So-net無料ブログ作成

光待つ場所へ/スロウハイツの神様/勅命臨時大使、就任! [本]

辻村深月「光待つ場所へ」講談社文庫

------------
大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。
自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。
彼の作品を見るまでは(「しあわせのこみち」)。
文庫書下ろし一編を含む扉の開く瞬間を描いた、五編の短編集。
------------

辻村深月さんの短編集です。
面白かったのですが、この話には前後に色々と別作品とのリンクがあるのではないかと思いました。
で調べるとやはり辻村作品は色々とリンクしているそうで、読む順番があるとか。
詳しくは以下を。
http://www.kirikuchi.net/entry/2016/02/21/203247
まあ「ハケンアニメ」は読んでいましたが。


辻村深月「スロウハイツの神様」上下 講談社文庫

------------
人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ―あの事件から十年。
アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。
夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。
空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。
------------

という事で上記で最初に読むべきと書かれていた本作を読んでみました。面白かったです。
前半の伏線が最後に全てつながるのが素晴らしい。
なので何を書いてもネタバレになりそうであまり話には触れられません。
辻村作品で一番好きという感想に納得です。
感想は書きませんが「V.T.R」も読みました。


マイク・シェパード「勅命臨時大使、就任!」ハヤカワ文庫SF

------------
辺境星域で新たなジャンプポイントを発見した王立調査船ワスプ号は、調査のため転移した。
だがそこで出会ったのは、かつて人類と壮絶な殺し合いを演じた宿敵イティーチ族の異星船だった。
またも星間大戦勃発か!?とあわてるが、彼らは外交使節で、なんとクリスの曾祖父で知性連合の王であるレイモンド一世にメッセージを伝えにきたという。
かくてクリスは急遽臨時大使となり、異星人一行を王のもとへと送り届けるが…
------------

マイク・シェパードのクリス・ロングナイフシリーズの7作目です。
今回は前作でワスプ号を指揮する事になったクリスの前にイティーチ族の異星船が現れます。
曾祖父の時代に戦争をしたイティーチ族は曾祖父レイ王にメッセージを伝えに来たというのです。
色々あってイティーチ族との問題は本作では解決されず、脇筋の知性連合内でのいざこざを解決する所まで。
しかもラストでは隣国での政変も起こり、イティーチ族の問題ともども続きが楽しみです。
ちなみに本国では曾祖父の時代のイティーチ族との戦争を描く外伝も刊行中だそうです。


光待つ場所へ (講談社文庫)

光待つ場所へ (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/13
  • メディア: 文庫



光待つ場所へ (講談社文庫)

光待つ場所へ (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/13
  • メディア: Kindle版



スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫



スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫



スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: Kindle版



スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: Kindle版



勅命臨時大使、就任!  海軍士官クリス・ロングナイフ (ハヤカワ文庫SF)

勅命臨時大使、就任! 海軍士官クリス・ロングナイフ (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: マイク・シェパード
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/01/24
  • メディア: 文庫



勅命臨時大使、就任! 海軍士官クリス・ロングナイフ (ハヤカワ文庫SF)

勅命臨時大使、就任! 海軍士官クリス・ロングナイフ (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/01/31
  • メディア: Kindle版



キング・アーサー [映画]

「キング・アーサー」を見ました。

320 (30).jpg

------------
アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。
王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。
メガホンを取るのは、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。
出演に、テレビシリーズ「サン・オブ・アナーキー」などのチャーリー・ハナム、『コールド マウンテン』などのジュード・ロウ、『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』などのジャイモン・フンスーらが結集。
壮絶なソードバトルの数々に圧倒される。
------------

キング・アーサー 聖剣無双1.jpg

ガイ・リッチー監督のアーサー王伝説を元にしたアクション映画です。
ハッタリの効いた監督のテンポのいい演出で見せました。
ただ、お話はかなりアレンジが多いのでアーサー王伝説に思い入れの強い人は怒るかも。
冒頭からいきなり巨象のモンスターとか出てくるし。
6部作の予定だったそうで、道理で円卓の騎士が3人くらいしか揃ってないですね。
ただヒットしなかったので続編は作られない様で残念。
ジュード・ロウの悪役演技はなかなか楽しかったです。
ベッカムが出ていました。

cap00167.jpg

監督 ガイ・リッチー
脚本 ジョビー・ハロルド、ガイ・リッチー、ライオネル・ウィグラム
原案 デヴィッド・ドブキン、ジョビー・ハロルド
音楽 ダニエル・ペンバートン
アーサー - チャーリー・ハナム
ヴォーティガン - ジュード・ロウ
メイジ(魔術師) - アストリッド・ベルジュ=フリスベ
ベディヴィア - ジャイモン・フンスー
グースファット・ビル - エイダン・ギレン
ユーサー・ペンドラゴン - エリック・バナ
ルビオ - フレディ・フォックス
パーシヴァル - クレイグ・マクギンリー
ジョージ - トム・ウー
ウェット・スティック - キングズリー・ベン=アディル
バック・ラック - ニール・マスケル
マギー - アナベル・ウォーリス
ブルー - ブルー・ランドー
グレービアード - ミカエル・パーシュブラント
イグレイン - ポッピー・デルヴィーニュ
トリガー - デヴィッド・ベッカム

ハクソー・リッジ [映画]

「ハクソー・リッジ」を試写で見ました。

320 (29).jpg

------------
俳優として数々の話題作に出演し、監督としては『ブレイブハート』でオスカーも手にしたメル・ギブソンがメガホンを取って放つ感動作。
第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りし、多くの負傷した兵士を救った実在の人物をモデルに奇跡の逸話を描く。
主人公を『沈黙 -サイレンス-』などのアンドリュー・ガーフィールドが熱演。
自身の信念に基づき、勇気ある行動をとった兵士の物語が胸を打つ。
------------

HacksawRidge_D57-21588L1000.jpg

メル・ギブソン監督新作です。
良心的兵役拒否者として銃を持たずに衛生兵として負傷した兵士を救った人物がモデルの話です。
主人公を演じるのはアンドリュー・ガーフィールド、他にサム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーンなどが出演しています。
主人公の父親役のヒューゴ・ウィーヴィングは久しぶりに見たかな。
奥さん役のテリーサ・パーマーはウォーム・ボディーズが印象に残っています。
撮影もオーストラリアで行われたそうで、オーストラリアの俳優が多いですね。
沖縄での激戦を描く戦闘シーンはかなりリアルなのでそういう描写が苦手は人は注意。
日本軍の描き方もそれほど変ではなかったかな。
6月24日公開です。

hacksawridge_08.jpg

監督 メル・ギブソン
脚本 アンドリュー・ナイト、ロバート・シェンカン、ランダル・ウォレス
原案 グレゴリー・クロスビー
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
アンドリュー・ガーフィールド - デズモンド・T・ドス
リス・ベラミー - 若年期のデズモンド・T・ドス
ヴィンス・ヴォーン - ハウエル軍曹
サム・ワーシントン - グローヴァー大尉
ルーク・ブレイシー - スミッティ
ヒューゴ・ウィーヴィング - トム・ドス
ライアン・コア - マンヴィル中尉
テリーサ・パーマー - ドロシー・シュッテ
レイチェル・グリフィス - ベルサ・ドス
リチャード・ロクスバーグ - ステルツァー大佐
ルーク・ペグラー - ミルト・"ハリウッド"・ゼーン
リチャード・パイロス - ランダル・"ティーチ"・フューラー
ベン・ミンゲイ - グリース・ノーラン
フィラス・ディラーニ - ヴィート・リンネリ

Gマン/アフガニスタン戦記/あなたの人生の物語 [本]

スティーブン・ハンター「Gマン 宿命の銃弾」上下 扶桑社ミステリー

------------
アーカンソー州にあるボブ・リー・スワガーの地所の造成地から、祖父チャールズの遺品と思われるコルト45と紙幣、謎の地図、そして1934年のみ用いられたFBIの前身、司法省捜査局のバッジなどが発見される。
ジョン・デリンジャーやベビーフェイス・ネルソンといった名うての悪漢が跋扈した時代に、当時、ポーク郡の保安官だった祖父はどうやら捜査局に協力して、アウトローたちを狩り出す任務に従事していたらしい。
自らのルーツでもある祖父の謎に満ちた事績を追うべくボブは調査を開始する!
------------

スティーブン・ハンターのスワガーシリーズの最新作です。
ハンターの前作は切り裂きジャックを扱った「我が名は切り裂きジャック」だったので、シリーズ2年ぶりの新作です。
ボブ・リー・スワガーの地所から、祖父チャールズの遺品が発見されます。
ボブは過去の調査を始め、そこからチャールズの物語と現在が交互に語られます。
ボブの父、アールの活躍を描く話もありましたが、今回は祖父チャールズの話です。
ジョン・デリンジャーやベビーフェイス・ネルソンといった有名なギャングと対決します。
一方、現代のボブの身にも危険が迫ります。面白かったですね。
本作を書いた動機はジョニー・デップ主演の映画「パブリック・エネミーズ」の出来に納得できなかったからとか。


内山進「アフガニスタン戦記 ある日本人米空軍中佐の記録」彩流社

------------
2011~2012年のアフガニスタン戦争の経験と2007~2010年、横田基地勤務の経験…。
華々しさもない、これが、戦争のほんとうの姿だ!
------------

アメリカ空軍少佐としてイラク、アフガニスタンで従軍した内山進さんの本です。
内山さんは陸軍を除隊し空軍に入ります。本作ではアフガニスタンでの従軍経験が主ですね。
米軍の専門用語が頻出しあまり読みやすくはないですが、臨場感があり面白かったです。
意外なのは米四軍の中で空軍が人種差別が一番激しかったという事。
まあ内山さんの経験によればということですが。


テッド・チャン「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫SF


映画「メッセージ」の展開に触れています。




------------
地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく…
ネビュラ賞を受賞した感動の表題作はじめ、天使の降臨とともにもたらされる災厄と奇跡を描くヒューゴー賞受賞作「地獄とは神の不在なり」、
天まで届く塔を建設する驚天動地の物語―ネビュラ賞を受賞したデビュー作「バビロンの塔」ほか、本邦初訳を含む八篇を収録する傑作集。
------------

テッド・チャンのSF短編集です。表題作は「メッセージ」というタイトルで映画化されました。
映画も面白かったですが、原作読んでみました。
映画の派手な展開はほとんど原作には登場しません。
そういう意味では映画の脚色は良かったと思いました。
表題作はじめどの短編も斬新な奇想、アイディアがたっぷりで面白いです。
その分かなり難解な部分もありますが。


Gマン 宿命の銃弾(上) (扶桑社ミステリー)

Gマン 宿命の銃弾(上) (扶桑社ミステリー)

  • 作者: スティーブン・ハンター
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: 文庫



Gマン 宿命の銃弾(下) (海外ミステリー)

Gマン 宿命の銃弾(下) (海外ミステリー)

  • 作者: スティーブン・ハンター
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: 文庫



Gマン 宿命の銃弾(上) (扶桑社BOOKSミステリー)

Gマン 宿命の銃弾(上) (扶桑社BOOKSミステリー)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/03/27
  • メディア: Kindle版



Gマン 宿命の銃弾(下) (扶桑社BOOKSミステリー)

Gマン 宿命の銃弾(下) (扶桑社BOOKSミステリー)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/03/27
  • メディア: Kindle版



アフガニスタン戦記: ある日本人米軍中佐の記録

アフガニスタン戦記: ある日本人米軍中佐の記録

  • 作者: 内山 進
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 2016/12/13
  • メディア: 単行本



あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: テッド・チャン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/09/30
  • メディア: 文庫



あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/08/25
  • メディア: Kindle版



呑めば、都―居酒屋の東京/一刀斎夢録 [本]

マイク・モラスキー「呑めば、都―居酒屋の東京」筑摩書房

------------
愛すべき日本の酒、東京の町。赤提灯に誘われ、酒と町の歴史にどっぷり身を浸した現地調査体験記。
------------

一橋大学教授でジャズ・ピアニストのマイク・モラスキーさんが東京の居酒屋について語った本です。
モラスキーさんは1976年に初来日、葛飾区の京成沿線にホームステイしたそうです。
その頃から居酒屋が好きになったそうです。
本書では南武線の溝の口や大井町、赤羽、十条、王子などなどの居酒屋探訪が描かれています。
日本酒についてもお詳しいです。


浅田次郎「一刀斎夢録」上下 文春文庫

------------
「飲むほどに酔うほどに、かつて奪った命の記憶が甦る」―最強と謳われ怖れられた、新選組三番隊長斎藤一。
明治を隔て大正の世まで生き延びた“一刀斎”が近衛師団の若き中尉に夜ごと語る、過ぎにし幕末の動乱、新選組の辿った運命、そして剣の奥義。
慟哭の結末に向け香りたつ生死の哲学が深い感動を呼ぶ、新選組三部作完結篇。
------------

浅田次郎さんの新選組三部作の完結篇です。
最近晩年の写真が発見されて話題になった斎藤一の話です。
大正時代に斎藤一が近衛師団の若い中尉に過去の話を語ります。
幕末の新選組時代の回想から戊辰戦争、明治後に警官となり、警視庁抜刀隊の一員として西南戦争に参加するまで。
細かい所が面白く、坂本竜馬暗殺との関わり、など意外な展開です。
あと西南戦争の裏側に西郷と大久保の共謀があったという説もなかなか面白い。
三部作では一番面白かったです。


呑めば、都―居酒屋の東京

呑めば、都―居酒屋の東京

  • 作者: マイク モラスキー
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2012/10
  • メディア: 単行本



呑めば、都: 居酒屋の東京 (ちくま文庫)

呑めば、都: 居酒屋の東京 (ちくま文庫)

  • 作者: マイク モラスキー
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2016/08/08
  • メディア: 文庫



一刀斎夢録 上 (文春文庫)

一刀斎夢録 上 (文春文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/09/03
  • メディア: 文庫



一刀斎夢録 下 (文春文庫)

一刀斎夢録 下 (文春文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/09/03
  • メディア: 文庫



一刀斎夢録 上

一刀斎夢録 上

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: Kindle版



一刀斎夢録 下

一刀斎夢録 下

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: Kindle版



硝子の太陽Rouge/いまさら翼といわれても [本]

誉田哲也「硝子の太陽Rouge」光文社

------------
祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。
捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。
個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。
謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている―そのはずだった。
日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか?
------------

誉田哲也さんの姫川玲子シリーズの最新作です。
一家惨殺事件の捜査に挑む姫川玲子を描きます。
かっての姫川班のメンバーに加えて新しい班員もなかなか個性的で面白いです。
同時刊行の「硝子の太陽N-ノワール」と対になる話で、あちらは〈ジウ〉サーガの側から描くのかな?


米澤穂信「いまさら翼といわれても」KADOKAWA

------------
神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘―折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。
そして、彼女の真意とは?(表題作)。
奉太郎、える、里志、摩耶花―“古典部”4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇!
------------

米澤穂信さんの古典部シリーズの最新作です。
短編集でバラエティに富んだどれも面白い話ですが、表題作で明らかになる千反田えるの真意が興味深いです。


硝子の太陽R-ルージュ

硝子の太陽R-ルージュ

  • 作者: 誉田哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: 単行本



硝子の太陽R ルージュ 警部補 姫川玲子

硝子の太陽R ルージュ 警部補 姫川玲子

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/05/15
  • メディア: Kindle版



いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本



いまさら翼といわれても【電子特典付き】 「古典部」シリーズ (角川書店単行本)

いまさら翼といわれても【電子特典付き】 「古典部」シリーズ (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: Kindle版



LOGAN/ローガン [映画]

「LOGAN/ローガン」を見ました。

0012.jpg

------------
『X-MEN』シリーズのウルヴァリンが、傷つきながらもミュータント存亡の危機を救おうと突き進む姿を描くアクション大作。
超金属の爪と超人的な治癒能力を持つ不老不死のヒーロー、ウルヴァリンが老いて傷跡残る体で、ミュータントの未来の鍵を握る少女を守るべく戦う姿を活写する。
主演をシリーズ同様ヒュー・ジャックマンが務め、監督を『ウルヴァリン:SAMURAI』などのジェームズ・マンゴールドが担当。
能力を失ったウルヴァリンの衝撃の姿と壮絶なバトルに注目。
------------

DF-03259-1024x693.jpg

「X-MEN」シリーズの“ウルヴァリン”の最後の戦いを描くヒーロー・アクションです。
これはなかなか面白かったです。
「Xメン」シリーズは全部見ているのですが、本作はシリーズとはほとんど関連していません。
病み老いたウルヴァリンと認知症を患うプロフェッサーX、そして助けを求める少女が凶悪な敵から逃亡します。
この3人の関係が祖父、父、娘に見えてくる所がいいですね。
映画「シェーン」の引用が印象的でした。3人がホテルで「シェーン」を見るシーンもあります。
どこか西部劇的でもあります。ラストは泣かせました。

20170425-logan-950x630.jpg

監督 ジェームズ・マンゴールド
脚本 マイケル・グリーン、スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド
原案 デヴィッド・ジェームズ・ケリー、ジェームズ・マンゴールド
原作 『オールドマン・ローガン』マーク・ミラー、スティーブ・マクニーブン
音楽 マルコ・ベルトラミ
ローガン / ウルヴァリン - ヒュー・ジャックマン
チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX - パトリック・スチュワート
ローラ / X-23 - ダフネ・キーン
ドナルド・ピアース - ボイド・ホルブルック
キャリバン - スティーヴン・マーチャント
ガブリエラ・ロペス - エリザベス・ロドリゲス
ザンダー・ライス博士 - リチャード・E・グラント
ウィル・マンソン - エリク・ラ・サル
キャスリン・マンソン - エリゼ・ニール
ネイト・マンソン - クインシー・ホウス
X-24 - ヒュー・ジャックマン

帝国宇宙軍1/幼女戦記7 [本]

佐藤大輔「帝国宇宙軍1―領宙侵犯―」ハヤカワ文庫JA

------------
地球からの文明疎開船が高次元跳躍に失敗、生存のため銀河帝国を建国してから700年余。
帝国の護衛艦“ブルーベル”は、隣国のヘレネス統一体が領有権を主張する星系に侵入したとして攻撃を受ける。
艦長の戦死により、先任将校の天城真守大尉は的確な判断で艦を無事に帰投させた。
予備役編入を希望する天城だったが、各国の複雑な思惑は彼を紛争の最前線へと導いていく。
架空戦史の雄による新シリーズ、初巻にして最終巻。
------------

52才の若さで亡くなった佐藤大輔さんの遺作です。
遥か未来、銀河帝国と隣接する国とが対立する世界で武力衝突が発生し主人公天城大尉は艦を帰投させます。
予備役編入を希望する天城ですが、結局紛争の最前線に導かれる事になります。
いい所で続くので続きを読みたいのですが、作者が亡くなったので読めないのがとても残念です。


カルロ・ゼン「幼女戦記7 Ut sementem feceris,ita metes」KADOKAWA/エンターブレイン

------------
東部戦線の不毛な泥濘の上とて砲火は途絶えない。
第二〇三魔導大隊もまたその狂騒に投げ込まれた歯車のひとつ。
泥沼化する戦争に幼女は何を思う―。
------------

転生して幼女となった現代のサラリーマンが魔道のある世界で戦功をあげて出世していくと言う話です。
コミックとアニメ化されています。
相変わらず戦略や兵站についてもマニアックに語られています。
最近亡くなった佐藤大輔の影響は明らかで後継者として活躍して欲しいです。
続巻楽しみです。


帝国宇宙軍1-領宙侵犯- (ハヤカワ文庫JA)

帝国宇宙軍1-領宙侵犯- (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 佐藤大輔
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 文庫



帝国宇宙軍1-領宙侵犯- (ハヤカワ文庫JA)

帝国宇宙軍1-領宙侵犯- (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: Kindle版



幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes

幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: Kindle版



幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes

幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes

  • 作者: カルロ・ゼン
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: 単行本



6月以降に見たい映画 [映画]

6月以降に見たい映画です。

ついでに5月に見た映画です。

20.5/1 「無限の住人」
21.5/13「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」
22.5/19「メッセージ」
23.5/20「夜に生きる」
24.5/24「パトリオット・デイ」試写

6月1日(木)
「LOGAN/ローガン」
『X-MEN』シリーズのウルヴァリンが、傷つきながらもミュータント存亡の危機を救おうと突き進む姿を描くアクション大作。

6月3日(土)
「花戦さ」
小説家の鬼塚忠による著書を基に、戦国の世の日本で豊臣秀吉と華道家元・初代池坊専好の伝説に着想を得た物語が描かれる時代劇

6月9日(金)
「パトリオット・デイ」
2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。

6月10日(土)
「22年目の告白-私が殺人犯です-」
未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。

6月17日(土)
「キング・アーサー」
アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。

6月24日(土)
「ハクソー・リッジ」
俳優として数々の話題作に出演し、監督としては『ブレイブハート』でオスカーも手にしたメル・ギブソンがメガホンを取って放つ感動作。

7月1日(土)
「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」
ジョニー・デップが孤高の海賊ジャック・スパロウを演じる、大ヒットシリーズ第5弾となるアクションアドベンチャー。

7月8日(土)
「ライフ」
『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサがメガホンを取ったSFスリラー

7月28日(金)
「君の膵臓をたべたい」

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
1932年製作の『ミイラ再生』を新たによみがえらせたアクションアドベンチャー。

8月4日(金)
「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
世界的な人気を誇る荒木飛呂彦のコミックを実写映画化。メガホンを取るのは、『ヤッターマン』『忍たま乱太郎』など数々のアニメ作品の実写化に携わった三池崇史。

8月11日(金)
「スパイダーマン:ホームカミング」
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのトム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクション。

8月25日(金)
「ワンダーウーマン」
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。

8月26日(土)
「関ヶ原」
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。

9月15日(金)
「エイリアン:コヴェナント」
巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』シリーズの原点となるSFホラー。

9月23日(土)
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
人気作家・東野圭吾の小説を、『やわらかい生活』などの廣木隆一監督が映画化。

9月30日(土)
「ダンケルク」

10月6日(金)
「エルネスト」

10月27日(金)
「ブレードランナー 2049」

12月15日(金)
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
世界的な人気を誇る大ヒット作『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の第2章。


メッセージを送る