So-net無料ブログ作成

おれたちを跨ぐな!/家族のあしあと/「司馬遼太郎」で学ぶ日本史/SF飯 [本]

椎名誠「おれたちを跨ぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊」小学館

------------
シーナ隊長率いる雑魚釣り隊は、日本全国、水たまりがあれば竿を出し、一流釣り師は決して狙わないであろう雑魚を釣っては雄叫びを上げている。
大人気のどしゃめしゃ爆笑釣行記シリーズ、待望の第6弾!
------------

椎名誠さんのわしらは怪しい雑魚釣り隊シリーズの6作目です。
週刊ポストに連載が移り2冊目。相変わらず他愛のない話ですが、やはり面白い。
今回はそれほど大きな事件はなかったですが、続きが楽しみです。

椎名誠「家族のあしあと」集英社

------------
父がいた。母がいた。きょうだいがいた。
シーナ少年が海辺の町で過ごした黄金の日々。
『岳物語』前史、謎多き大家族の物語。
------------

椎名誠さんが子供の頃の思い出を描いた話です。
生まれた頃の話を姉へ聞いて始め、幕張に引越し、父が亡くなり姉が結婚し、と大家族は欠けていきます。
椎名さんは子供の頃から冒険や釣りが好きだったんですね。
そのあたりは変わらないなあ。続きも連載中だそうなので続巻が楽しみです。


磯田道史「「司馬遼太郎」で学ぶ日本史」NHK出版新書

------------
当代一の歴史家が、日本人の歴史観に最も影響を与え
た国民作家に真正面から挑む。戦国時代に日本社会の
起源があるとはどういうことか?なぜ「徳川の平和」は
破られなくてはならなかったのか?明治と昭和は本当に
断絶していたのか?司馬文学の豊穣な世界から「歴史の
本質」を鮮やかに浮かび上がらせた決定版。
------------

磯田道史さんが司馬遼太郎を題材に日本史を語った新書です。
歴史家から見て司馬史観の欠点も指摘しつつ、司馬の小説を題材に司馬史観での日本史を解きます。
司馬作品はほとんど読んでいるので大変面白かったです。
新書なので分量を増やした増補版を読みたいです。


銅大「SF飯」ハヤカワ文庫JA

------------
時は人類を過保護すぎるほど守ろうとした機械知性〈太母〉が〈涅槃〉へと旅立ったあとの時代。
中央星域の大商家の若旦那マルスは、人柄はよいものの騙されやすく、勘当されて辺境の宇宙港へと流れてきた。
行き倒れた若旦那を救ったのは、祖父の食堂〈このみ屋〉を再開させようとがんばる少女コノミ。
ふたりは食材の不足、単調なメニュー、サイボーグや異星人という奇天烈な客にめげず、創意工夫でお腹と心を満たしていく!
------------

銅大さんのSF長編です。
辺境の宇宙港で行き倒れた主人公が旧知の少女と食堂を再開しようとする話ですが、最後は思いもかけない展開になります。
銅大さんはライトノベルや短編は書いている様ですが、SF長編は始めての様です。
設定も凝っていてそのせいかちょっと小説としては説明不足だったかな。
とはいえなかなか面白かったので、続編も期待したいです。


おれたちを跨ぐな!: わしらは怪しい雑魚釣り隊

おれたちを跨ぐな!: わしらは怪しい雑魚釣り隊

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本



おれたちを跨ぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊

おれたちを跨ぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/08/29
  • メディア: Kindle版



家族のあしあと

家族のあしあと

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: 単行本



家族のあしあと 岳物語 (集英社文芸単行本)

家族のあしあと 岳物語 (集英社文芸単行本)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/07/31
  • メディア: Kindle版



「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

  • 作者: 磯田 道史
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 新書



「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 NHK出版新書

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 NHK出版新書

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: Kindle版



SF飯 宇宙港デルタ3の食料事 (ハヤカワ文庫JA)

SF飯 宇宙港デルタ3の食料事 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 銅 大
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/11/21
  • メディア: 文庫



SF飯:宇宙港デルタ3の食料事情 (ハヤカワ文庫JA)

SF飯:宇宙港デルタ3の食料事情 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 

ギリシア人の物語3/アリスマ王の愛した魔物/コルトM1847羽衣 [本]

塩野七生「ギリシア人の物語3」新潮社

------------
塩野七生 最後の歴史長編は「永遠の青春」アレクサンダー大王を描く圧倒的巨編!
混迷のギリシア世界を弱冠二十歳で統一し、ペルシア帝国制覇へと向かったマケドニア王アレクサンダー。
トルコ、中東、中央アジアを次々と征服し、ついにはインドに至るまでの大帝国を築きあげるも三十二歳で夭逝――。
夢見るように生き、燃え尽きるように死んだ若き天才、その烈しい生涯に肉薄した歴史大作。
------------

塩野七生さんの「ギリシア人の物語」最終巻です。
塩野さんも80歳、本作で歴史長編は最後となるとの事です。
最初の部分はアテネとスパルタが没落する光景を描き、対比する様にギリシアを統一したマケドニアのアレクサンダー大王のペルシア帝国制覇を描きます。
いや面白かったですね。塩野さんの筆に衰えはありません。
アレクサンダー大王の多少の知識はありましたが、本作を読むとまさに偉業ですね。
とても面白かったので歴史長編が最後になるのは残念です。


小川一水「アリスマ王の愛した魔物」ハヤカワ文庫JA

------------
弱小なディメ王国の醜悪な第六王子アリスマは、その類まれなる計算能力によって頭角を現していくが
――森羅万象を計算し尽くす夢に取り憑かれた王を描き、星雲賞を受賞した表題作、英語版アンソロジー初出の宇宙SF「ゴールデンブレッド」、なぜか自律運転車に乗せられる人型ロボット、アサカさんを通して、AIの権利を考察する書き下ろし「リグ・ライト――機械が愛する権利について」ほか全5篇を収録の最新作品集。
------------

小川一水さんの最新短編集です。
表題作はアンソロジーで読んでいましたが、マジックリアリズム的な異色作。でも面白かったです。
他も小川さんらしくどれも素晴らしい短編で面白かったです。


月村了衛「コルトM1847羽衣」文藝春秋

------------
羽衣の異名を持つ女渡世・お炎は、最新式六連発銃・コルトM1847片手に佐渡へと渡る。
江戸の暗黒街を描く人気時代小説第二弾!
------------

月村了衛さんのシリーズ2作目です。
といっても幕末が舞台でコルトM1847が登場するという以外は共通点はありません。
女渡世人お炎は思い人を追ってコルトを片手に佐渡へ向かいます。
佐渡には恐るべき陰謀が隠されていました。
佐渡ではアクションに次ぐアクション、驚く展開もあり前作よりも面白かったです。


ギリシア人の物語III 新しき力

ギリシア人の物語III 新しき力

  • 作者: 塩野 七生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: 単行本



アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: 文庫



アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/25
  • メディア: Kindle版



コルトM1847羽衣

コルトM1847羽衣

  • 作者: 月村 了衛
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/12
  • メディア: 単行本



コルトM1847羽衣 (文春e-book)

コルトM1847羽衣 (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/12
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

筒井康隆入門/私が愛した渥美清/横浜駅SF全国版/藝人春秋2 [本]

佐々木敦「筒井康隆入門」星海社新書

------------
現代日本文学が生んだ最重要にして最強の作家・筒井康隆。
日本SF第一世代に属したのち、中間小説に進出してその最盛期を支え、さらには燦然と輝くジュブナイルの金字塔をうちたて、小説のジャンルとスタイルのあくなき改革者
―そんな怪物的巨人の作品世界をトータルに把握することは困難を極めます。
本書はその難題に、筒井本人をして「わし以上にわしのことを知っている」と言わしめた佐々木敦が、デビュー作「お助け」から最新作まで、綺羅星の如き作品群を愚直にレビューすることで回答を試みます。
キーワードは「筒井康隆は二人いる」。
さあ、半世紀以上に及ぶ巨人のキャリアを辿り直し、新たな筒井康隆像を探す旅に出ましょう。
------------

佐々木敦さんが、筒井康隆について語った本です。
私も筒井ファンでほとんどの作品を読んでいますが、佐々木さんの筒井語りはさすがです。
50年以上にわたる筒井作品についてコンパクトにまとめています。
「虚人たち」が「脱走と追跡のサンバ」の続編である事など色々と興味深かったです。


秋野太作「私が愛した渥美清」光文社

------------
どうにか人並みに――中古ではあるがテレビ受像機を自前で手に入れて、久しぶりにウラシマ気分でテレビドラマを見た時に――(何じゃい!これはあ!何という面白い役者がいるんだあ!)と、たちまち夢中になったのが「渥美清」という名の、それは一風変わったヘンチクリンな役者だった。
四角い顔をした、目のちっこい、髪の縮れた、面白くて、どことなくもの悲しさのある、この丸まっこい役者に、私は、若き日の[役者心]をムンズとわしづかみにされた。
それは、一九六六年の末から、翌年の春にかけてのことだった。
------------

「泣いてたまるか」や「男はつらいよ」のテレビ版、映画版で渥美清さんと共演した秋野太作さんが渥美さんの事を描いた本です。
渥美さんと縁の深い秋野さんらしく貴重な証言が多くとても面白かったです。


柞刈湯葉「横浜駅SF全国版」カドカワBOOKS

------------
全国の<横浜駅>と人間の歴史を描く! 話題作、待望の2巻目が堂々発売!
駅監視システムとの情報戦に挑む『京都編』、横浜駅の崩壊と再構築を観測する『群馬編』、駅の侵食から逃れた代償に暴力が許容される『熊本編』、消息不明になった北の工作員の行方を追う『岩手編』を収録。
------------

柞刈湯葉さんの奇想SF「横浜駅SF」の続編です。
前作の謎はあまり解明されていませんが、横浜駅とそれに対抗するJR北海道などが描かれ面白いです。
まだまだ謎は残るので続編も読みたいです。


水道橋博士「藝人春秋2」上下 文藝春秋

------------
週刊文春の連載「週刊藝人春秋」に大幅加筆。橋下徹からタモリまで芸能界の怪人奇人を濃厚に描くノンフィクション。抱腹絶倒の上巻。
水道橋博士生放送降板事件の真実、石原慎太郎と三浦雄一郎のミステリー、感涙のエピローグなど書き下ろしも。疾風怒濤の下巻。
------------

芸人でもある水道橋博士さんが芸人を取上げた本の続編です。
前作に劣らず面白いですが、やはり一番の読み所はやしきたかじんの番組の裏でフィクサーとして行動するプロデューサーの事を描いた事。
この人物の行動で橋下氏が政治家となった経緯が良く分かりました。
他にもタモリ、たけし、石原慎太郎と三浦雄一郎の対立など面白いエピソードが多く面白かったです。
続編にも期待します。


筒井康隆入門 (星海社新書)

筒井康隆入門 (星海社新書)

  • 作者: 佐々木 敦
  • 出版社/メーカー: 星海社
  • 発売日: 2017/09/23
  • メディア: 新書



私が愛した渥美清

私が愛した渥美清

  • 作者: 秋野 太作
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

  • 作者: 柞刈湯葉
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: 単行本



横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 富士見書房
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: Kindle版



藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

  • 作者: 水道橋博士
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本



藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ

藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ

  • 作者: 水道橋博士
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本



藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて (文春e-book)

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: Kindle版



藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ (文春e-book)

藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

杏奈は春待岬に/たゆたいエマノン/デイ・トリッパー [本]

梶尾真治「杏奈は春待岬に」新潮社

------------
初恋=最後の恋。この恋だけは、時空を超えると、信じている――。
春待岬に建つ洋館。そこに住む少女にぼくは恋をした。でも、会えるのは桜の咲いている間だけ。
なぜなら彼女は、時の檻の中に閉じ込められているから。彼女を救い出すためには、クロノスを――。
オールタイムベスト級の感涙作「美亜へ贈る真珠」から45年。
タイムトラベル・ロマンスの帝王が満を持して放つ、究極の恋物語。
------------

梶尾真治さんの時間テーマのSF小説です。
主人公は春待岬に建つ洋館で出会った少女に恋をしますが、、
時間ものといえば梶尾さんというくらい時間テーマの作品には定評がありますが、本作もさすが梶尾さん、面白かったです。

梶尾真治「たゆたいエマノン」徳間書店

------------
地球に生命が誕生して以来、原初からの記憶を全て持つ美少女エマノン。
彼女は、内線で混乱するアフリカや厳冬の北海道など、様々な土地を旅する。
それは、地球に住む生命の進化を見守る役目を担わされたためなのか?
そして、彼女とは違った役目を背負い、様々な時代を跳びながらエマノンと出会う美少女ヒカリ。
彼女たちの邂逅は、人類、そして生命にどんな未来をもたらすのか?
人気シリーズ最新作!
------------

梶尾真治さんのエマノンシリーズの最新作です。
原初からの記憶を全て持つエマノン、今回はタイムスリップをくりかえすヒカリとの物語がいくつか収められていて面白かったです。
続巻にも期待です。


梶尾真治「デイ・トリッパー」キノブックス

------------
最愛の夫・大介を結婚後わずか三年半で亡くした香菜子。
友人たちの前で気丈に振る舞おうとすればするほど、隣に夫がいない寂しさが胸に広がっていく。
叶わないと知りながら「大介に会いたい」と願う香菜子の前に現れたのは……?
機敷埜風天が発明した遡時誘導機、通称“デイ・トリッパー"に乗って大介に会うため、香菜子は時を跳ぶ――!
------------

梶尾真治さんの時間テーマのSF小説です。
夫を失った主人公は夫と会うために過去へ向かいますが、、
やはり梶尾さんの時間ものはいいですね。


杏奈は春待岬に

杏奈は春待岬に

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: 単行本



杏奈は春待岬に

杏奈は春待岬に

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: Kindle版



たゆたいエマノン (文芸書)

たゆたいエマノン (文芸書)

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: 単行本



たゆたいエマノン

たゆたいエマノン

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: Kindle版



デイ・トリッパー

デイ・トリッパー

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2017/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

人工知能の見る夢は/ひとまず、信じない/名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック [本]

「人工知能の見る夢は-AIショートショート集-」文春文庫

------------
日本を代表するSF作家たちが人工知能を題材にショートショートを競作し、それを「対話システム」「神経科学」「自動運転」「人工知能と法律」「環境に在る知能」「人工知能と哲学」「ゲームAI」「人工知能と創作」の8つのテーマ別に編集、テーマごとに第一線の研究者たちが解説を執筆した画期的コラボ企画。
“AI作家"の新作「人狼知能能力測定テスト」も収録。文庫オリジナル。
------------

新井素子、宮内悠介らのSF作家が人工知能を題材にしたショートショート集です。
人工知能学会誌に掲載されたそうです。どれもなかなか面白かったです。
研究者の解説は結構難しかったですが面白かったです。


押井守「ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方」中公新書ラクレ

------------
世界が認める巨匠がおくる幸福論の神髄。
ネットが隆盛し、フェイクニュースが世界を覆う時代、何が虚構で何が真実か、その境界線は曖昧である。
こういう時代だからこそ、所与の情報をひとまず信じずに、自らの頭で考えることの重要さを著者は説く。
幸せになるために成すべきこと、社会の中でポジションを得て生き抜く方法、現代日本が抱える問題についても論じた、押井哲学の集大成とも言える一冊。
------------

アニメーション監督の押井守さんの幸福論です。
まあいつもの押井節という感じですが、今までの押井さんの著作の集大成という感じもあってなかなか面白かったです。


桑野和明「名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック」双葉文庫

------------
職場で窃盗の濡れ衣を着せられた瀬川悠人は、偶然、レトロな映画館『名画座パラディーゾ』の若き女性支配人・朝霧千映と出会う。
映画鑑賞で鍛えられた天才的な洞察力と推理力を持つ千映は、あっさりと真犯人を言い当てる。
そのまま『パラディーゾ』に住み込みで働くことになった悠人と千映のもとには、奇妙な謎が舞い込んできて
―映画の街・尾道を舞台に、4篇の映画に導かれた謎に挑む傑作ライトミステリー!
------------

「ビブリア古書堂の事件手帖」の影響の大きい作品ですが、ミステリ的にはともかく題材の映画はなかなか良かったです。
尾道の名画座が舞台というだけで楽しいですね。
映画のうんちくも初耳の話は少なかったですが、面白かったです。


人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

  • 作者: 新井 素子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: 文庫



人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: Kindle版



ひとまず、信じない - 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

ひとまず、信じない - 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/11/08
  • メディア: 新書



ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: Kindle版



名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

  • 作者: 桑野 和明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 文庫



名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2/時代劇の「嘘」と「演出」/MORI Magazine/アルスラーン戦記16 [本]

鷹見一幸「宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2」ハヤカワ文庫JA

------------
銀河系とアンドロメダ銀河のほぼ中間地点に存在する矮小不規則銀河。
そのひとつに建設中の前進基地に、恵一たち長距離偵察戦闘艦隊は転移を行なった。
そこで恵一たちが見たのは、中心部に太陽を内包した惑星の公転軌道サイズの巨大な戦闘要塞であった!
その基地で最終的な調整と装備を整えた恵一たちに、転移先の座標データが上級種族から送られてきた。
ついに長距離偵察戦闘艦隊は、未踏の敵支配星域へと転移するが!?
人類対粛清者の激烈なる死闘を描く壮大なスケールの戦争SF。
------------

鷹見一幸さんのミリタリーSFシリーズ第2部です。
主人公恵一たちはいよいよ粛清者の支配するアンドロメダへ向かいます。
今まで攻撃を受けるだけだった人類側の敵地偵察が始まります。
色々と興味深い展開で続巻が楽しみです。


安田清人「時代劇の「嘘」と「演出」-「時代考証」は時代劇に必要か?-」歴史新書

------------
時代劇狂の歴史編集者が綴る、偏愛的時代劇論!時代劇をみて、「時代考証がなってない」という批判はもちろん無意味ではない。
しかし、史実を押さえて時代考証をしっかりやれば、面白い作品ができるかと言えば、そんなことはない。
真実を追究する歴史学は犯すことのできない固有の価値を持つし、歴史を扱うフィクションにも、エンターテインメントを追求する絶対の自由がある。
ならば、その両者が交差する地点にこそ、時代劇の理想の姿があるのではないか。
本書は、時代考証という「視点」から時代劇を眺め時代劇とは何か、なぜ日本人は時代劇を愛してきたのか、これからも時代劇は続くのか、そんな問いかけにこたえるヒントを探る。
------------

編集者の安田清人さんが時代考証について書いた本です。
映画や小説、ドラマなどの時代考証についての話は確かになかなか難しい。
あえて嘘を描いた方が面白いという場合もあるといった意見が納得でした。


森博嗣「MORI Magazine-作家・森博嗣が雑誌をつくると、こうなる」大和書房

------------
インタビュー、人生相談、座談会…すべて森博嗣の創作物。
本書は、これまでにない、まったく新しい形のエッセィ集。
フリージャーナリスト、編集者、エッセィスト、評論家…著者自身が生み出した架空のキャラクターたちとで繰り広げる、森博嗣の数奇な思考回路!
------------

森博嗣の一人雑誌です。
雑誌と言ってもまあ雑誌風エッセイ集ですかね。
森さんファンにはお勧めです。


田中芳樹「アルスラーン戦記16」カッパ・ノベルス


作品の展開特にラストに触れています。
ネタバレが嫌いな人はさようなら。









------------
マルヤム国王ギスカールと手を結んだヒルメス、魔将軍イルテリシュに率いられたチュルク軍、孔雀姫フィトナを押し立てたミスル軍、そして蛇王ザッハークと魔軍!!
難敵に包囲されたパルス国とアルスラーンの運命は!?
伝説的ベストセラー、堂々完結。
------------

田中芳樹さんのファンタジー小説、アルスラーン戦記の最終巻です。
作者の筆力に衰えが感じられるのではたしてちゃんと完結するか心配していました。
意外とちゃんとしています。
アルスラーン王の臣下の16翼将も何人か欠けましたが、結構残っているのでばたばたと死んでいきます。
殺し方が雑という評もあったのですが、これは仕方ないかな。
ただ一人生き残りアルスラーンの後継者へ宝剣を手渡したエラムの前にアルスラーン王一行が現れるラストが素晴らしく、思わず涙、これを読めただけでもここまで読んで来て良かったと思いました。


宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 2 (ハヤカワ文庫JA)

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 鷹見一幸
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/05
  • メディア: 文庫



宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2 (ハヤカワ文庫JA)

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: Kindle版



時代劇の「嘘」と「演出」 (歴史新書)

時代劇の「嘘」と「演出」 (歴史新書)

  • 作者: 安田 清人
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/08/03
  • メディア: 新書



MORI Magazine

MORI Magazine

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2017/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MORI Magazine

MORI Magazine

  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2017/07/23
  • メディア: Kindle版



天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

  • 作者: 田中芳樹
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(0) 

狩人の悪夢/誰も語らなかったジブリを語ろう/ペガサスの解は虚栄か?/ぶたぶたラジオ [本]

有栖川有栖「狩人の悪夢」KADOKAWA

------------
人気ホラー作家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。
そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。
しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントが住んでいた「獏ハウス」と呼ばれる家で、右手首のない女性の死体が発見されて…。
臨床犯罪学者・火村と、相棒のミステリ作家・アリスが、悪夢のような事件の謎を解き明かす!
------------

有栖川有栖さんの火村探偵シリーズの最新作です。
ワトソン役のミステリ作家の有栖が殺人事件に遭遇し火村探偵が解決するというパターンです。
相変わらず安定の面白さでした。



押井守「誰も語らなかったジブリを語ろう」東京ニュース通信社

------------
世界のアニメーションに影響を与えた“スタジオジブリ”を、これまた世界中からリスペクトされる監督・押井守が語り尽くす。
スタジオジブリの劇場公開作を振り返りつつ、「これまでのジブリ、これからのアニメーション」まで縦横無尽に語った痛快&ディープなインタビュー。
------------

押井守さんがジブリアニメについて語った本です。
例によって割と言いたい放題。でも割と宮崎作品については認めているかな。
アニメーターとしては最高、ただ監督としてはという感じ。
高畑作品に関しては全く認めていません。
それ以外の監督作品に関しては論外という評価ですね。
なかなか面白かったです。


森博嗣「ペガサスの解は虚栄か?」講談社タイガ


森作品のネタバレがあります。





------------
クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。
研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータからパリの万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを産む擬似受胎機能が搭載されていたのではないかという情報を得た。
彼らを捜してインドへ赴いたハギリは、自分の三人目の子供について不審を抱く富豪と出会う。
知性が喝破する虚構の物語。
------------

森博嗣さんのWシリーズ7作目。23世紀の世界。前作の続
き。ハギリはインドに向かいますが、、森さんのブログ
によるとWシリーズは来年10巻で完結予定だとか。その後
も新シリーズも予定されているそうです。続巻楽しみです。


矢崎存美「ぶたぶたラジオ」光文社文庫

------------
東京のAMラジオ局で、朝の帯番組のパーソナリティを務める久世遼太郎は、木曜日の新しいゲストに、山崎ぶたぶたという人物(?)を迎えることになった。
ぶたぶたの悩み相談コーナーは、一味違う答えがもらえる、とすぐ大人気に。
今日もラジオに耳を澄ませると、ぶたぶたの渋い声が聞こえてくる。
それだけで、不思議と心が落ち着くんだな。胸に響く三編を収録。
------------

矢崎存美さんのぶたぶたシリーズ最新作です。
相変わらずぶたぶたシリーズは面白いですね。
今回はぶたぶたがラジオで人生相談をします。


狩人の悪夢

狩人の悪夢

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 単行本



狩人の悪夢 「火村英生」シリーズ (角川書店単行本)

狩人の悪夢 「火村英生」シリーズ (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: Kindle版



誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本



ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ)

ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: 文庫






ぶたぶたラジオ (光文社文庫)

ぶたぶたラジオ (光文社文庫)

  • 作者: 矢崎 存美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/12/07
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2) 

カミカゼの邦/突変世界 異境の水都/ハリー・オーガスト、15回目の人生 [本]

神野オキナ「カミカゼの邦」徳間書店

------------
魚釣島で日本人が中国人民解放軍に拘束されたことを機に海自と中国軍が交戦状態に入った。
在日米軍もこれに呼応。沖縄を舞台に“戦争”が勃発した。
米軍によって組織された民間の自警軍――琉球義勇軍に参加した沖縄生まれの渋谷賢雄は激戦を生き抜く。
そして突然の終戦。東京に移った賢雄の周辺で暗躍する中国の非合法工作員〈紙の虎〉の真の目的は――?
やがて賢雄のもとにかつての部下たちが集う。
国際謀略アクション小説、新たな傑作の誕生。
------------

神野オキナさんのアクション小説です。
沖縄で日中紛争が起こった後、東京で中国の非合法工作員との戦いを描きます。
大藪春彦を思わせるハードな小説で読ませました。

森岡浩之「突変世界 異境の水都」徳間文庫

------------
水都セキュリティーサービス警護課に所属する岡崎大希は、グループ総帥じきじきに呼び出され、ある特殊任務を与えられた。
それは、宗教団体アマツワタリの指導者である天川煌という十七歳の少女の護衛だった。
教団の内紛で事故にあった彼女は入院中。
さまざまな思惑を持つ連中の追跡を振り切り、彼女をようやく安全なホテルへ送り届けたと思った矢先、大阪府ほぼ全域が、異世界に転移した!!
------------

森岡浩之さんの「突変世界」の前日譚です。
突然、異世界が転移してくるという現象が起きる世界で、主人公らのいつ大阪が異世界に転移します。
前作よりはスケールも大きく読ませました。

クレア・ノース「ハリー・オーガスト、15回目の人生」角川文庫

------------
1919年に生まれたハリー・オーガストは、死んでも誕生時と同じ状況で、記憶を残したまま生まれ変わる体質を持っていた。
彼は3回目の人生でその体質を受け入れ、11回目の人生で自分が世界の終わりをとめなければいけないことを知る。
終焉の原因は、同じ体質を持つ科学者ヴィンセント・ランキス。
彼はある野望を持って、記憶の蓄積を利用し、科学技術の進化を加速させていた。激動の20世紀、時を超えた対決の行方は?
------------

クレア・ノースの長編小説です。
何回も死んで再び同じ人生を生きるというテーマでグリムウッドの傑作「リプレイ」へ挑戦した小説です。
何回も生まれ変わる人々が複数いて、お互いを助ける組織があるという展開がまずは面白いです。
その組織を破壊し世界を終わらせようとする存在と主人公は戦う事になります。
これは面白かったです。


カミカゼの邦 (文芸書)

カミカゼの邦 (文芸書)

  • 作者: 神野 オキナ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/08/29
  • メディア: 単行本



カミカゼの邦(くに)

カミカゼの邦(くに)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/08/29
  • メディア: Kindle版



異境の水都: 突変世界 (徳間文庫)

異境の水都: 突変世界 (徳間文庫)

  • 作者: 森岡 浩之
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 文庫



突変世界 異境の水都 (徳間文庫)

突変世界 異境の水都 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: Kindle版



ハリー・オーガスト、15回目の人生 (角川文庫)

ハリー・オーガスト、15回目の人生 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: Kindle版



ハリー・オーガスト、15回目の人生 (角川文庫)

ハリー・オーガスト、15回目の人生 (角川文庫)

  • 作者: クレア・ノース
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 

「男はつらいよ」を旅する/機龍警察 狼眼殺手/八丁堀のおゆう4 [本]


川本三郎「「男はつらいよ」を旅する」新潮選書

------------
寅さんが見たものは、もはや決定的に失われた風景、人情、そしてニッポン。
「寅さんの負け犬ぶりにいまだに共感する」という著者が、〈美しきもの見し人〉車寅次郎の旅路を追って、「男はつらいよ」全作品を詳細に読み解きながら、北海道知床から沖縄まで辿り歩いた画期的シネマ紀行文。
なぜ、あのいつもずっこける放浪者はかくも日本人に愛されるのか?
映画に〝動態保存?された「時代」がいま甦る。
------------

川本三郎さんが「男はつらいよ」の撮影された場所を訪れる新書です。面白かったです。
映画に関するうんちくも楽しいですが、鉄道ファンでもある川本さんらしく、映画に映る地方鉄道や廃線鉄道への言及も面白かったです。


月村了衛「機龍警察 狼眼殺手」早川書房

------------
経産省とフォン・コーポレーションが進める日中合同プロジェクト『クイアコン』に絡む一大疑獄。
特捜部は捜査一課、二課と合同で捜査に着手するが何者かによって関係者が次々と殺害されていく。
謎の暗殺者に翻弄される警視庁。だが事態はさらに別の様相を呈し始める。
追いつめられた沖津特捜部長の下した決断とは――生々しいまでに今という時代を反映する究極の警察小説シリーズ、激闘と悲哀の第5弾。
------------

月村了衛さんの傑作シリーズ「機龍警察」の最新刊です。
今回ロボット兵器機龍は登場はしますが、戦闘はしません。
その分普通の警察小説に近いですね。
ですが機龍の技術が事件にからんできます。
相変わらず面白かったです。続きも楽しみ。強くお勧めです。

山本巧次「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう4」宝島社文庫

------------
新たにオープンする「東京青山美術館」の目玉のひとつ、葛飾北斎の肉筆画に贋作疑惑が浮上した。
江戸時代と現代で二重生活を送る元OLの関口優佳=おゆうは、真贋をはっきりさせるため、江戸で直接、北斎に尋ねてみることに。
しかし、おゆうが調査を始めた途端、絵の売買にかかわった仲買人が死体で発見される。
事情を語るわけにいかないおゆうは、同心の伝三郎たちから疑惑を持たれながらも、現代科学と北斎の娘・阿栄の助けを得て、事件を追いかけるが……。
------------

山本巧次さんのシリーズ4作目です。
江戸と現代の東京に抜け穴がある設定は半村良の「およね平吉時穴道行」みたいですが、ヒロインが現代と江戸を行き来しながら捜査するというのが面白い。
今までは江戸の事件を現代の科学捜査で解決するという話でしたが、今回ははじめて現代の側から依頼された調査が江戸の事件に関係してくるという展開です。
調査の関係でおゆうが北斎と娘・阿栄と関わるのが楽しい。
北斎も阿栄も魅力的で、なんと馬琴も登場します。続巻楽しみです。


「男はつらいよ」を旅する (新潮選書)

「男はつらいよ」を旅する (新潮選書)

  • 作者: 川本 三郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: 単行本



「男はつらいよ」を旅する(新潮選書)

「男はつらいよ」を旅する(新潮選書)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: Kindle版



機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 作者: 月村 了衛
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 単行本



機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/15
  • メディア: Kindle版



大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 山本 巧次
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2017/10/05
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 

ロードムービー/ホワイトラビット/ヤキトリ1/行き先は特異点 [本]

辻村深月「ロードムービー」講談社文庫

------------
物語が終わっても、彼らの道は続いていく。
「あの頃の僕に伝えたい。『大丈夫、いつかきっと平気になるときが来るから』って」
『冷たい校舎の時は止まる』の原点。
「街灯」/「ロードムービー」/「道の先」/「トーキョー語り」/「雪の降る道」
------------

という事で辻村作品を以下の順番で読んでいます。
http://www.kirikuchi.net/entry/2016/02/21/203247
「ロードムービー」は短編集ですが、全てが『冷たい校舎の時は止まる』に関連している作品でした。


伊坂幸太郎「ホワイトラビット」新潮社

------------
仙台で人質立てこもり事件が発生。SITが交渉を始めるが―。
伊坂作品初心者から上級者まで、没頭度MAX!書き下ろしミステリー。
------------

伊坂幸太郎さんの長編小説です。
仙台で人質立てこもり事件が発生しますが、、
伊坂さんらしく凝りに凝った構成で読ませますね。
おなじみのキャラクター、泥棒の黒沢が大活躍します。


カルロ・ゼン「ヤキトリ1」ハヤカワ文庫JA

------------
地球人類が国籍の区別なく全員、商連と呼ばれる異星の民の隷属階級に落とされた未来世界。
閉塞した日本社会から抜け出すため、アキラは募兵官の調理師の誘いで商連の惑星軌道歩兵―通称ヤキトリに志願する。
米国人、北欧人、英国人、中国人の4人との実験ユニットK‐321に配属されたアキラが直面したのは、作戦遂行時の死亡率が平均70%というヤキトリの現実だった。
ウェブ小説の異才による、戦争SF新シリーズ開始!
------------

「幼女戦記」のカルロ・ゼンさんの新作SFシリーズです。
地球人類が異星人に隷属している未来、惑星軌道歩兵に志願した主人公が死亡率70%という現実に直面します。
カルロ・ゼンさんらしく読ませました。続巻楽しみです。


大森望/日下三蔵編「行き先は特異点」創元SF文庫

------------
2016年の日本SF短編の精華を収録。
今年度版には秋永真琴、上田早夕里、円城塔、北野勇作、倉田タカシ、小林泰三、諏訪哲史、高山羽根子、谷甲州、飛浩隆、酉島伝法、藤井太洋、牧野修、眉村卓、宮内悠介、山本弘らの小説16編をはじめ、石黒正数、弐瓶勉、山田胡瓜のコミック3編を収録。
巻末には第8回創元SF短編賞の受賞作と選評を掲載。
編者二人による各作品解説や年間日本SF概況、短編推薦作リストなど解説記事も充実した、2016年の日本SFが一望できる年刊ベスト・アンソロジー。
------------

大森/日下さんの2016年版日本SF傑作選。相変わらず読み応えあります。
マンガ3編も含めて面白い短編、が盛りだくさんです。
このアンソロジーの常で読者を選ぶ話もいくつかありますが、分かり易い話も多かった気がします。
創元SF短編賞受賞作も面白かったです。


ロードムービー (講談社文庫)

ロードムービー (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/09/15
  • メディア: 文庫



ホワイトラビット

ホワイトラビット

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: 単行本



ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下【地球総督府無償提供版】 (ハヤカワ文庫JA)

ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下【地球総督府無償提供版】 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/08/15
  • メディア: Kindle版



ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下 (ハヤカワ文庫JA)

ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: カルロ・ゼン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/08/07
  • メディア: 文庫



行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
メッセージを送る