So-net無料ブログ作成
検索選択

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [映画]

「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ」見ました。

Captain_America-Civil_War-Poster.jpg

------------
マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。
アベンジャーズのメンバー同士でもあるキャプテン・アメリカとアイアンマンの対立を、あるテロ事件と絡めて活写していく。
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に引き続き、監督はアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ。
キャストにはロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソンら、一連のシリーズでおなじみの面々が結集する。
ハイパワーを繰り出して激突する2大ヒーローの姿に圧倒される。
------------

03281.jpg

アベンジャーズが分裂するという展開は無理があるかなと思っていたのですが、色々前作からの伏線もあり脚本が良くできていました。
特に最後の展開にはそうきたかと思いました。
監督のルッソ兄弟の演出も快調です。
という事で一気に見せますね。
アクションシーンの冴えは相変わらずさすが。
今回2D吹替えで見たのですが、話が凝っているので吹替えの方が良かったかも。
豪華キャストはみんな楽しいですが、ダニエル・ブリュールの悪役がうまいので説得力がありました。
新スパイダーマンのトム・ホランドはなかなか。「白鯨との闘い」に出ていましたね。
スパイダーマンのおばさんがマリサ・トメイなのは知らなかったのでびっくり。
新スパイダーマンもシリーズの続きも楽しみです。

ダウンロード (29).jpg

監督 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
脚本 クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
原案 マーク・ミラー、スティーブ・マクニーブン『シビル・ウォー』
原作 ジャック・カービー、ジョー・サイモン
音楽 ヘンリー・ジャックマン

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ - クリス・エヴァンス
ジェームズ・"バッキー"・バーンズ / ウィンター・ソルジャー - セバスチャン・スタン
サム・ウィルソン / ファルコン - アンソニー・マッキー
クリント・バートン / ホークアイ - ジェレミー・レナー
ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ - エリザベス・オルセン
スコット・ラング / アントマン - ポール・ラッド
トニー・スターク / アイアンマン - ロバート・ダウニー・Jr
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ - スカーレット・ヨハンソン
ジェームズ・"ローディ"・ローズ / ウォーマシン - ドン・チードル
ティ・チャラ / ブラックパンサー - チャドウィック・ボーズマン
ヴィジョン - ポール・ベタニー
ピーター・パーカー / スパイダーマン - トム・ホランド
シャロン・カーター / エージェント13 - エミリー・ヴァンキャンプ
ブラック・ラムロウ / クロスボーンズ - フランク・グリロ
ジーモ - ダニエル・ブリュール
サディアス・"サンダーボルト"・ロス - ウィリアム・ハート
エヴェレット・ロス - マーティン・フリーマン
ティ・チャカ国王 - ジョン・カニ
メイ・パーカー - マリサ・トメイ
ハワード・スターク - ジョン・スラッテリー
マリア・スターク - ホープ・デイヴィス

ちはやふる -下の句- [映画]

「ちはやふる -下の句-」見ました。

w600c-e_1958927.jpg

------------
競技かるたを題材にした末次由紀の人気コミックを、『海街diary』などの広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる』2部作の後編。
競技かるたに情熱を注ぎ全国大会を目指す高校生たちの物語を、前作同様『タイヨウのうた』などの小泉徳宏監督が描く。
ヒロインの幼なじみを野村周平と真剣佑が演じるほか、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也らが共演。
クイーンとしてヒロインの前に立ちはだかるライバルに松岡茉優がふんし、広瀬と真っ向勝負を繰り広げる。
------------

CeM-KqvUMAA_Sve.jpg

人気マンガの映画化です。前篇が非常に面白かったので後篇は上映初日に見ました。
後篇も面白かったです。
前後篇で今の所今年の邦画ベストワンです。
裏ベストワンは「リップヴァンウィンクルの花嫁」ですが。
後篇もかるた部の5人を始め役者がみないいです。
机くん役の森永悠希がやはり泣かせる。
上白石萌音も好演していました。
ファンの國村隼さんがいつもながらいいですね。
かるたクイーン役の松岡茉優も迫力があって良かった。
野村周平も良かったですね。前篇では出番が少なかった真剣佑も後篇は割と活躍しました。
小泉監督の演出も脚本も素晴らしい。
続編制作も決定したそうでめでたいです。
原作は友人に9巻まで借ているのでこれから読みます。

20151203-chihayafuruperfume07.jpg

原作 - 末次由紀『ちはやふる』
監督・脚本 - 小泉徳宏
音楽 - 横山克
主題歌 - PerfumeFLASH
綾瀬 千早 - 広瀬すず
真島 太一 - 野村周平
綿谷 新 - 真剣佑
大江 奏 - 上白石萌音
西田 優征 - 矢本悠馬
駒野 勉 - 森永悠希
須藤 暁人 - 清水尋也
木梨 浩 - 坂口涼太郎
若宮 詩暢 - 松岡茉優
宮内 妙子 - 松田美由紀
原田 秀雄 - 國村隼

4月末以降に見たい映画 [映画]

4月末以降に見たい映画です。

ついでに4月に見た映画です。

10.4/9 「あやしい彼女」
11.4/19「リップヴァンウィンクルの花嫁
12.4/20「スポットライト 世紀のスクープ」
13.4/23「アイアムアヒーロー」

4月29日(金)
「ちはやふる -下の句-」
競技かるたを題材にした末次由紀の人気コミックを、『海街diary』などの広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる』2部作の後編。
→これは今日見る予定。

「テラフォーマーズ」
『クローズZERO』シリーズや『藁の楯 わらのたて』などの鬼才三池崇史監督がメガホンを取り、人気SFアクション漫画を実写映画化。

「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ
マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。

スキャナー 記憶のカケラをよむ男」
狂言師の野村萬斎と、俳優としての評価も高い雨上がり決死隊の宮迫博之がコンビ役で共演したミステリー。
→ちょっと久々の金子修介監督の新作。

5月7日(土)
「ヒーローマニア-生活-」
人気漫画家・福満しげゆきの「生活【完全版】」を実写化したアクションコメディー。

「64-ロクヨン-前編」
『半落ち』などの原作者・横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで映画化した犯罪ドラマの前編。

5月14日(土)
「世界から猫が消えたなら」
『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健と『ソラニン』などの宮崎あおいが初共演を果たし、川村元気の小説を原作に描く感動のドラマ。

5月20日(金)
「GARMWARS ガルム・ウォーズ」
『攻殻機動隊』『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズなどの押井守が原作・脚本・監督を務めた話題作。

6月11日(土)
「64-ロクヨン-後編」

7月29日(金)
「シン・ゴジラ」
エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明が総監督を務め、不動の人気を誇るゴジラを映画化。

リバース/つかこうへい正伝 [本]

北國浩二「リバース」PHP文芸文庫

------------
プロをめざすバンドマン・柏原省吾はある日、恋人の美月から別れ話を切り出されてしまう。
省吾の幼馴染である妙子の交際相手のエリート医師・篠塚と付き合うというのだ。
その直後、省吾は不思議な能力があるといわれている少女とともに、篠塚が美月を殺しかけている光景を幻視する。
嫉妬ゆえの妄想か、それとも…!?彼は美月を守り、彼女との幸せを取り戻せるのか―二転三転の長篇ミステリ。
------------

北國浩二さんのミステリ小説です。
恋人から別れを告げられた主人公は元恋人の新しい交際相手が彼女を殺す光景を幻視します。
はたしてその光景は予言なのか。それとも妄想か。
中盤からのツイストの連続には参りました。そうくるか。
そしてラストには思わず涙しました。
本作はちょっと東野圭吾を思わせる所がありますね。
面白かったので北國さんの作品読んでみようと思います。


長谷川康夫「つかこうへい正伝」新潮社

------------
時代を変えた天才演出家、つかこうへい。
しかし、その真の姿が伝えられてきたことは、かつてなかった―。
70年代の“つかブーム”を共にした著者が風間杜夫を始め関係者を徹底取材。
怒涛の台詞が響き渡る“口立て”稽古、伝説の舞台、そして人間つかこうへいを鮮やかに描き出す!
狂熱の演出家、唯一無二の評伝。
------------

長谷川康夫さんによるつかこうへいの評伝です。
初期のつかこうへいの演劇活動や小説などの執筆に濃厚に関わった著者が関係者への徹底した取材をまとめています。
サディステックに役者をいたぶるつか流の演出を描いています。
ちょっとあまり体験したくない感じですが、その演出うらはらのやさしさに著者をはじめとする人々は魅了されたんでしょうね。
演劇も見ていないしつかさんのあまりいい読者でもないのですが、面白かったです。


リバース (PHP文芸文庫)

リバース (PHP文芸文庫)




リバース

リバース

  • 作者: 北國 浩二
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



つかこうへい正伝 1968-1982

つかこうへい正伝 1968-1982

  • 作者: 長谷川 康夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/11/18
  • メディア: 単行本



つかこうへい正伝 1968-1982

つかこうへい正伝 1968-1982

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/11/18
  • メディア: Kindle版



アイアムアヒーロー [映画]

「アイアムアヒーロー」見ました。

iaah_thumb.jpg

------------
ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー
突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。
メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。
『青天の霹靂』などの大泉洋、『女子ーズ』などの有村架純、『モテキ』などの長澤まさみら実力派が出演。
スリルと恐怖が次々と押し寄せる展開はもちろん、鮮烈なビジュアルも見もの。
------------

206857.jpg

花沢健吾の原作は読んでいますが、まだ完結していないので色々と脚色は大変だったと思います。
特にゾンビ映画ファンという訳ではないですが、本作はゾンビ映画として安定して面白かったです。
片瀬那奈演じるてっこは3人で演じているそうです。撮影大変だったでしょうね。
ラストの銃撃シーンは凄かったです。
カーアクションも日本映画ばなれした出来でした。
面白いのですが、スプラッター描写はかなりあるので、苦手な人は注意。

main (12).jpg

原作 - 花沢健吾『アイアムアヒーロー』
監督 - 佐藤信介
脚本 - 野木亜紀子
音楽 - ニマ・ファクララ
鈴木英雄 - 大泉洋
早狩比呂美 - 有村架純
伊浦 - 吉沢悠
サンゴ - 岡田義徳
てっこ - 片瀬那奈
中田コロリ - 片桐仁
松尾 - マキタスポーツ
三谷 - 塚地武雅

東京都三多摩原人/多々良島ふたたび/スラムオンラインEX [本]

久住昌之「東京都三多摩原人」朝日新聞出版

------------
歩くことは、思い出すこと。
『孤独のグルメ』などで人気のマンガ原作者が、地元・東京三多摩地方を40年ぶりに散歩。
歩きながら、思いは野性味あふれる少年時代にタイムスリップ
母が作るせりそばやぬか漬けなど、少年時代のささやかながら豊かな食生活は、著者の作品の原点を垣間見せる。
実弟・久住卓也のイラストもノスタルジーあふれる、街歩き&自伝的エッセイ。
------------

「孤独のグルメ」の久住昌之さんの街歩きエッセイです。
久住さんは東京多摩生まれでかって神奈川県だったという地元・東京三多摩地方を歩きながら過去の思い出を語ります。
とはいえ特に目的も定めずにちょっと美味しそうな料理やお酒、銭湯や温泉に入り、と楽しそうに歩きながら過去に思いをはせます。
南武線沿線に住んでいた事もあって場所によって知らない所もありましたが、面白いエッセイでした。


「多々良島ふたたび-ウルトラ怪獣アンソロジー-」早川書房

------------
本篇の再解釈に挑む山本弘、正義の化身となった女子高生の苦悩を描く小林泰三の短篇ほか、北野勇作、三津田信三、田中啓文、酉島伝法、藤崎慎吾が日本SFの象徴的イコンをリスペクトする計七作。
------------

ウルトラQに始まるウルトラシリーズを題材にしたアンソロジーです。
SFマガジンに掲載された物です。どれもユニークな解釈で読ませます。
ウルトラシリーズに思い入れがあった方が面白いでしょうが、SF短編集としても読ませますね。
やはり山本弘さんの作品が一番面白かったかな。


桜坂洋「スラムオンラインEX」ハヤカワ文庫JA

------------
Aボタンをクリック。ぼくはテツオになる―現実への違和感を抱えた大学1年の坂上悦郎は、オンライン対戦格闘ゲーム“バーサス・タウン”のカラテ使い・テツオとして、最強の格闘家をめざしていた。
大学で知りあった布美子との仲は進展せず、無敵と噂される辻斬りジャックの探索に明け暮れる日々。
リアルとバーチャルの狭間で揺れる悦郎はついに最強の敵と対峙するが―外伝短篇「エキストラ・ラウンド」を加えた新版。
------------

「All You Need Is Kill」の桜坂洋さんの格闘ゲームの世界を描いた長編です。
現実に違和感を感じつつ格闘ゲームにあけくれる主人公は、無敵と噂される辻斬りジャックと対決しようとします。
ついに最強の敵と対決した時に見えてきた物とは。
格闘ゲームの世界は良く知りませんが、小説として面白かったです。
外伝短編も収録しています。


東京都三多摩原人

東京都三多摩原人

  • 作者: 久住昌之
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: 単行本



東京都三多摩原人

東京都三多摩原人

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: Kindle版



多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)

多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)

  • 作者: 山本 弘
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: 単行本



スラムオンラインEX (ハヤカワ文庫JA)

スラムオンラインEX (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 桜坂洋
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 文庫



スラムオンライン EX

スラムオンライン EX

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/05/25
  • メディア: Kindle版



血涙-新楊家将-/サンドウィッチは銀座で/陽気なギャングは三つ数えろ [本]

北方謙三「血涙-新楊家将-」PHP文庫

------------
宋建国の英雄・楊業の死から2年。息子たちに再起の秋が訪れる。
楊家軍再興―。六郎は、父が魂を込めて打った剣を佩き、戦場へ向かう。
対するのは、強権の女王率いる遼国の名将・石幻果。
剣を交えた瞬間、壮大な悲劇が幕を開ける。
軍閥・楊一族を描いて第38回吉川英治文学賞に輝いた『楊家将』の続編でありながら新展開。
『水滸伝』『楊令伝』に登場する宝刀「吹毛剣」の前史がここにある。
------------

北方謙三さんの「楊家将」の続編です。
前作から2年後。父の死後、生き残った楊家の息子たちは楊家軍を再興しようとします。
一方、遼国には石幻果という謎の将軍が登場していました。
両軍が激突した時に謎が明らかになります。前作と同じく戦闘シーンがいいですね。
今回は前作から引き継いでの設定に楊家の息子たちの運命の皮肉な展開もあり一気に読ませました。


平松洋子 谷口ジロー・画「サンドウィッチは銀座で」文春文庫

------------
きゅるるるーっとお腹の虫が暴れ出す。
飽くなき好奇心と胃袋で“いまの味”を探し求めた絶品エッセイに、谷口ジローの漫画がかけあわさって、春夏秋冬おいしい競演!
------------

平松洋子さんの食べ歩きエッセイです。
2作目の「サンドウィッチは銀座で」を先に読んでしまったのですが、1作目のこちらも当然面白い。
谷口ジローさんの漫画、1作目は割とイラストっぽいですね。
2作目はもっとマンガらしかったです。連載は続いている様なので3作目も楽しみです。


伊坂幸太郎 「陽気なギャングは三つ数えろ」ノン・ノベル

------------
陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。
だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。
正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。
蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!
必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが!
人気シリーズ、九年ぶりの最新作!
------------

映画コミック化もされた伊坂幸太郎さんの人気シリーズの9年ぶりの3作目。
特殊な能力を持つ銀行強盗の4人組が事件に巻き込まれます。
最低のハイエナ記者に脅迫された4人組は反撃に出ますが、、
伊坂さんらしく周到に張り巡らされた伏線を鮮やかに回収するラストが爽快です。

血涙(上) (PHP文庫)

血涙(上) (PHP文庫)




血涙(下) (PHP文庫)

血涙(下) (PHP文庫)

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: 文庫



サンドウィッチは銀座で (文春文庫)

サンドウィッチは銀座で (文春文庫)

  • 作者: 平松 洋子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: 文庫



サンドウィッチは銀座で いまの味 (文春文庫)

サンドウィッチは銀座で いまの味 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: Kindle版



陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)

  • 作者: 伊坂幸太郎
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2015/10/08
  • メディア: 新書



陽気なギャングは三つ数えろ (NON NOVEL)

陽気なギャングは三つ数えろ (NON NOVEL)

  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: Kindle版



スポットライト 世紀のスクープ

「スポットライト 世紀のスクープ」見ました。

97903bee6b452a93dc1e4a6955831841.jpg

------------
アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。
カトリック系住民が多いボストンで、神父による児童への性的虐待事件を暴露した新聞記者らの困惑と共に、次々と明らかになる衝撃の真実を描き出す。
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートンが記者を好演。
複雑に絡み合う事件の根の深さに慄然とする。
------------

maxresdefault (7).jpg

ボストンの新聞記者たちがカトリック教会の児童性的虐待事件を暴いた実話の映画化です。
キャストは豪華ですが、実話の映画化という事もあって地味な映画です。
地味ながらじっくりと手堅い演出なので、だれずに見せますが。
配役は豪華でマーク・ラファロ、マイケル・キートン、リーヴ・シュレイバー、スタンリー・トゥッチあたりうまいですね。
ファンのレイチェル・マクアダムスは美しさを抑えて好演していますが、今後も娯楽作品にも出て欲しいですね。
地味という事もありますが、カトリック教会の醜聞を暴くと言うお話の重さが日本人としてはちょっと分かりにくいです。
レイチェル・マクアダムスの敬虔な祖母の受ける衝撃とかも描かれてはいますが。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』教会のスキャンダルを暴く - レイチェル・マクアダムスにインタビュー
http://www.fashion-press.net/news/20573

1 (2).jpg

監督 トム・マッカーシー
脚本 ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー
音楽 ハワード・ショア
撮影 マサノブ・タカヤナギ
マーク・ラファロ - マイケル・レゼンデス
マイケル・キートン - ウォルター・“ロビー”・ロビンソン
レイチェル・マクアダムス - サーシャ・ファイファー
リーヴ・シュレイバー - マーティ・バロン
ジョン・スラッテリー - ベン・ブラッドリー・ジュニア
ブライアン・ダーシー・ジェームズ - マット・キャロル
スタンリー・トゥッチ - ミッチェル・ギャラベディアン (弁護士)
ジーン・アモローソ - スティーヴン・カークジャン (『ボストン・グローブ』総合調査記者)
ジェイミー・シェリダン - ジム・サリヴァン (教会側の弁護士)
ビリー・クラダップ - エリック・マクリーシュ (弁護士)
モーリーン・キーラー - アイリーン・マクナマラ 『ボストン・グローブ』コラムニスト)
リチャード・ジェンキンス - リチャード・サイプ (心理療法士) (電話音声、クレジットなし)
ポール・ギルフォイル - ピーター・コンリー
レン・キャリオー - バーナード・ロー枢機卿
ニール・ハフ - 聖職者による虐待被害者ネットワーク (SNAP) のフィル・サヴィアーノ
マイケル・シリル・クレイトン - ジョー・クロウリー
ローリー・ハイネマン - コンスタンス・スウィーニー判事

リップヴァンウィンクルの花嫁 [映画]

「リップヴァンウィンクルの花嫁」見ました。

poster2 (39).jpg

ちょっと話の展開に触れています。


vis06_05.jpg

------------
『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』などの岩井俊二がメガホンを取り、『小さいおうち』などの黒木華と『新宿スワン』などの綾野剛が共演したドラマ
派遣教員のヒロインが義母に浮気の濡れ衣を着せられ、家を追い出されながらも、なんでも屋の男や不思議な住み込みメイド仲間と交流していく姿を描く。
黒木と綾野のほかミュージシャンのCocco、原日出子、地曵豪らが共演。
------------


12627972_1684322325117955_390335431_n.jpg

やっと見ました。上映館が少なくて、、、
とても面白かったのですが、ちょっとお話の解釈には悩みます。
黒木華は本作でも素晴らしいです。
彼女を見ているだけで楽しい。映画女優だ!と言いたくなります。
原作はCMのオーディションで黒木華に注目した監督の当て書きだそうですね。
綾野剛は怪しげな役を好演していますが、この役の解釈にちょっと悩みました。
前半はメフィストテレスというか悪魔みたいな役かと思いましたが、後半、連想したのは居残り佐平次。
頼まれた仕事を完璧にこなすプロというか。
ただ、最後まで見ても悪なのか善なのかが分からない所が面白かったです。
Coccoという人は本業は歌手だそうですが、独特の存在感ありました。


監督・脚本・原作 岩井俊二
音楽 桑原まこ
皆川 七海 - 黒木華
安室 行舛 - 綾野剛
里中 真白 - Cocco
鶴岡 カヤ子 - 原日出子
鶴岡 鉄也 - 地曵豪
高嶋 優人 - 和田聰宏
滑 - 佐生有語
皆川 博徳 - 金田明夫
皆川 晴海 - 毬谷友子
恒吉 冴子 - 夏目ナナ
里中 珠代 - りりィ

芝村裕吏「マージナル・オペレーション」 [本]

芝村裕吏「マージナル・オペレーション」1-5巻 星海社

------------
三〇歳のニート、アラタが選んだ新しい仕事、それは民間軍事会社―つまり、傭兵だった。
住み慣れたTOKYOを遠く離れた中央アジアの地で、秘められていた軍事的才能を開花させていくアラタ。
しかし、点数稼ぎを優先させた判断で、ひとつの村を滅ぼしてしまう。
モニターの向こう側で生身の人間が血を流す本物の戦場で、傷を乗り越えたアラタが下した決断とは―?
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が贈る、新たな戦いの歴史が、今はじまる。
------------

芝村裕吏さんの長編小説です。
ニートの主人公が選んだ仕事、それは海外で戦争を指揮する事でした。
思いもかけず主人公には軍事的才能があり、1巻で意外ななりゆきから軍事会社から独立し、子供兵を率いて戦っていく事になります。
軍事的なうんちくが面白いのですが、読者は選ぶかなあ。
なにせ子供兵を率いて敵を殺しまくるので。
だんだん戦闘のスケールが大きくなり、2巻では日本でのテロ組織との戦い。
3巻以降はビルマで中国軍と戦う事になります。
外伝の続編も出ていて、面白かったので読んでみる予定です。


マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)




マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)

マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)

  • 作者: 芝村 裕吏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)

マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)

  • 作者: 芝村 裕吏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/02/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)

マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)

  • 作者: 芝村 裕吏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)

マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)

  • 作者: 芝村 裕吏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



メッセージを送る