変なインパクトを受けたのですが。
カラーの色の選び方は苦手です。あの頃は若かったので若さの勢いでああいう色になりました。


最後は、司会者がこの写真は見てほしいとの一言で、大英博物館「マンガ展」でのピカチュー(の着ぐるみ)と萩尾先生と和装のツーショット。
場内爆笑でした。

という事でとても楽しい1時間でした。

nice!(1)  コメント(2) 

トイ・ストーリー4 [映画]

「トイ・ストーリー4」見ました。

320 (23).jpg

------------
人間とオモチャの物語を描き大ヒットした『トイ・ストーリー』シリーズ第4弾。
外の世界へ飛び出したオモチャのフォーキーとウッディたちの冒険を描く。
『インサイド・ヘッド』の脚本に参加したジョシュ・クーリーが監督を務め、吹替版のボイスキャストはウッディ役の唐沢寿明をはじめ、所ジョージ、日下由美、辻萬長らが続投する。
------------

toy4_mvisual.jpg

『トイ・ストーリー』シリーズの4作目です。
実は『トイ・ストーリー』シリーズはあまりちゃんと見ていないのです。
1も2もテレビでいいかげんに見ましたし。
3もテレビで見たのですが、割とちゃんと見たので4作目は劇場で吹き替え版を見ました。
やはりいいですね。とにかくお話がよく出来ています。
笑わせてハラハラさせラストは泣かせます。

00 (1).jpg

監督 ジョシュ・クーリー
脚本 ステファニー・フォルサム、アンドリュー・スタントン
音楽 ランディ・ニューマン
主題歌 英語版
ランディ・ニューマン「君はともだち」「君のため」
クリス・ステープルトン「孤独なカウボーイのバラード」
日本語版
ダイアモンド✡ユカイ「君はともだち」「君のため」
唐沢寿明
所ジョージ
戸田恵子
竜星涼
新木優子
松尾駿
長田庄平
森川智之
竹内順子
日下由美
三ツ矢雄二
咲野俊介
辻親八
辻萬長
松金よね子
nice!(1)  コメント(0) 

アンノウン・ソルジャー [映画]

「アンノウン・ソルジャー」見ました。

320 (22).jpg

------------
1941年から1944年にかけて繰り広げられたフィンランドとソ連の継続戦争を題材にしたドラマ。
戦場に送られたフィンランド兵士たちに待ち受ける運命を活写する。
メガホンを取るのはドラマ「リベリオン」(シーズン1)などのアク・ロウヒミエス。
ロウヒミエス監督作『4月の涙』にも出演したエーロ・アホ、『結婚をダメにする21の習慣』などのアク・ヒルヴィニエミらが出演。
フィンランド国防軍全面協力のもと、1万4,000人超のエキストラを動員して撮り上げた。
------------

AhJht-BS.jpg

継続戦争を題材にしたフィンランド映画です。
継続戦争自体がなじみがない上に結構経緯は複雑なので詳細はウィキペディアででも。
映画ですがとても見ごたえがありました。
突然始まった継続戦争、最初は順調で1年前の冬戦争でソビエトに割譲されたカレリア地方を占領します。
主人公は冬戦争で活躍したロッカらの4人。
2時間を超える映画ですが、演出も快調で俳優陣も好演していて見せました。
T34戦車も登場する戦闘シーンは圧倒的でした。

1015742_03.jpg

監督アク・ロウヒミエス
原作バイノ・リンナ
脚本アク・ロウヒミエス、ヤリ・オラビ・ランタラ
エーロ・アホ ロッカ
ヨハンネス・ハロパイネン カリルオト
アク・ヒルビニスミ ヒエタネン
ハンネス・スオミ ヴァンハラ
アルットゥ・カプライネン
ユッシ・バタネン コスケラ
パウロ・ベサラ リューティ
サムエル・バウラモ
nice!(1)  コメント(0) 

7月以降に見たい映画 [映画]

7月以降に見たい映画です。

ついでに6月に見た映画です。

28.6/1 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
29.6/8 「スノー・ロワイヤル」
30.6/14 「メン・イン・ブラック:インターナショナル」
31.6/15 「アラジン」
32.6/21 「X-MEN:ダーク・フェニックス」
33.6/21 「きみと、波にのれたら」
34.6/22 「ザ・ファブル」
35.6/29 「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

7月12日(金)
「トイ・ストーリー4」
人間とオモチャの物語を描き大ヒットした『トイ・ストーリー』シリーズ第4弾。

7月19日(金)
「天気の子」
『秒速5センチメートル』などの新海誠監督が、『君の名は。』以来およそ3年ぶりに発表したアニメーション。

「東京喰種 トーキョーグール【S】」
石田スイのコミックを実写化したアクションホラーの第2弾。人間を捕食する種族・喰種(グール)とのハーフの大学生の戦いを描く。

7月26日(金)
「アルキメデスの大戦」
「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房のコミックを原作にした歴史ドラマ。

nice!(2)  コメント(0) 

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム [映画]

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」見ました。

トム・ホランドがスパイダーマンを演じる2作目。これは面白かったですね。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

film190516_spiderman_main.jpg

------------
『スパイダーマン:ホームカミング』に続き、トム・ホランドが主人公ピーター・パーカーを演じたアクション。
ヨーロッパで友人たちと旅行を楽しむピーターがミッションを与えられ、新たな戦いに向かう。
共演は、前作にも出演したジェイコブ・バタロン、ゼンデイヤ、マーベル作品のニック・フューリー役でおなじみのサミュエル・L・ジャクソンら。
監督はジョン・ワッツが続投する。
------------

spider-man-far-from-home-1st-trailer-2019-1200x630.jpg

エンドゲーム後の話。
冒頭はアイアンマン始めエンドゲームで退場したキャラ追悼。
とにかくお話がよく出来ています。
ミステリオというヒーローが登場しますが、ジェイク・ジレンホールが演じているのでウラがあると思ったらやっぱり。
ピーターとMJのラブストーリーも楽しい。
ニック・フューリーの片腕マリア・ヒルが出るのもうれしい。コビー・スマルダーズ好きなので。
マリサ・トメイとジョン・ファブローのからみはもうちょっと見てみたかった。
アクションシーンは快調ですね。
ただ、ハッピーエンドと思わせてクレジット後には波乱が。
次回作ではいったいどうなるんでしょうか。

Spiderman_far-from-home.png

監督 ジョン・ワッツ
脚本 クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ
ピーター・パーカー / スパイダーマン - トム・ホランド
クエンティン・ベック / ミステリオ - ジェイク・ジレンホール
ニック・フューリー - サミュエル・L・ジャクソン
マリア・ヒル - コビー・スマルダーズ
ミシェル・“MJ”・ジョーンズ - ゼンデイヤ
ネッド・リーズ - ジェイコブ・バタロン
ベティ・ブラント - アンガーリー・ライス
ブラッド・デイヴィス - レミー・ハイ
ユージーン・“フラッシュ”・トンプソン - トニー・レヴォロリ
ロジャー・ハリントン先生 - マーティン・スター
デル先生 - J・B・スムーヴ
ディミトリ - ヌーマン・アチャル
メイ・パーカー - マリサ・トメイ
ハロルド・“ハッピー”・ホーガン - ジョン・ファブロー
nice!(3)  コメント(4) 

ザ・ファブル [映画]

「ザ・ファブル」見ました。

320 (21).jpg

------------
週刊ヤングマガジン連載の南勝久の漫画を、『永遠の0』などの岡田准一を主演に迎えて実写映画化。
天才的な殺し屋が休業し、一般人として生活するさまを描く。
共演には木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市らが集結。
脚本は『20世紀少年』『GANTZ』シリーズなどの渡辺雄介、CMディレクター出身の江口カンがメガホンを取った。
------------

b8b25929893d34f9f62db7140e72b16a_1558651143_2.jpg

岡田准一主演のマンガの映画化です。
とにかくアクションがすごいですね。
岡田准一はファイトコレオグラファー(殺陣振付師)もしているそうです。
アラン・フィグラルツは『ボーン・アイデンティティー』や『96時間』シリーズに関わった人だとか。
冒頭の主人公のアクションがまずすごい。ラストのゴミ処理場でのアクションは圧倒的。
俳優陣も充実していて山本美月も木村文乃も良かった。
向井理と福士蒼汰が悪役を演じるのも面白い。
柳楽優弥の役も良かった。安田顕と佐藤浩市の好演の印象に残りました。
ただ、笑いの部分はいまいちだったかな。笑った所もありますが。
作中で岡田准一が描くイラストは楽しかった。
本人じゃないと思いますが。

68bb8f69a9baba7c33a79b517e5fa207188be5efaba90bfb59d50479b7f70856a41648a908c491a62f020c18ecf67673b7ab3f43d896838e0baf7d9731ed6342.jpg

監督 江口カン
脚本 渡辺雄介
原作 南勝久「ザ・ファブル」
ファイトコレオグラファー:アラン・フィグラルツ、岡田准一
音楽 グランドファンク
主題歌 レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
佐藤明 / ファブル:岡田准一
ヨウコ:木村文乃
ミサキ:山本美月
フード:福士蒼汰
小島:柳楽優弥
砂川:向井理
コード:木村了
クロ:井之脇海
幼少期のファブル:南出凌嘉
貝沼エツジ:好井まさお
砂川の部下:加藤虎ノ介
松沢:粟島瑞丸
バーのマスター:六角精児
鉄板焼き屋の店長:モロ師岡
河合ユウキ:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
ジャッカル富岡:宮川大輔
田高田:佐藤二朗
浜田:光石研
海老原:安田顕
ボス:佐藤浩市
nice!(4)  コメント(4) 

きみと、波にのれたら [映画]

「きみと、波にのれたら」見ました。

ダウンロード (3).jpg

------------
アニメ「四畳半神話大系」や『夜は短し歩けよ乙女』などの湯浅政明が監督を務めた長編アニメ。
サーフィンが大好きな女子大生と消防士の青年の恋を描く。
脚本は『映画 「聲の形」』などの吉田玲子、音楽は『夜は短し歩けよ乙女』も担当した大島ミチル。
ボイスキャストに『兄に愛されすぎて困ってます』などの片寄涼太、『恋のしずく』などの川栄李奈らが名を連ねた。
------------

20190618_212946_size640wh_5082.jpg

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』の湯浅政明監督の最新作。
さすが湯浅監督、見せますね。
特にいつもながら音楽の使い方が素晴らしい。
片寄涼太、川栄李奈の主人公二人をはじめ、松本穂香、伊藤健太郎のキャストも良かったです。
最後の大スペクタクルには度肝を抜かれました。
泣かせて笑わせてハラハラさせる。やはり湯浅監督作品は必見です。

001_size6.jpg

監督 湯浅政明
脚本 吉田玲子
音楽 大島ミチル
主題歌 GENERATIONS from EXILE TRIBE「Brand New Story」
雛罌粟港 - 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
向水ひな子 - 川栄李奈
雛罌粟洋子 - 松本穂香
川村山葵 - 伊藤健太郎
nice!(4)  コメント(0) 

X-MEN:ダーク・フェニックス [映画]

「X-MEN:ダーク・フェニックス」見ました。

320 (20).jpg

------------
世界中でヒットを記録した『X-MEN』シリーズの第7弾となるアクション大作。
前作でX-MENを勝利に導いたジーン・グレイのもう一つの人格が、思わぬ事態を引き起こす。
監督は同シリーズの製作や脚本などに携わってきたサイモン・キンバーグ。
ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのソフィー・ターナーをはじめ、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスらのほか、謎のキャラクターとしてジェシカ・チャステインが出演する。
------------

lqip.jpg

『X-MEN』シリーズの最新作です。
お話はちょっと突っ込みどころも多いですが、アクションは快調。
スペースシャトル救出に向かったX-MENは任務には成功するものの、ジーン・グレイの能力が暴走。
アクションのスケールがだんだん大きくなっていくので盛り上がります。
悪役のジェシカ・チャステインがさすがの存在感でした。
これでシリーズ終了だそうで残念ですが、これからの展開も楽しみです。

22000_19062112_01_20190611190416162.jpg

監督 サイモン・キンバーグ
脚本 サイモン・キンバーグ
音楽 ハンス・ジマー
ジーン・グレイ / ダーク・フェニックス - ソフィー・ターナー
チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX - ジェームズ・マカヴォイ
エリック・レーンシャー / マグニートー - マイケル・ファスベンダー
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク - ジェニファー・ローレンス
ハンク・マッコイ / ビースト - ニコラス・ホルト
スコット・サマーズ / サイクロップス - タイ・シェリダン
オロロ・マンロー / ストーム - アレクサンドラ・シップ
カート・ワグナー / ナイトクローラー - コディ・スミット=マクフィー
ピーター・マキシモフ / クイックシルバー - エヴァン・ピーターズ
セレーネ - コタ・エバーハード
アリキ - アンドリュー・ステリン
謎の女 / リランドラ - ジェシカ・チャステイン
nice!(3)  コメント(4) 

アラジン [映画]

「アラジン」見ました。

426052.jpg

------------
アニメ『アラジン』を実写化したファンタジー。
青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いの恋と、魔法のランプに関わる冒険が描かれる。
監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。
メナ・マスードがアラジン、『パワーレンジャー』などのナオミ・スコットがジャスミン、『メン・イン・ブラック』シリーズや『幸せのちから』などのウィル・スミスがランプの魔人を演じる。
------------

zayn-zhavia-a-whole-new-world-min.jpg

アニメ『アラジン』を実写版です。
アニメ版も見ていないですし、パスしようかと思ったのですが、監督がガイ・リッチーなので見ました。
これは面白かったですね!
さすがはガイ・リッチー。職人としても一流。
一番印象的だったのはお姫様役のナオミ・スコットがきれいで歌がうまい事。
彼女はいいなあ。次回作は『チャーリーズ・エンジェル』だそうで期待します。
アラジン役のメナ・マスードも健闘していたと思います。
ウィル・スミスの魔人も良かった。
お話はアニメに忠実な様ですが、とにかく映像が素晴らしく楽しい映画でした。

02.jpg

監督 ガイ・リッチー
脚本 ジョン・オーガスト
原作 『アラジンと魔法のランプ』
音楽 アラン・メンケン
アラジン メナ・マスード
ジャスミン ナオミ・スコット
ジーニー ウィル・スミス
ジャファー マーワン・ケンザリ
サルタン ナヴィド・ネガーバン
ダリア ナシム・ペドラド
アンダース王子 ビリー・マグヌッセン
イアーゴ アラン・テュディック(声)
ハキーム ヌーマン・アチャル
ラズール ロビー・ハインズ
オマール ジョーダン・A・ナッシュ
リアン タリア・ブレア
ジャマル アミール・ブートゥロス
魔法の洞窟 フランク・ウェルカー(声)
nice!(4)  コメント(5) 

メン・イン・ブラック:インターナショナル [映画]

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」見ました。

MIB4_INTL_OnLine_1SHT_6072x9000_02_w1.1-1024x1518.jpg

------------
地球に潜む宇宙人を監視するエージェントたちの活躍を描いた『メン・イン・ブラック』シリーズの第4弾。
敏腕だがいいかげんなHとエリート新人Mのコンビが、地球に迫る危機に挑む。
監督は『ストレイト・アウタ・コンプトン』などのF・ゲイリー・グレイ。
HとMを、『アベンジャーズ』シリーズなどのソー役でおなじみのクリス・ヘムズワース、『クリード』シリーズなどのテッサ・トンプソンが演じる。
------------

maxresdefault.jpg

「メン・イン・ブラック」最新作です。
1作目と2作目はお話はともかく演出のテンポが悪く個人的にはそれほど評価は高くありません。
3作目はお話が面白かったです。本作は3作目ほどではないですが、楽しめました。
クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンのコンビもいいですね。
リーアム・ニーソンもいい味を出しています。
お話は結構突っ込みどころもありますが、色々あってラスト伏線が効いています。
F・ゲイリー・グレイ監督の演出も良かったです。

resize (1).jpg

監督 F・ゲイリー・グレイ
脚本 アート・マーカム、マット・ホロウェイ
原作 ローウェル・カニンガム
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ、バリー・ソネンフェルド他
音楽 ダニー・エルフマン、クリス・ベーコン
エージェントH - クリス・ヘムズワース
エージェントM - テッサ・トンプソン
ハイT - リーアム・ニーソン
エージェントO - エマ・トンプソン
リザ・スタヴロス - レベッカ・ファーガソン
ポーニィ - クメイル・ナンジアニ
エージェントC - レイフ・スポール
フランク(パグ犬) - ティム・ブラニー
チャーリー - ポール・スミス
nice!(2)  コメント(6) 

アキラとあきら/本と鍵の季節/歌舞伎町ゲノム [本]

池井戸潤「アキラとあきら」徳間文庫

2006年から2009年に連載された池井戸潤さんの長編小説です。
財閥の息子、階堂彬、と零細工場の息子、山崎瑛、ふたりのあきらの少年時代から30年間を描きます。
さすがは池井戸さん面白かったです。
本作は2017年にテレビドラマ化された事から文庫で書籍化されました。
ドラマで二人を演じるのは向井理と斎藤工だそうです。


米澤穂信「本と鍵の季節」集英社

米澤穂信さんの最新作、短編集。高校2年の図書委員の二人が日常の謎に挑みます。
さすがは米澤さん、どの話も読ませますね。
最後はこれで続きはなさそうにも読めますが、米澤さんのインタビューによると続きの構想はあるとか。
楽しみです。


誉田哲也「歌舞伎町ゲノム」中央公論新社

誉田哲也さんのジウシリーズ最新作です。短編集。
ジウシリーズの展開に少し触れています。


ある短編では前作にも登場した「ジウ」の東警部補が再び登場し、「歌舞伎町セブン」のメンバーとからむ事になります。
また「硝子の太陽」での姫川玲子シリーズとのクロスオーバーを受けて、本作でも姫川シリーズの登場人物が話題になります。
話の内容はいつもの「歌舞伎町セブン」シリーズ。
要するに歌舞伎町必殺仕事人です。
本シリーズも姫川シリーズも続巻が楽しみです。


アキラとあきら (徳間文庫)

アキラとあきら (徳間文庫)

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 文庫



本と鍵の季節

本と鍵の季節

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 単行本



本と鍵の季節 (集英社文芸単行本)

本と鍵の季節 (集英社文芸単行本)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: Kindle版



歌舞伎町ゲノム

歌舞伎町ゲノム

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 単行本



歌舞伎町ゲノム

歌舞伎町ゲノム

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/01/25
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(4) 

スノー・ロワイヤル [映画]

「スノー・ロワイヤル」見ました。

o0772108014377401831.jpg

------------
ノルウェーのハンス・ペテル・モランドが、自身の監督作『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をハリウッドでリメイク。
除雪作業員の復讐(ふくしゅう)が、マフィアや警察を巻き込む戦いへと発展する。
主人公を『96時間』シリーズなどのリーアム・ニーソンが演じるほか、『わたしに会うまでの1600キロ』などのローラ・ダーン、『オリエント急行殺人事件』などのトム・ベイトマンらが共演。
------------

D8AgYqBUwAAZsW-.jpg

リーアム・ニーソン主演のアクション映画です。
ニーソン演じる主人公が息子が殺された事からギャングに復讐するという話です。
ただ、復讐されたギャング側が他のギャングからの攻撃だと誤解し抗争になります。
主人公と息子、対立するギャングのボスどうしの息子、父と息子が一つのテーマかな。
かなりブラックな笑いを交えて描かれるのであまりすっきりはしません。
ラストは主人公、対立するギャング一派が雪の中で対決します。

introduction_img.jpg

監督 ハンス・ペテル・モランド
脚本 フランク・ボールドウィン
原作 ハンス・ペテル・モランド『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』
音楽 ジョージ・フェントン
リーアム・ニーソン - ネルソン・コックスマン(ネルス)
ローラ・ダーン - グレース・コックスマン
エミー・ロッサム - キンバリー・ダッシュ刑事
トム・ベイトマン - ヴァイキング
ウィリアム・フォーサイス - ブロック・コックスマン(ウィングマン)
ジュリア・ジョーンズ - アヤ
ドメニク・ランバルドッツィ - マスタング
ラオール・トゥルヒージョ - ソープ
ベンジャミン・ホリングスワース - デクスター
ジョン・ドーマン - ギップ
アレクス・ポーノヴィッチ - オスガルド刑事
クリストファー・ローガン - シヴ
ナサニエル・アルカン - スモーク
ベン・コットン - ウィンデックス
トム・ジャクソン - ホワイト・ブル
nice!(2)  コメント(0) 
前の12件 | -