So-net無料ブログ作成

祈りの幕が下りる時 [映画]

「祈りの幕が下りる時」見ました。

INORI_No2_poster.jpg

------------
類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事を主人公にした、東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編。
謎に包まれた殺人事件の捜査線上にある女性演出家が浮上したことで、主人公・加賀の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明かされる。
主演の阿部寛をはじめ溝端淳平、田中麗奈、山崎努らレギュラー陣が続投し、新キャストとして松嶋菜々子、伊藤蘭、小日向文世らが参加。
テレビドラマ「半沢直樹」などの演出を務めた福澤克雄がメガホンを取る。
------------

GALLERY014993_1.jpg

東野圭吾の加賀シリーズの最新作の映画化です。
加賀シリーズは原作も全部読んでいるのですが、本作は良くできていました。
謎が明らかになっていく展開の演出がいいですね。
役者はみないいですやはり松嶋菜々子はさすがでした。
小日向文世さんも素晴らしい。
あの親子のくだりはちょっと「砂の器」を連想してしまいました。
加賀シリーズの原作の続きは出ていませんが、東野さんは加賀には愛着あると思うので、捜査一課の刑事として再登場して欲しいです。

H8upOKbxTbjBlSZXKyIKx6GNBuHJJDF1xaa3U1UP.jpeg

監督 福澤克雄
脚本 李正美
原作 東野圭吾
音楽 菅野祐悟
主題歌 JUJU「東京」
加賀恭一郎 - 阿部寛
浅居博美 - 松嶋菜々子
松宮脩平 - 溝端淳平
金森登紀子 - 田中麗奈
浅居 厚子 - キムラ緑子
宮本康代 - 烏丸せつこ
大林 - 春風亭昇太
音尾琢真
浅居博美(20歳) - 飯豊まりえ
上杉祥三
中島ひろ子
浅居博美(14歳) - 桜田ひより
苗村誠三 - 及川光博
田島百合子 - 伊藤蘭
小日向文世
加賀隆正 - 山﨑努
nice!(2)  コメント(4) 

ジオストーム [映画]

「ジオストーム」見ました。

320 (53).jpg

------------
天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走するさまを描いたディザスターアクション。
未曾有の災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐために奔走する主人公を、『300 <スリーハンドレッド>』などのジェラルド・バトラーが熱演する。
その弟に『ハイネケン誘拐の代償』などのジム・スタージェスがふんするほか、エド・ハリス、アンディ・ガルシアらが共演。
『インデペンデンス・デイ』シリーズなど携わったディーン・デヴリンが監督を務めた。
------------

ジオストームメイン.jpg

いい加減な話じゃないかと思っていましたが、結構評判がいいので見てみました。
面白かったです。お話はまあアバウトですが、テンポのいい演出で見せますね。
気象宇宙ステーションのSFXが良くできていました。
ジェラルド・バトラーは天災技術者には見えませんが。
弟役のジム・スタージェスと恋人役のアビー・コーニッシュもいい感じで地上でのアクションが快調でした。
久々のエド・ハリスも老けましたが、いい味を出していました。

1014378_03.jpg

監督 ディーン・デヴリン
脚本 ディーン・デヴリン、ポール・ギヨー
音楽 ローン・バルフェ
ジェイク・ローソン - ジェラルド・バトラー
マックス・ローソン - ジム・スタージェス
サラ・ウィルソン - アビー・コーニッシュ
ウーテ・ファスベンダー - アレクサンドラ・マリア・ララ
チェン・ロン - ダニエル・ウー(
アル・ヘルナンデス - エウヘニオ・デルベス
レイ・デュセット - アムール・ワケド
エニ・アディサ - アデペロ・オデュイエ
アンドリュー・パルマ - アンディ・ガルシア
レオナルド・デッコム - エド・ハリス
ダンカン・テイラー - ロバート・シーハン
トーマス・クロス - リチャード・シフ
カサンドラ・ジェニングス - メア・ウィニンガム
デイナ - ザジー・ビーツ(
ハンナ・ローソン - タリタ・ベイトマン
ミッキー - ダニエラ・ガルシア
マイク - リッチー・モンゴメリー
リコ - デヴィッド・S・リー
カール - ビリー・スローター
nice!(2)  コメント(6) 

杏奈は春待岬に/たゆたいエマノン/デイ・トリッパー [本]

梶尾真治「杏奈は春待岬に」新潮社

------------
初恋=最後の恋。この恋だけは、時空を超えると、信じている――。
春待岬に建つ洋館。そこに住む少女にぼくは恋をした。でも、会えるのは桜の咲いている間だけ。
なぜなら彼女は、時の檻の中に閉じ込められているから。彼女を救い出すためには、クロノスを――。
オールタイムベスト級の感涙作「美亜へ贈る真珠」から45年。
タイムトラベル・ロマンスの帝王が満を持して放つ、究極の恋物語。
------------

梶尾真治さんの時間テーマのSF小説です。
主人公は春待岬に建つ洋館で出会った少女に恋をしますが、、
時間ものといえば梶尾さんというくらい時間テーマの作品には定評がありますが、本作もさすが梶尾さん、面白かったです。

梶尾真治「たゆたいエマノン」徳間書店

------------
地球に生命が誕生して以来、原初からの記憶を全て持つ美少女エマノン。
彼女は、内線で混乱するアフリカや厳冬の北海道など、様々な土地を旅する。
それは、地球に住む生命の進化を見守る役目を担わされたためなのか?
そして、彼女とは違った役目を背負い、様々な時代を跳びながらエマノンと出会う美少女ヒカリ。
彼女たちの邂逅は、人類、そして生命にどんな未来をもたらすのか?
人気シリーズ最新作!
------------

梶尾真治さんのエマノンシリーズの最新作です。
原初からの記憶を全て持つエマノン、今回はタイムスリップをくりかえすヒカリとの物語がいくつか収められていて面白かったです。
続巻にも期待です。


梶尾真治「デイ・トリッパー」キノブックス

------------
最愛の夫・大介を結婚後わずか三年半で亡くした香菜子。
友人たちの前で気丈に振る舞おうとすればするほど、隣に夫がいない寂しさが胸に広がっていく。
叶わないと知りながら「大介に会いたい」と願う香菜子の前に現れたのは……?
機敷埜風天が発明した遡時誘導機、通称“デイ・トリッパー"に乗って大介に会うため、香菜子は時を跳ぶ――!
------------

梶尾真治さんの時間テーマのSF小説です。
夫を失った主人公は夫と会うために過去へ向かいますが、、
やはり梶尾さんの時間ものはいいですね。


杏奈は春待岬に

杏奈は春待岬に

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: 単行本



杏奈は春待岬に

杏奈は春待岬に

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: Kindle版



たゆたいエマノン (文芸書)

たゆたいエマノン (文芸書)

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: 単行本



たゆたいエマノン

たゆたいエマノン

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: Kindle版



デイ・トリッパー

デイ・トリッパー

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2017/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

バーフバリ 王の凱旋 [映画]

「バーフバリ 王の凱旋」見ました。

th_img072-e1514732872883.jpg

------------
伝説の戦士バーフバリの壮大な物語を描いたアクション『バーフバリ 伝説誕生』の完結編。
インドの王国を舞台に、祖父から孫の三代にわたる愛と裏切りと復讐を描く。
前作同様プラバースが主人公を演じ、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、タマンナー、ナーサルらも続投。
監督・脚本のS・S・ラージャマウリ、撮影のK・K・センティル・クマール、音楽のM・M・キーラヴァーニらスタッフも再び集結した。
------------

バーフバリ王の凱旋_メイン.jpg

プラバース主演のインド映画です。
良く行くブログ「メモリの藻屑 記憶領域のゴミ」で「ロード・オブ・ザ・リング」+「マッドマックス 怒りのデスロード」と評していましたが、まさにそんな感じ。
とても面白かったのですが、残念なのは前篇の「伝説誕生」を見損なった事。
やはりこれは前後篇を一気見したかったですね。
一応、冒頭に前篇のダイジェストが付いているので話は分かるのですが、やはり一気に見ればラストのカタルシスが違ったと思います。

メモリの藻屑 記憶領域のゴミ
http://globalhead.hatenadiary.com/

320 (52).jpg

監督 S・S・ラージャマウリ
脚本 S・S・ラージャマウリ、K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
原案 K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
音楽 M・M・キーラヴァーニ
シヴドゥ/マヘンドラ・バーフバリ、アマレンドラ・バーフバリ - プラバース
バラーラデーヴァ - ラーナー・ダッグバーティ
デーヴァセーナ - アヌシュカ・シェッティ
アヴァンティカ - タマンナー
シヴァガミ - ラムヤ・クリシュナ
ビッジャラデーヴァ - ナーサル
カッタッパ - サティヤラージ
クマラ・ヴァルマ - スッバラージュ
ジャヤ・ヴァルマ - メカ・ラマクリシュナ
クンタラ王国宰相 - プラージ・ラジ
サンガ - ロヒニ
カーラケーヤ族長の弟 - チャランディープ
セートゥパティ - ラケシュ・ヴァーレ
クンタラ王妃 - アシュリタ・ヴェムガンティ
nice!(2)  コメント(4) 

人工知能の見る夢は/ひとまず、信じない/名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック [本]

「人工知能の見る夢は-AIショートショート集-」文春文庫

------------
日本を代表するSF作家たちが人工知能を題材にショートショートを競作し、それを「対話システム」「神経科学」「自動運転」「人工知能と法律」「環境に在る知能」「人工知能と哲学」「ゲームAI」「人工知能と創作」の8つのテーマ別に編集、テーマごとに第一線の研究者たちが解説を執筆した画期的コラボ企画。
“AI作家"の新作「人狼知能能力測定テスト」も収録。文庫オリジナル。
------------

新井素子、宮内悠介らのSF作家が人工知能を題材にしたショートショート集です。
人工知能学会誌に掲載されたそうです。どれもなかなか面白かったです。
研究者の解説は結構難しかったですが面白かったです。


押井守「ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方」中公新書ラクレ

------------
世界が認める巨匠がおくる幸福論の神髄。
ネットが隆盛し、フェイクニュースが世界を覆う時代、何が虚構で何が真実か、その境界線は曖昧である。
こういう時代だからこそ、所与の情報をひとまず信じずに、自らの頭で考えることの重要さを著者は説く。
幸せになるために成すべきこと、社会の中でポジションを得て生き抜く方法、現代日本が抱える問題についても論じた、押井哲学の集大成とも言える一冊。
------------

アニメーション監督の押井守さんの幸福論です。
まあいつもの押井節という感じですが、今までの押井さんの著作の集大成という感じもあってなかなか面白かったです。


桑野和明「名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック」双葉文庫

------------
職場で窃盗の濡れ衣を着せられた瀬川悠人は、偶然、レトロな映画館『名画座パラディーゾ』の若き女性支配人・朝霧千映と出会う。
映画鑑賞で鍛えられた天才的な洞察力と推理力を持つ千映は、あっさりと真犯人を言い当てる。
そのまま『パラディーゾ』に住み込みで働くことになった悠人と千映のもとには、奇妙な謎が舞い込んできて
―映画の街・尾道を舞台に、4篇の映画に導かれた謎に挑む傑作ライトミステリー!
------------

「ビブリア古書堂の事件手帖」の影響の大きい作品ですが、ミステリ的にはともかく題材の映画はなかなか良かったです。
尾道の名画座が舞台というだけで楽しいですね。
映画のうんちくも初耳の話は少なかったですが、面白かったです。


人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

  • 作者: 新井 素子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: 文庫



人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

人工知能の見る夢は AIショートショート集 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: Kindle版



ひとまず、信じない - 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

ひとまず、信じない - 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/11/08
  • メディア: 新書



ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: Kindle版



名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

  • 作者: 桑野 和明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 文庫



名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

名画座パラディーゾ 朝霧千映のロジック (双葉文庫)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

ガーディアンズ [映画]

「ガーディアンズ」見ました。


357855.jpg

------------
驚異的能力を持つヒーローたちが、国家を救うために戦うロシア発のアクション。
かつて超人部隊計画で生み出された超人たちが、国家を危機に陥れようと自らも超人となった組織の科学者とバトルを展開する。
メガホンを取ったのは、『クライム・スピード』などのサリク・アンドレアシアン。
アントン・パンプーシュニー、サンジャル・マディ、セバスティアン・シサク、アリーナ・ラニナらが出演。
------------

maxresdefault (12).jpg

ロシア生の超能力アクション映画です。アクションとVFXは非常によくできていました。
ただお話はもうちょっと工夫は欲しかったかな。
マーベルの影響は大きいですが、ソ連の超人部隊計画には割と説得力があるかも。
なかなか面白かったです。

3af6859ce703f08344346e4a748b4411.jpg

監督 サリク・アンドレアシアン
脚本 アンドレイ・ガブリロフ
アントン・パンプシニ アルスス
サンザール・マディエフ ハン
セバスチャン・シサク レア
アリーナ・ラニナ クセニア
スタニスラフ・シリン アウグスト・クラトフ
バレリア・シュキランド エレーナ・ラーリナ
nice!(2)  コメント(0) 

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2/時代劇の「嘘」と「演出」/MORI Magazine/アルスラーン戦記16 [本]

鷹見一幸「宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2」ハヤカワ文庫JA

------------
銀河系とアンドロメダ銀河のほぼ中間地点に存在する矮小不規則銀河。
そのひとつに建設中の前進基地に、恵一たち長距離偵察戦闘艦隊は転移を行なった。
そこで恵一たちが見たのは、中心部に太陽を内包した惑星の公転軌道サイズの巨大な戦闘要塞であった!
その基地で最終的な調整と装備を整えた恵一たちに、転移先の座標データが上級種族から送られてきた。
ついに長距離偵察戦闘艦隊は、未踏の敵支配星域へと転移するが!?
人類対粛清者の激烈なる死闘を描く壮大なスケールの戦争SF。
------------

鷹見一幸さんのミリタリーSFシリーズ第2部です。
主人公恵一たちはいよいよ粛清者の支配するアンドロメダへ向かいます。
今まで攻撃を受けるだけだった人類側の敵地偵察が始まります。
色々と興味深い展開で続巻が楽しみです。


安田清人「時代劇の「嘘」と「演出」-「時代考証」は時代劇に必要か?-」歴史新書

------------
時代劇狂の歴史編集者が綴る、偏愛的時代劇論!時代劇をみて、「時代考証がなってない」という批判はもちろん無意味ではない。
しかし、史実を押さえて時代考証をしっかりやれば、面白い作品ができるかと言えば、そんなことはない。
真実を追究する歴史学は犯すことのできない固有の価値を持つし、歴史を扱うフィクションにも、エンターテインメントを追求する絶対の自由がある。
ならば、その両者が交差する地点にこそ、時代劇の理想の姿があるのではないか。
本書は、時代考証という「視点」から時代劇を眺め時代劇とは何か、なぜ日本人は時代劇を愛してきたのか、これからも時代劇は続くのか、そんな問いかけにこたえるヒントを探る。
------------

編集者の安田清人さんが時代考証について書いた本です。
映画や小説、ドラマなどの時代考証についての話は確かになかなか難しい。
あえて嘘を描いた方が面白いという場合もあるといった意見が納得でした。


森博嗣「MORI Magazine-作家・森博嗣が雑誌をつくると、こうなる」大和書房

------------
インタビュー、人生相談、座談会…すべて森博嗣の創作物。
本書は、これまでにない、まったく新しい形のエッセィ集。
フリージャーナリスト、編集者、エッセィスト、評論家…著者自身が生み出した架空のキャラクターたちとで繰り広げる、森博嗣の数奇な思考回路!
------------

森博嗣の一人雑誌です。
雑誌と言ってもまあ雑誌風エッセイ集ですかね。
森さんファンにはお勧めです。


田中芳樹「アルスラーン戦記16」カッパ・ノベルス


作品の展開特にラストに触れています。
ネタバレが嫌いな人はさようなら。









------------
マルヤム国王ギスカールと手を結んだヒルメス、魔将軍イルテリシュに率いられたチュルク軍、孔雀姫フィトナを押し立てたミスル軍、そして蛇王ザッハークと魔軍!!
難敵に包囲されたパルス国とアルスラーンの運命は!?
伝説的ベストセラー、堂々完結。
------------

田中芳樹さんのファンタジー小説、アルスラーン戦記の最終巻です。
作者の筆力に衰えが感じられるのではたしてちゃんと完結するか心配していました。
意外とちゃんとしています。
アルスラーン王の臣下の16翼将も何人か欠けましたが、結構残っているのでばたばたと死んでいきます。
殺し方が雑という評もあったのですが、これは仕方ないかな。
ただ一人生き残りアルスラーンの後継者へ宝剣を手渡したエラムの前にアルスラーン王一行が現れるラストが素晴らしく、思わず涙、これを読めただけでもここまで読んで来て良かったと思いました。


宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 2 (ハヤカワ文庫JA)

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊― 2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 鷹見一幸
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/05
  • メディア: 文庫



宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2 (ハヤカワ文庫JA)

宇宙軍士官学校―攻勢偵察部隊―2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: Kindle版



時代劇の「嘘」と「演出」 (歴史新書)

時代劇の「嘘」と「演出」 (歴史新書)

  • 作者: 安田 清人
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/08/03
  • メディア: 新書



MORI Magazine

MORI Magazine

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2017/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MORI Magazine

MORI Magazine

  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2017/07/23
  • メディア: Kindle版



天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

  • 作者: 田中芳樹
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(0) 

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! [映画]

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」見ました。

ダウンロード (25).jpg

------------
ボスニア紛争末期のサラエボに派遣されたネイビーシールズが、ナチスの金塊を奪取しようとする痛快アクション。
リュック・ベッソンが製作と脚本を手掛け、『イントゥ・ザ・ストーム』などのスティーヴン・クエイルが監督を務める。
リーダーを『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』などのサリヴァン・ステイプルトン、彼の上官を『セッション』などのJ・K・シモンズが演じるほか、『鑑定士と顔のない依頼人』などのシルヴィア・フークスらが共演。
------------

38061513_126216.jpg

リュック・ベッソン製作のアクション映画です。
なかなか面白かったです。冒頭の大戦末期の描写で結構お金がかかっていると思いました。
その後の戦車が爆走するアクションも快調。
本筋のナチスの金塊を奪取するという話もサスペンスが効いていて良かったです。

360837.jpg

監督 スティーヴン・クエイル
脚本 リチャード・ウェンク、リュック・ベッソン
原案 リュック・ベッソン
音楽 エリック・セラ
マット・バーンズ - サリバン・ステイプルトン
スタントン・ベイカー - チャーリー・ビューリー
ララ・シミッチ - シルヴィア・フークス
ベン・モラン - ジョシュア・ヘンリー
カート・ダッフィー - ディアミッド・マルタ
ジャクソン・ポーター - ディミトリー・レオニダス
クレーメンス・シック
ジム・レイニー - ユエン・ブレムナー
ジェイコブ・レヴィン少将 - J・K・シモンズ
nice!(1)  コメント(4) 

パラノーマン ブライス・ホローの謎/エクス・マキナ [映画]

正月休みにレンタルで見た2作品の感想です。

「パラノーマン ブライス・ホローの謎」

81gXhU7hDnL._SY445_.jpg

------------
300年前の魔女の呪いによって死者たちに襲撃された町を舞台に、死者と会話のできる少年の活躍をファンタジックに描くストップモーション・アニメ。
ホラー映画好きのどこにでもいるような少年でありながら、死者が見え話すこともできる主人公の声を、『ザ・ロード』『モールス』のコディ・スミット=マクフィーが担当。
アカデミー賞にノミネートされた『コララインとボタンの魔女 3D』の製作会社によって作り出された、繊細でユーモラスな動きや表情を見せる人形たちに夢中になる。
------------

66496FB6-10E5-419E-9067-5C023EBB9A4C.jpg

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」が素晴らしかったので、ライカのストップアニメーション作品を見ました。
実は「コララインとボタンの魔女」も一緒に借りて見たのですが、劇場で見ていました。
本作ですが、映像的には「KUBO」ほどではないですが、お話は面白い。
なんとピルグリムファーザーの魔女狩りが題材で、これはアメリカ建国神話ではタブーなんですよね。
それを題材にしてきっちりと話をまとめるあたりはさすがです。

監督 サム・フェル、クリス・バトラー
脚本 クリス・バトラー
音楽 ジョン・ブライオン
ノーマン・バブコック コディ・スミット=マクフィー
ニール・ドーン タッカー・アルブリジー
コートニー・バブコック アナ・ケンドリック
ミッチ・ドーン ケイシー・アフレック
アルヴィン クリストファー・ミンツ=プラッセ
サンドラ・バブコック レスリー・マン
ペリー・バブコック ジェフ・ガーリン
ノーマンの祖母 エレイン・ストリッチ
ホプキンス バーナード・ヒル
アギー ジョデル・フェルランド
ブレンダーガストおじさん ジョン・グッドマン
フーパー保安官 テンペスト・ブレッドソー
サルマ ハンナ・ノエス
Blithe Hollow kid アリエル・ウィンター


「エクス・マキナ」

ekusu.jpg

------------
『28日後...』などの脚本家として知られるアレックス・ガーランドが映画初監督を務め、第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したSFスリラー。
人間と人工知能が繰り広げる駆け引きを、限られた登場人物と舞台設定や目を引くビジュアルで活写する。
美貌の女性型ロボットのエヴァを、『リリーのすべて』でオスカーに輝いたアリシア・ヴィキャンデルが好演。
IT企業の社員と社長には、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のドーナル・グリーソンとオスカー・アイザックがふんする。
------------

images (17).jpg

アレックス・ガーランド監督、脚本のSFスリラー映画です。
劇場で見逃したのですが、これはなかなかの拾いものでした。
アリシア・ヴィキャンデルのロボット演技が素晴らしい。
ドーナル・グリーソンは観終わってから『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のハックス将軍だと気付きました。

監督 アレックス・ガーランド
脚本 アレックス・ガーランド
音楽 ベン・サリスベリー、ジェフ・バーロウ
エヴァ(AVA) - アリシア・ヴィキャンデル
ケイレブ・スミス - ドーナル・グリーソン
ネイサン・ベイトマン - オスカー・アイザック
キョウコ - ソノヤ・ミズノ
nice!(1)  コメント(0) 

狩人の悪夢/誰も語らなかったジブリを語ろう/ペガサスの解は虚栄か?/ぶたぶたラジオ [本]

有栖川有栖「狩人の悪夢」KADOKAWA

------------
人気ホラー作家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。
そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。
しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントが住んでいた「獏ハウス」と呼ばれる家で、右手首のない女性の死体が発見されて…。
臨床犯罪学者・火村と、相棒のミステリ作家・アリスが、悪夢のような事件の謎を解き明かす!
------------

有栖川有栖さんの火村探偵シリーズの最新作です。
ワトソン役のミステリ作家の有栖が殺人事件に遭遇し火村探偵が解決するというパターンです。
相変わらず安定の面白さでした。



押井守「誰も語らなかったジブリを語ろう」東京ニュース通信社

------------
世界のアニメーションに影響を与えた“スタジオジブリ”を、これまた世界中からリスペクトされる監督・押井守が語り尽くす。
スタジオジブリの劇場公開作を振り返りつつ、「これまでのジブリ、これからのアニメーション」まで縦横無尽に語った痛快&ディープなインタビュー。
------------

押井守さんがジブリアニメについて語った本です。
例によって割と言いたい放題。でも割と宮崎作品については認めているかな。
アニメーターとしては最高、ただ監督としてはという感じ。
高畑作品に関しては全く認めていません。
それ以外の監督作品に関しては論外という評価ですね。
なかなか面白かったです。


森博嗣「ペガサスの解は虚栄か?」講談社タイガ


森作品のネタバレがあります。





------------
クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。
研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータからパリの万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを産む擬似受胎機能が搭載されていたのではないかという情報を得た。
彼らを捜してインドへ赴いたハギリは、自分の三人目の子供について不審を抱く富豪と出会う。
知性が喝破する虚構の物語。
------------

森博嗣さんのWシリーズ7作目。23世紀の世界。前作の続
き。ハギリはインドに向かいますが、、森さんのブログ
によるとWシリーズは来年10巻で完結予定だとか。その後
も新シリーズも予定されているそうです。続巻楽しみです。


矢崎存美「ぶたぶたラジオ」光文社文庫

------------
東京のAMラジオ局で、朝の帯番組のパーソナリティを務める久世遼太郎は、木曜日の新しいゲストに、山崎ぶたぶたという人物(?)を迎えることになった。
ぶたぶたの悩み相談コーナーは、一味違う答えがもらえる、とすぐ大人気に。
今日もラジオに耳を澄ませると、ぶたぶたの渋い声が聞こえてくる。
それだけで、不思議と心が落ち着くんだな。胸に響く三編を収録。
------------

矢崎存美さんのぶたぶたシリーズ最新作です。
相変わらずぶたぶたシリーズは面白いですね。
今回はぶたぶたがラジオで人生相談をします。


狩人の悪夢

狩人の悪夢

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 単行本



狩人の悪夢 「火村英生」シリーズ (角川書店単行本)

狩人の悪夢 「火村英生」シリーズ (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: Kindle版



誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本



ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ)

ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: 文庫






ぶたぶたラジオ (光文社文庫)

ぶたぶたラジオ (光文社文庫)

  • 作者: 矢崎 存美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/12/07
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2) 
メッセージを送る