So-net無料ブログ作成
検索選択

彷徨える艦隊外伝3/キャパの十字架 [本]

ジャック・キャンベル「彷徨える艦隊外伝3」ハヤカワ文庫SF

------------
ついに完全な独立をはたしたミッドウェイ星系は、ハイパーネット・ゲート近くに戦闘艦を常駐させ、再度この星系の奪還をもくろむシンディック艦隊の襲来と、独裁者ハリスが支配するウリンディ星系からの侵攻部隊を警戒していた。
ドレイコン将軍は後顧の憂いを絶つため、ウリンディ星系への侵攻を実行するが、そこには恐るべき罠が待ち受けていた。
さらにそのさなか、強大な戦艦ひきいるシンディックの小艦隊が来襲するが!?
------------

ジャック・キャンベルのミリタリーSFシリーズの外伝3巻です。
本編で主人公ギアリーに敗北した全体主義国家シンディック。
外伝はミッドウェイ星系でその圧政に反旗を翻した二人の司令官が主人公です。
主人公たちの状況が過酷なので最近は本編より面白いですね。
前巻の最後の意外な展開もあり、今回も展開が興味深いです。
後半のおそるべき罠に立ち向かう主人公らの活躍が読ませます。
続巻が楽しみです。


沢木耕太郎「キャパの十字架」文春文庫

------------
フォトジャーナリズムの世界でもっとも有名かつ最高峰といわれる「崩れ落ちる兵士」。
だが、誰もが知るこの戦争写真には数多くの謎がある。
キャパと恋人ゲルダとの隠された物語がいま明らかになる。
------------

沢木耕太郎さんが、写真家のキャパを取り上げた本です。
有名なスペイン戦争での「崩れ落ちる兵士」の謎を追って沢木さんはスペインに向かいます。
キャパの謎を執拗に追う沢木さんの姿が興味深いです。
写真の謎が明らかになるだけでなく、その写真をめぐるキャパと恋人ゲルダの物語が明らかになっていく過程が面白いです。


彷徨える艦隊 外伝3: 勝利を導く剣 (ハヤカワ文庫SF)

彷徨える艦隊 外伝3: 勝利を導く剣 (ハヤカワ文庫SF)




彷徨える艦隊 外伝3 勝利を導く剣 (ハヤカワ文庫SF)

彷徨える艦隊 外伝3 勝利を導く剣 (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: Kindle版



キャパの十字架 (文春文庫)

キャパの十字架 (文春文庫)

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 文庫



キャパの十字架

キャパの十字架

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/02
  • メディア: 単行本



遙か凍土のカナン7/将軍たちの金庫番/時代劇の作り方 [本]

芝村裕吏「遙か凍土のカナン7」星海社FICTIONS

------------
時に、一九一四年。最愛の妻・オレーナを失い、東シベリアの地でひたすら政務に邁進する新田良造に、世界大戦の激動が迫りつつあった―。
物価は乱高下し、大規模な武器需要が東シベリアを急速に成長させるいっぽうで、ロシア帝国は揺らぎはじめる。
そして、大樹のまさに倒れんとする時、歴戦の将軍たちが凍土に集い、遂に“新たなる国”が産声をあげる。
だが、その前途には、元首のかつての祖国が、敵として待ち構えていた…。
------------

芝村裕吏さんの長編小説です。完結編。
日露戦争から始まり戦後、クロパトキン将軍からある依頼をされた主人公がコサック国家建設という目的に挑みます。
大戦がはじまりシベリアに新たな国を建国します。
若きスターリンなども登場し、現実の歴史とは違う世界を描いています。
アクションの多かった前半と比べると建国編はやはりかなり地味ですが、なかなか読ませました。


佐藤雅美「将軍たちの金庫番」新潮文庫

------------
徳川幕府の財産は、五代綱吉の時代にはほぼ枯渇。悩める老中らは、金集めのため世界でも稀な奇策を放つ。
だが幕末、その奇策が原因で、江戸の経済にとんでもない大混乱が起きてしまう。
諸藩・幕臣の慢性的な困窮、田沼・松平ら老中たちの功罪、総領事ハリスの悪知恵…。
金の流れを追えば、幕府崩壊の意外な一因が見えてくる。誰も知らなかったお江戸経済事情。
------------

佐藤雅美さんが幕府の経済事情について書いた本です。
佐藤さんが以前、経済時代小説を書いていた頃に出したもの。
徳川幕府初期は金や銀が大量に出たので裕福でした。
ですが金銀の産出量が減り五代綱吉の時代には財産はほぼ底をついていました。
そのための方策が幕末に混乱をおこします。
また田沼意次が経済官僚としてはそれほどすぐれていたとは言えないという話もお面白かったです。
これを読むと徳川の埋蔵金なんていうのは虚構だろうと思いますね。


能村庸一、春日太一「時代劇の作り方-プロデューサー・能村庸一の場合-」辰巳出版

------------
『鬼平犯科帳』『御家人斬九郎』…数々の時代劇ドラマを担当してきたプロデューサーが、制作秘話を通して語るテレビ時代劇への熱き想い。
------------

フジテレビの時代劇プロデューサー・能村庸一さんに春日太一さんがインタビューした本です。
『鬼平犯科帳』『御家人斬九郎』などを制作した能村さんの語るテレビ時代劇の話は面白いですね。
巻末に石橋蓮司さんとの対談もついています。
それだけにテレビ時代劇が衰退してしまったのは残念です。


遙か凍土のカナン7 旅の終わり (星海社FICTIONS)

遙か凍土のカナン7 旅の終わり (星海社FICTIONS)

  • 作者: 芝村 裕吏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



将軍たちの金庫番 (新潮文庫)

将軍たちの金庫番 (新潮文庫)

  • 作者: 佐藤 雅美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/09/30
  • メディア: 文庫



時代劇の作り方 プロデューサー能村庸一の場合

時代劇の作り方 プロデューサー能村庸一の場合

  • 作者: 能村 庸一
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2011/07/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



オリガ・モリソヴナの反語法/仲代達矢が語る 日本映画黄金時代 [本]


米原万里「オリガ・モリソヴナの反語法」集英社文庫

------------
1960年代のチェコ、プラハ。主人公で日本人留学生の小学生・弘世志摩が通うソビエト学校の舞踊教師オリガ・モリソヴナは、その卓越した舞踊技術だけでなく、なによりも歯に衣着せない鋭い舌鋒で名物教師として知られていた。
大袈裟に誉めるのは罵倒の裏返しであり、けなすのは誉め言葉の代わりだった。
その「反語法」と呼ばれる独特の言葉遣いで彼女は学校内で人気者だった。
大人になった志摩が1992年ソ連崩壊直後のモスクワで、少女時代からずっと抱いていたそれらの疑問を解くべく、かつての同級生や関係者に会いながら、ついに真相にたどり着くまでがミステリータッチで描かれている。
------------

米原万里さんの最初で最後の長編小説です。
チェコのソビエト学校にオリガ・モリソヴナという教師がいて、ソビエトからの解雇指示に教師たちが反対した、というまでは本当にあった事。
そのオリガの過去の謎解きはフィクションですが、実際にソビエトで行われた粛清や収容所の事実を元にしているのでリアリティがあります。
ベリヤなど実在の人物も登場します。非常に面白かったです。


春日太一「仲代達矢が語る 日本映画黄金時代」PHP新書

------------
役者になって60年。今年80歳を迎える仲代達矢がこれまでの作品を振り返る。
日本映画は昭和20年代から30年代を中心に黄金時代と呼ばれる。ちょうどその頃、仲代達矢はデビューした。
俳優座養成所でのこと、小林正樹、岡本喜八、黒澤明ら名監督との出会い、高峰秀子、原節子、勝新太郎といった有名俳優との仕事などを回想する。
映画会社の専属にならない、当時としては珍しいフリーの立場を貫いた。一年の半分を映画、もう半分を舞台ときっちりわけて仕事をしてきた俳優だからこそ、日本映画の盛衰を冷静に見ていた。現在の映画界についても鋭く語る。
------------

春日太一さんが仲代達矢さんに映画についてインタビューした本です。
数々の名監督や名優との仕事を細かく語っていて非常に面白いです。
全く知らなかった話はあまりないですが、貴重な証言をうまくまとめています。


オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)

オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)




オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)

オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/10/25
  • メディア: Kindle版



仲代達矢が語る 日本映画黄金時代 (PHP新書)

仲代達矢が語る 日本映画黄金時代 (PHP新書)

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/01/17
  • メディア: 新書



仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: Kindle版



杯/歌舞伎町ダムド/ドルチェ/ドンナビアンカ [本]

沢木耕太郎「杯(カップ)-緑の海へ-」新潮文庫

------------
「最高のもの」に出会う―。自国を応援する楽しみと並ぶ、ワールドカップならではの喜び。
自らを「アマチュア」と呼びながらも、W杯サッカーの魅力をそう喝破する著者は2002年、日韓を無数に往還した。
東京、ソウル、済州島、横浜、光州…幾多のゲームの興奮を記すと同時に、旅人の視点から両国の土地と人間を深く静かに見つめた、汗と風の香り立つ異色の日韓W杯観戦記/漂流記。
------------

沢木耕太郎さんが、2002年の日韓W杯をルポした観戦記です。
日本と韓国を時には1日で移動してゲームを見ていきます。
沢木さんは韓国で色々な人に出会い親切にされ、これから日韓関係には希望がある、と書くのですが、その後の日韓関係はご存知の通り。
ルポとしては面白いですが、その後の事を考えると複雑な思いがあります。


誉田哲也「歌舞伎町ダムド」中央公論新社

ジウシリーズの展開に少し触れています。



------------
日本最大の歓楽街・新宿歌舞伎町。そこに、全裸の男女を凌辱し、惨殺することに快感を得る謎の男がいた。
彼は七年前に起きた「歌舞伎町封鎖事件」でジウと出会い、自らもジウになろうとしていた。
再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、巻き込まれてゆく新宿署の東弘樹警部補、そして「歌舞伎町セブン」。
『ジウ』『国境事変』『ハング』、そして『歌舞伎町セブン』、全ての物語がここに繋がる―!
------------

誉田哲也さんの長編小説です。
前作の「歌舞伎町セブン」にも登場した「ジウ」の東警部補が再び重要な役割で登場し、「歌舞伎町セブン」のメンバーとからむ事になります。
また、「ジウ」「ハング」のある人物らが登場し、前作共々「ジウ」シリーズの続編であった事が明らかになります。
タイトルの「歌舞伎町ダムド」はちょっと肩すかしでしたが面白かったです。


誉田哲也「ドルチェ」新潮文庫

------------
彼女が捜査一課に戻らない理由。それは、人が殺されて始まる捜査より、誰かが死ぬ前の事件に係わりたいから。
誰かが生きていてくれることが喜びだから。警視庁本部への復帰の誘いを断り続け、所轄を渡って十年が過ぎた。
組織内でも人生でも、なぜか少しだけ脇道を歩いてしまう女刑事・魚住久江が主人公の全6編。
------------

誉田哲也さんの警察小説連作短編集です。所轄の女刑事・魚住久江が主人公です。
ジウシリーズなどと違い地味な事件を根気よく解決に導く所がなかなかいいです。
誉田作品にしては地味目ですが、さすがに読ませます。


誉田哲也「ドンナビアンカ」新潮文庫

------------
虫けら同然の人生で、初めて落ちた本気の恋。それは俺に心からの幸福と、地獄を招いた―。
大手外食企業役員と店長が誘拐された。練馬署強行犯係の魚住久江は、一課時代の腐れ縁・金本らと捜査に召集される。
だが身代金受渡しは失敗、切断された体の一部が送りつけられる。
やがて捜査線上に浮かんだのは、一人の中国人女性。
一課復帰を拒み所轄を生きる女刑事が事件の真相を追う!
------------

魚住刑事シリーズの2作目。今回は長編です。
恋に落ちたある男の話と、魚住刑事が捜査に加わった誘拐事件が交互に語られます。
その二つの物語がどう関わるのかという興味で読ませます。
前作よりもサスペンスが効いていて一気に読みました。


杯(カップ)―緑の海へ (新潮文庫)

杯(カップ)―緑の海へ (新潮文庫)

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/04/25
  • メディア: 文庫



歌舞伎町ダムド

歌舞伎町ダムド

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 単行本



ドルチェ (新潮文庫)

ドルチェ (新潮文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: 文庫



ドルチェ(新潮文庫)

ドルチェ(新潮文庫)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/06/01
  • メディア: Kindle版



ドンナ ビアンカ (新潮文庫)

ドンナ ビアンカ (新潮文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 文庫



ドンナ ビアンカ(新潮文庫)

ドンナ ビアンカ(新潮文庫)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/01
  • メディア: Kindle版



コルシア書店の仲間たち/オリンピア/強行偵察: 宇宙兵志願2/旭日、遥かなり3 [本]

須賀敦子「コルシア書店の仲間たち」文春文庫

------------
1950年代の半ばに大学を卒業し、イタリアへ留学した著者は、詩人のトゥロルド司祭を中心にしたミラノのコルシア書店に仲間として迎え入れられる。
理想の共同体を夢みる三十代の友人たち、かいま見た貴族の世界、ユダヤ系一家の物語、友達の恋の落ちつき先など書店の人々をめぐる情景を流麗に描いたエッセイ。
------------

須賀敦子さんのエッセイ集です。
イタリアへ留学した須賀さんは詩人のトゥロルド司祭を中心にしたコルシア書店の仲間となります。
後にその仲間の一人と結婚する事になるのですが、書店のパトロンの貴族や、書店に関わる仲間たちの情景を描きます。
貴族の中には映画監督のヴィスコンティの親戚や知り合いもいたりします。
その後、夫が亡くなり日本に帰国した須賀さんが懐かしい書店の仲間たちを回想する筆致がいいですね。


沢木耕太郎「オリンピア-ナチスの森で-」集英社文庫

------------
1936年8月、ナチス政権下のベルリンで第11回オリンピックが開催された。
ヒトラーが開会を宣言し、ナチスがその威信を賭けて演出した。
その大会を撮影し、記録映画の傑作『オリンピア』二部作を生み出した天才レニ・リーフェンシュタール。
著者は彼女にインタビューを試みる…。
運命の大会に参加した日本選手団をはじめとする多くのアスリートたちの人生をたどる長編ノンフィクションの傑作。
------------

沢木耕太郎さんがベルリン・オリンピックを描いたノンフィクションです。
沢木さんはその大会の記録映画「オリンピア」を監督したレニ・リーフェンシュタールに会いに行きます。
そしてレニの証言からベルリン・オリンピックに参加した日本選手団を中心としたアスリートたちの人生をたどっていきます。
さすが沢木さん読ませますね。
本来、オリンピック5部作になる予定だったそうです。


マルコ・クロウス「強行偵察: 宇宙兵志願2」ハヤカワ文庫SF

------------
恐るべき異星種族との最初の接触から5年後、戦闘管制員アンドリュー・グレイスン二等軍曹は、敵に奪われた植民惑星ニューウェールズへの強行偵察を命じられた。
艦隊が高密度の軌道機雷原で守られた敵コロニーを破壊できるよう、武装偵察班の4名と共に惑星に潜入し、敵の大気交換機や重要施設の正確な位置を伝えるのがその任務だ。
偵察班は小隕石に偽装したポッドで、人類にとっては死の星に変貌した惑星に降下するが…
------------

マルコ・クロウスのミリタリーSFです。
作者はドイツ生まれでドイツでは軍の教官をしていたそうで、戦闘描写が非常にリアルです。
1巻で軍に入隊した主人公は自国の反乱鎮圧や中国ロシア同盟といった人類と戦いましたが、最後に異星種族との戦闘に参加しました。
今回は異星種族との戦いが主になります。
異星種族との戦いはかなり不利な状況で、自国では反乱が多発し、中国ロシア同盟とも戦争は続いているというどうしようもない状況です。
ラストでは波乱があり、希望も見えつつ続きが気になる終わり方でした。
続巻も楽しみです。


横山信義「旭日、遥かなり3」C★NOVELS

------------
クェゼリン沖海戦に勝利した連合艦隊は、メジュロ環礁に潜む米太平洋艦隊主力を発見。
陸攻隊による夜襲を敢行し、敵戦力を漸減させていく。
たまりかねた太平洋艦隊司令長官・キンメルはメジュロからの進軍を決意し、ポナペ島沖にて日米決戦の火蓋が切って落とされた。
開戦直後から連合艦隊は戦果を上げ続けるが、乙部隊は敵の罠にかかり戦艦の前におびき出される。
主力である重巡洋艦「那智」「古鷹」が続けざまに被弾する中、戦局を左右するのは、一隻の駆逐艦の存在だった。
ノース・カロライナ級、コロラド級の主力艦が勢揃いする米国を相手に、「大和」「武蔵」不参加の日本はどう挑むのか!
------------

横山信義さんの仮想戦記シリーズ3巻です。
現実の歴史との違いはシベリアにロシア帝国が存続している事。
真珠湾攻撃は起きていないので、戦史でいうアメリカオレンジプランと日本の「漸減邀撃作戦」の戦いとなります。
前巻では日米の空母戦が起きますが、かなり日本軍有利な展開でした。
今回は戦艦同士の戦いです。前半は巡洋艦、駆逐艦隊による夜戦。
かなり日本軍が優勢に戦いを進めます。後半は戦艦同士の戦いです。
さすが横山さん、読ませますね。横山さんらしく全般に酸素魚雷無双です。
次巻が楽しみです。


コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

  • 作者: 須賀 敦子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1995/11
  • メディア: 文庫



オリンピア―ナチスの森で (集英社文庫)

オリンピア―ナチスの森で (集英社文庫)

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 文庫



オリンピア ナチスの森で (集英社文庫)

オリンピア ナチスの森で (集英社文庫)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/07/25
  • メディア: Kindle版



強行偵察: 宇宙兵志願2 (ハヤカワ文庫SF)

強行偵察: 宇宙兵志願2 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: マルコ クロウス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: 新書



強行偵察 宇宙兵志願 2 (ハヤカワ文庫SF)

強行偵察 宇宙兵志願 2 (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/09/25
  • メディア: Kindle版



旭日、遥かなり3 (C・NOVELS)

旭日、遥かなり3 (C・NOVELS)

  • 作者: 横山 信義
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/12/19
  • メディア: 新書



旭日、遥かなり3 (C★NOVELS)

旭日、遥かなり3 (C★NOVELS)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/12/25
  • メディア: Kindle版



新軍事学入門/映画にまつわるxについて/歌舞伎町セブン [本]

小峯隆生、飯柴智亮、佐藤優、内山進、北村淳、佐藤正久「新軍事学入門」飛鳥新社

------------
歴史がくり返され、アメリカが先に仕掛ければ、戦場になるのは日本列島。
第二次大戦のフィリピンやガダルカナルのようになるかもしれない。
史上最強となる中国軍への抑止力を保つために、自衛隊が今できることは何か。
今後どう変わればよいか。米軍から21世紀の軍事学を教わった。
これからも日本が戦争しないために必要な軍事知識を、対話形式で分かりやすく説明する「新・戦争入門」!
------------

元プレイボーイ編集者でミリタリーマニアの小峯隆生さんが軍事の専門家にインタビューした本です。
日本に国家戦略という物があるのか?という疑問をアメリカで軍事に関わっている人などに聞きます。
結論は国家戦略はない、というやっぱりの結果ですが、でもこうすればかなり中国に対抗できるという話もあります。
個人的には北村淳さんの話が一番面白かったですね。
とにかく知っている事もありましたが、新しい知見をたくさん得る事ができました。

・国際関係論、国際政治、軍事学を3つを修めて始めて安全保障の専門家
・日本では軍事学を学べるのは防衛大しかない。他の国は軍事学を学べる大学がたくさんある
・戦略原潜を運用していないと、国連常任理事国にはなれない
・米軍は日中の紛争に基本的には介入しない
・中国との戦いに戦車は不要

などなど。本当に面白い本でした。


西川美和「映画にまつわるxについて」実業之日本社

------------
『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』、2002年のデビューから、
オリジナル脚本・監督による四作の長編映画を生みだし、数々の映画賞を受賞。
本書は、いま次回作にもっとも期待の寄せられる映画監督のひとり・西川美和氏、初のエッセイ集。
------------

最近、新作「永い言い訳」が公開された西川美和監督の映画に関するエッセイ集です。
映画に関する色々な苦労話や「ゆれる」メイキングの話など面白いです。
特に「夢売るふたり」で松たかこにフォークリフトの運転免許が必要になり監督と二人で合宿に行った話が面白かったです。


誉田哲也「歌舞伎町セブン」中公文庫

------------
冬のある日、歌舞伎町の片隅で町会長の高山が死体で発見された。
死因は急性心不全。事件性はないはずだった。
だが、これを境に、この街の日常はなにかがずれ始めた。
それに気づき、手探りで真相を追い始めた人間たちが、必ずぶつかる「歌舞伎町セブン」とは何を意味するのか。
そして、街を浸食していく暗い狂気の正体とは―。
------------

誉田哲也さんの警察小説です。
「ジウ」のその後の新宿を描くというニュアンスがあり、話の展開と「歌舞伎町セブン」の正体が面白いです。
さらに「歌舞伎町ダムド」という続編もあり、そちらはさらに「ジウ」と「ハング」にリンクしているらしいので読むのが楽しみです。


新軍事学入門

新軍事学入門




映画にまつわるXについて (実業之日本社文庫)

映画にまつわるXについて (実業之日本社文庫)

  • 作者: 西川 美和
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2015/08/01
  • メディア: 文庫



映画にまつわるXについて (実業之日本社文庫)

映画にまつわるXについて (実業之日本社文庫)

  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2015/08/01
  • メディア: Kindle版



歌舞伎町セブン (中公文庫)

歌舞伎町セブン (中公文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/09/21
  • メディア: 文庫



歌舞伎町セブン (中公文庫)

歌舞伎町セブン (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: Kindle版



帰還兵の戦場/テロルの決算/ハング [本]

ギャビン・スミス「帰還兵の戦場」1,2,3創元SF文庫

------------
シリウス系での異星生命体“やつら”との激戦から帰還して以来、元特殊部隊員ジェイコブは荒廃した地球ですさんだ生活を送っていた。
そんな彼に元上官から連絡が入る。地球に潜入した“やつら”の一体を始末せよ、というのだ。
全身の強化処置のロックを解除され、現役復帰を強いられた彼は、瀕死の異星生命体とともにいた少女モラグと出会う…。
------------

ギャビン・スミスのミリタリーSFです。
ミリタリーといっても一匹狼的な主人公とその旧友が少女を守って怪しい政府側の陰謀と戦うという話です。
1巻はかなり暗いですが、だんだん仲間が集まって来て面白くなります。
ちょっと主人公が攻殻機動隊のバトーに似たキャラクターだったりします。
一応、きりの良い所で終わっていますが、お話は続編の「天空の標的」に続きます。
「天空の標的」も楽しみです。


沢木耕太郎「テロルの決算」文春文庫

------------
ひたすら歩むことでようやく辿り着いた晴れの舞台で、61歳の野党政治家は、生き急ぎ死に急ぎ閃光のように駆け抜けてきた17歳のテロリストと、激しく交錯する。
社会党委員長の浅沼稲次郎と右翼の少年山口二矢。
1960年、政治の季節に邂逅する二人のその一瞬を描くノンフィクションの金字塔。
------------

沢木耕太郎さんが山口二矢の浅沼委員長刺殺事件を描いたノンフィクションです。
沢木さん自身があとがきで書いている様に浅沼委員長と山口二矢の双方を等分に描いているのが凄いですね。
最初に事件を描き、山口の生い立ち、戦前からの浅沼委員長の長い政治活動を描きます。
そしてその二人の運命が交錯し、その後までを描きます。
さすがは沢木さん読ませます。


誉田哲也「ハング」中公文庫

------------
警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。
だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。
そしてさらなる死の連鎖が…。
刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。
誉田作品史上もっともハードな警察小説。
------------

誉田哲也さんの警察小説です。
仲のいい捜査一課の堀田班が事件をきっかけに過酷な運命にさらされる事になります。
裏には陰謀がありました。果たして刑事たちの運命は。
誉田さんらしくバイオレンス描写は強烈ですが面白かったです。


帰還兵の戦場1 (コロニー星系の悪夢) (創元SF文庫)

帰還兵の戦場1 (コロニー星系の悪夢) (創元SF文庫)




帰還兵の戦場2 (軌道エレベーターの下で) (創元SF文庫)

帰還兵の戦場2 (軌道エレベーターの下で) (創元SF文庫)

  • 作者: ギャビン・スミス
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/06/13
  • メディア: 文庫



帰還兵の戦場3 (アステロイドベルト急襲) (創元SF文庫)

帰還兵の戦場3 (アステロイドベルト急襲) (創元SF文庫)

  • 作者: ギャビン・スミス
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 文庫



テロルの決算 (文春文庫)

テロルの決算 (文春文庫)

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/11/07
  • メディア: 文庫



テロルの決算

テロルの決算

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: Kindle版



ハング (中公文庫)

ハング (中公文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/09/21
  • メディア: 文庫



ハング (中公文庫)

ハング (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: Kindle版



この世界の片隅に/ジウ/国境事変/飯島敏宏 [本]


こうの史代「この世界の片隅に」上中下 アクションコミックス

------------
平成の名作・ロングセラー「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。
戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ
主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。
しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。
------------

片渕須直監督のアニメ映画が素晴らしかったので原作コミックも買って読みました。
原作も傑作です。戦前、戦中の広島、呉を圧倒的なリアリティで描きます。
原作を読むと映画が原作にかなり忠実なのが分かります。
映画もお勧めです。


誉田哲也「ジウ」1,2,3中公文庫

------------
都内の住宅地で人質篭城事件が発生した。
所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊犯捜査係が出動し、門倉美咲巡査は差し入れ役として犯人のもとへ向かうが―!?
篭城事件と未解決の児童誘拐事件を結ぶ少年、その背後で蠢動する巨大な事件とは?
ハイスピード、未會有のスケールで描く新・警察小説。
------------

ドラマ化もされた誉田哲也さんの長編警察小説です。
人質篭城事件に始まりその裏には巨大な事件が。
門倉美咲と伊崎基子という対照的な主人公が印象的です。
結構バイオレンス描写はきついですね。
ラストは新宿歌舞伎町がジャックされるというSF的な展開になります。


誉田哲也「国境事変」中公文庫

------------
新宿で在日朝鮮人が殺害された。
“G4”の存在を隠匿しようとする公安は独自捜査を開始するが、捜査一課の東警部補は不審な人脈を探り始める。
刑事と公安、決して交わるはずのない男達は激しくぶつかりながらも、国家と人命の危機を察し、銃声轟く国境の島・対馬へと向かう
―警察官の矜持と信念を描く、渾身の長篇小説。
------------

誉田哲也さんの警察小説です。
「ジウ」の主人公の一人東警部補が登場し在日の殺人事件を捜査します。
背後には事件を隠ぺいしようとする公安と北朝鮮関係者の暗闘がありあました。
誉田さんらしく読ませますね。


白石雅彦「飯島敏宏-「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」-」双葉社

------------
「ウルトラマン」生みの親のひとりであり、「金曜日の妻たちへ」「毎度おさわがせします」など、昭和の名作ドラマを生み出した稀代のテレビディレクター/脚本家・飯島敏宏、初の本格的評伝。
数十時間に及ぶインタビューと、徹底した一次資料への取材を通じて、洒脱なエンタテインメント作家の全貌を、また黄金時代のテレビ界を生き生きと描き出す。
志村喬、渥美清、田村正和、金城哲夫、実相寺昭雄、マキノ雅弘、木下恵介、山田太一ほか戦後映画史を彩る名優、名人たちの回想多数。
特撮ファンのみならず、全ての映画映像ファンに贈る骨太のノンフィクション。
------------

白石雅彦さんが飯島敏宏さんを描いた評伝です。
飯島さんは「ウルトラマン」の生みの親の一人でもありますが、その後は木下恵介プロで「金曜日の妻たちへ」などの名作ドラマのプロデューサー、ディレクターとして活躍します。
豊富なインタビューや取材で飯島さんの関わったテレビの世界を描いています。


この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)




この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

  • 作者: こうの 史代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/07/11
  • メディア: コミック



この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

  • 作者: こうの 史代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2009/04/28
  • メディア: コミック



ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 文庫



ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 文庫



ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫



国境事変 (中公文庫)

国境事変 (中公文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/06
  • メディア: 文庫



飯島敏宏 「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」

飯島敏宏 「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」

  • 作者: 白石 雅彦
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



円谷一-ウルトラQと“テレビ映画”の時代-/レイジ/デボラ、眠っているのか? [本]

白石雅彦「円谷一-ウルトラQと“テレビ映画”の時代-」双葉社

------------
テレビドラマは生放送が当たり前だった昭和三十年代、円谷一は全編フィルムの画期的なドラマ「煙の王様」を完成させた。
その作品は、日本初の本格的特撮シリーズ「ウルトラQ」の成立背景と大きな関わりがあった。
名ディレクターとして、また偉大な経営者として41年の人生を駆け抜けた男の、知られざる生涯。
------------

白石雅彦さんが円谷一を描いた評伝です。
円谷一は、円谷英二の長男でTBSに入社、本格的なドラマを完成させます。
その後はTBSに籍をおいたまま「ウルトラQ」などに関わる事になります。
父の死で円谷プロの社長に就任し倒産の危機にあった同社を立て直しますが、41才で急死するまでを描いています。


誉田哲也「レイジ」文春文庫

------------
音楽の才能は普通だが、世渡り上手なワタル。
才能に恵まれるも、孤独に苦しみ続ける礼二。
少年から大人へ―男たちのロック魂が交差する音楽青春エンターテインメント。
------------

誉田哲也さんのロック小説です。
中学で出会いバンドを組んだワタルと礼二はそれぞれ別の道を歩きますが、、
20年後に再び出会います。
元々、ミュージシャンを目指していた誉田さんらしく読ませますね。


森博嗣「デボラ、眠っているのか?」講談社タイガ

森作品のネタバレがあります。




------------
祈りの場。フランス西海岸にある古い修道院で生殖可能な一族とスーパ・コンピュータが発見された。
施設構造は、ナクチュのものと相似。ヴォッシュ博士は調査に参加し、ハギリを呼び寄せる。
一方、ナクチュの頭脳が再起動。失われていたネットワークの再構築が開始され、新たにトランスファの存在が明らかになる。拡大と縮小が織りなす無限。知性が挑発する閃きの物語。
------------

森博嗣さんのWシリーズ4作目。23世紀の世界。前作の続きです。
ウォーカロンの研究をしている主人公ハギリはフランスで発見された施設に向かいます。
ネットに対立する勢力があり戦いを繰り返している事が明らかになります。
森さんさすがに読ませますね。来年は3作出る予定だとか。続巻楽しみです。


円谷一―ウルトラQと“テレビ映画”の時代

円谷一―ウルトラQと“テレビ映画”の時代

  • 作者: 白石 雅彦
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本



レイジ (文春文庫)

レイジ (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/03/07
  • メディア: 文庫



レイジ

レイジ

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/03/10
  • メディア: Kindle版



デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: 文庫






疾風ガール/ガール・ミーツ・ガール/豹頭王の来訪/風は青海を渡るのか? [本]

誉田哲也「疾風ガール」光文社文庫

------------
柏木夏美19歳。ロックバンド「ペルソナ・パラノイア」のギタリスト。
男の目を釘付けにするルックスと天才的なギターの腕前の持ち主。
いよいよメジャーデビューもという矢先、敬愛するボーカルの城戸薫が自殺してしまう。
体には不審な傷。しかも、彼の名前は偽名だった。夏美は、薫の真実の貌を探す旅へと走り出す―。
ロック&ガーリーな青春小説。
------------

誉田哲也さんのロックをテーマにした小説です。
面白い。やはり主人公の夏美が魅力的ですね。
ボーカルの自殺の謎を追うというミステリ性は薄いですがバンドの日常が面白いです。
誉田さん自身もバンドでベースを担当していたとか。
キャラクターがみな魅力的なのでぐいぐい読ませます。

誉田哲也「ガール・ミーツ・ガール」光文社文庫

------------
柏木夏美は、デビュー間近の事務所期待のミュージシャン。
けれども、ビジネスモードな大人たちとは噛み合わないことばかり。
マネージャーの宮原祐司も、気分屋で頑固な夏美に振り回されっぱなしだ。
そんなとき、二世タレントのお嬢様アーティストとのコラボレーションの話が舞い込む。
性格も音楽性も天と地ほど違う異色コンビの命運は?痛快で熱い青春小説。
------------

「疾風ガール」の続編です。夏美がお嬢様アーティストと組むという話になります。
相手の島崎ルイのモデルは誉田さん自身がプロになる事を断念したきっかけの椎名林檎でしょうね。
やはりキャラクターが魅力的で読ませますね。
さらなる続編も読んでみたいです。


五代ゆう「豹頭王の来訪 グイン・サーガ139」ハヤカワ文庫

------------
ヤガの深奥に潜入したブランは、数々の苦難を乗り越え、地下の聖堂で老僧ソラ・ウィンと遭遇した。
ミロク教本来の教えを体現する老僧の力を借りて、ブランはじわじわと反撃を開始する。
一方、パロから逃れたヴァレリウス一行は、事件を起こしながらも魔道師になることを決心したアッシャの身柄の扱いをめぐり、またリギアの負傷もあってワルド城に留まっていた。
そこへヴァレリウスを訪ねて思いがけない人物がやってきた!
------------

亡くなった栗本薫さんの大長編ファンタジー、グインサーガの続編です。
五代ゆう・宵野ゆめさんが交互に執筆していて通巻139巻。五代ゆうさんの5冊目。
やはり五代グインは面白い。
今回はまずはヤガに潜入したブランの話。たよりになりそうな老僧コンビが楽しい。
次はヴァレリウスの前にグインが登場。やはりいいですね。
スカールの逃避行も読ませます。続巻楽しみです。


森博嗣「風は青海を渡るのか?」講談社タイガ


森作品のネタバレがあります。





------------
聖地。チベット・ナクチュ特区にある神殿の地下、長い眠りについていた試料の収められた遺跡は、まさに人類の聖地だった。
ハギリはヴォッシュらと、調査のためその峻厳な地を再訪する。
ウォーカロン・メーカHIXの研究員に招かれた帰り、トラブルに足止めされたハギリは、聖地以外の遺跡の存在を知らされる。
小さな気づきがもたらす未来。知性が掬い上げる奇跡の物語。
------------

森博嗣さんのWシリーズ3作目。23世紀の世界。
人工生命体ウォーカロンを識別できる研究をしている主人公ハギリは前作でチベットでシキに再会します。
今回はその続き。聖地の謎がいくつか明らかになり、潜水艦が登場したりする展開も面白い。
続巻楽しみです。


疾風ガール (光文社文庫)

疾風ガール (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/04/09
  • メディア: 文庫



疾風ガール

疾風ガール

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/04/20
  • メディア: Kindle版



ガール・ミーツ・ガール (光文社文庫)

ガール・ミーツ・ガール (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/12/08
  • メディア: 文庫



ガール・ミーツ・ガール 柏木夏美シリーズ

ガール・ミーツ・ガール 柏木夏美シリーズ

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: Kindle版



豹頭王の来訪 (グイン・サーガ)

豹頭王の来訪 (グイン・サーガ)

  • 作者: 五代 ゆう
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/08/05
  • メディア: 文庫



豹頭王の来訪 グイン・サーガ (ハヤカワ文庫JA)

豹頭王の来訪 グイン・サーガ (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/08/15
  • メディア: Kindle版



風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)

風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/21
  • メディア: 文庫






メッセージを送る