So-net無料ブログ作成
検索選択

2月以降に見たい映画 [映画]

2月以降に見たい映画です。

ついでに1月に見た映画です。

1.1/16「白鯨との闘い」

1月30日(土)
ブラック・スキャンダル」
ジョニー・デップが主演を務めた実録クライムドラマ。実在するアイリッシュ・マフィアのボス、ジェイムズ・“ホワイティ”・バルジャーが裏社会でのし上がっていく姿を追う。

2月5日(金)
オデッセイ
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。

2月6日(土)
「不屈の男 アンブロークン」
アンジェリーナ・ジョリーが『最愛の大地』に続いてメガホンを取り、第2次世界大戦で日本軍の捕虜となったオリンピックアスリートの半生を感動的に描いた戦争ドラマ

「ザ・ガンマン」
オスカー俳優ショーン・ペンが、『96時間』などのピエール・モレル監督と組んだアクション。

2月13日(土)
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」
太川陽介と蛭子能収のコンビが人気のテレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の劇場版。

2月19日(金)
「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチ出演のテレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズの特別編。

3月5日(土)
セーラー服と機関銃 -卒業-」
赤川次郎の小説「セーラー服と機関銃・その後-卒業-」を実写化した異色の青春ムービー。

3月19日(土)
「僕だけがいない街」
三部けいによるミステリー漫画を、『ツナグ』などの平川雄一朗監督が映画化。

3月25日(金)
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
世界的な人気を誇るバットマンとスーパーマンが共演を果たしたアクション大作。

4月23日(土)
「アイアムアヒーロー」
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。

4月29日(金)
「テラフォーマーズ」
『クローズZERO』シリーズや『藁の楯 わらのたて』などの鬼才三池崇史監督がメガホンを取り、人気SFアクション漫画を実写映画化。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」
マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。

5月7日(土)
「64-ロクヨン-前編」
『半落ち』などの原作者・横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで映画化した犯罪ドラマの前編。

5月20日(金)
「GARMWARS ガルム・ウォーズ」
『攻殻機動隊』『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズなどの押井守が原作・脚本・監督を務めた話題作。

6月11日(土)
「64-ロクヨン-後編」

7月29日(金)
「シン・ゴジラ」
『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明が総監督を務め、不動の人気を誇るゴジラを映画化。

ロスジェネの逆襲/銀翼のイカロス/下品こそ、この世の花/市川崑と『犬神家の一族』 [本]

池井戸潤「ロスジェネの逆襲」ダイヤモンド社

------------
人事が怖くてサラリーマンが務まるか!
ドラマ化も果たした「半沢直樹」シリーズ第3弾となる『ロスジェネの逆襲』は、バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。
親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。
ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。
直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!
------------

池井戸潤さんの半沢直樹シリーズの3作目です。
銀行配下の証券会社に出向した半沢は親会社からの陰謀に立ち向かいます。
部下や同期の仲間と共に銀行に知恵を振り絞って対抗します。
最後の鮮やかな逆転劇はちょっとうまく行きすぎますが、そこがいいですね。
ラストは半沢は銀行に戻ってきます。


池井戸潤「銀翼のイカロス」ダイヤモンド社

------------
半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!新たな敵にも倍返し!!
頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、500億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。
政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い――プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?
------------

半沢直樹シリーズの4作目。今回、半沢は頭取命令で帝国航空の再建に取り組みます。
対立するのは政権交代で突然、無理な債権放棄を求めてくる再生タスクフォース。
背後には大物政治家がいて、政治的なごり押しをし、行内にも派閥争いがあります。
今回のモデルは明らかに日本航空と民主党ですね。
ラストの鮮やかな逆的劇は相変わらず読ませますが、ちょっと意外な展開でシリーズの今後が気になります。


鈴木則文「下品こそ、この世の花」筑摩書房

------------
映画トラック野郎」シリーズや「緋牡丹博徒」シリーズなど、東映娯楽映画のヒットメーカーとして活躍した著者が、映画に対する思いを書き綴ったエッセイ集。
------------

映画監督の鈴木則文さんのエッセイ集です。
映画に関する熱い思いや、数々の映画での貴重な証言など、読ませます。
「緋牡丹博徒」シリーズへの思いは特に熱いですね。


春日太一「市川崑と『犬神家の一族』」新潮新書

------------
生誕百年を迎える、日本映画界の巨匠・市川崑。その作品は現在も色褪せない。
『ビルマの竪琴』『黒い十人の女』『炎上』『東京オリンピック』『細雪』など、実に多彩なジャンルの名作を撮り続けたその監督人生をたどり、“情”を解体するクールな演出、襖の映り方から涙の流れ方まで徹底的にこだわり抜いた画作りなど、卓抜な映画術に迫る。
『犬神家の一族』の徹底解剖、“金田一耕助”石坂浩二の謎解きインタビューも収録
------------

春日太一さんが市川崑監督を取り上げた新書です。
春日さんの本はどれも面白いですが、本書も読ませます。
映画を見始めたのが市川監督の低迷期だったという事もあり、あまり興味がなかったという事ですが、初期作品から監督人生をたどります。
情を解体するクールな演出が市川監督の特徴だと春日さんは言います。
『犬神家の一族』の徹底解剖、石坂浩二のインタビューも読みごたえがあります。
また、名プロデューサーでもあった奥さんの和田夏十さんが亡くなった「細雪」を最後に以後は駄作ばかりという厳しい指摘、吉永小百合を”監督クラッシャー”と評する辛辣さにも驚きますが、納得です。
面白かったです。


ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: 文庫



ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/06/28
  • メディア: Kindle版



銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: Kindle版



下品こそ、この世の花: 映画・堕落論 (単行本)

下品こそ、この世の花: 映画・堕落論 (単行本)

  • 作者: 鈴木 則文
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/11/20
  • メディア: 単行本



市川崑と『犬神家の一族』 (新潮新書)

市川崑と『犬神家の一族』 (新潮新書)

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: 新書



谷甲州「覇者の戦塵1944 本土防空戦 前哨」 [本]

谷甲州「覇者の戦塵1944 本土防空戦 前哨」C-NOVELS

ネタバレ注意。

------------
サイパン島での日本守備隊の頑強な抵抗により、米軍の攻撃目標は硫黄島へと移る。
本土では空襲に備えた戦闘訓練中、敵偵察機が出現。
夜間戦闘機・極光は追跡を開始するが.!?
------------

1931年に北満州で油田が発見されて歴史が変る谷甲州さんの仮想戦記シリーズ最新刊です。
角川ノベルズから数えると通算で39巻目。
タイトルは本土防空戦ですが、本土での戦いは割と短く、硫黄島での戦いが中心です。
相変わらず渋い展開ですが、ミサイル関係の発展は凄いものがありますね。
そのあたりが航空宇宙軍史につながるのでしょうか。
今回、終わりにむけて作者は悪役の各務大佐を退場させる予定だったそうですが、、結果は、、
完結はまだまだ先ですかね。

覇者の戦塵1944 - 本土防空戦 前哨 (C・NOVELS)

覇者の戦塵1944 - 本土防空戦 前哨 (C・NOVELS)




覇者の戦塵1944 本土防空戦 前哨 (C★NOVELS)

覇者の戦塵1944 本土防空戦 前哨 (C★NOVELS)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/01/25
  • メディア: Kindle版



オレたちバブル入行組/オレたち花のバブル組/この素晴らしき世界!?/トラック野郎風雲録 [本]

池井戸潤「オレたちバブル入行組」文春文庫

------------
大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。
支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。
すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。
四面楚歌の半沢には債権回収しかない。
夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。
そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。
------------

池井戸潤さんの半沢直樹シリーズの1作目です。
ドラマ化もされ評判になりましたが、ドラマは見ていません。
さすがは池井戸さん読ませますね。
半沢の責任を押し付けられた状況からの鮮やかな逆転劇が爽快。
まあリアリズムではないですが、銀行員だった池井戸さんは承知の上でしょうね。


池井戸潤「オレたち花のバブル組」文春文庫

------------
「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。
巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。
銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。
四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。
------------

半沢直樹シリーズの2作目。
東京に戻った半沢が再び困難な状況に追い込まれます。
銀行内部での暗闘、金融庁との対決と相変わらず読ませます。
最後はもちろん鮮やかながら、ラストはちょっと意外な展開で3作目に続く。
3,4作目もこれから読むのが楽しみです。


中野翠「この素晴らしき世界!?」毎日新聞社

------------
毎年恒例のお楽しみ! 「サンデー毎日」の人気コラム「満月雑記帳」1年分の書籍化(2014年11月~2015年10月分)。
連載30年目に突入。加齢による感受性の鈍りに怯えつつ、好きな映画や本のことになるとドキドキ、ワクワク、話は尽きない。
若者たちの事件に心を痛め、幼稚なスマホのCMに怒り、にわかラグビーファンとなり……。
いろいろあったけど、やっぱり人生って面白い!改めてそう思ったこの一年。
ベスト映画、本、落語、芸能など胸を熱くした数々の話題を軽快な文章で振り返る。
------------

サンデー毎日連載の中野翠さんのエッセイ集です。連載30年目。
最初の頃から読んでいるのですが、やはり個人的には中野さんの映画評には異論が多いですね。
まあ納得できる時もあるのですが。
最近私も割と落語を聞いているので、古今亭文菊さんを推しているのには共感しますが。


鈴木則文「トラック野郎風雲録」国書刊行会

------------
涙と笑い、義理と人情、下ネタとお色気、アクションとメロドラマが渾然一体となった奇跡のエンターテインメント、大衆娯楽映画の金字塔『トラック野郎』。
ファンの心をつかみ続ける大ヒットシリーズの魅力を監督自ら綴る痛快回想録。
全身娯楽映画監督、初のエッセイ集。
------------

映画監督の鈴木則文さんが代表作のトラック野郎シリーズについて書いたエッセイ集です。
元々は愛川欽也の企画でそれほど東映も期待せずに作った1作目が大ヒットし、正月と夏休み
年2回のシリーズとなります。
出演した俳優やスタッフなどのエピソードも豊富で面白かったです。
このシリーズはあまり見ていないのですが、一昨年、菅原文太さんの追悼でテレビで放映されたので見ました。


オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/12/06
  • メディア: 文庫



オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/12/10
  • メディア: 文庫



オレたちバブル入行組

オレたちバブル入行組

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/12/10
  • メディア: Kindle版



オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/12/10
  • メディア: Kindle版



この素晴らしき世界!?

この素晴らしき世界!?

  • 作者: 中野 翠
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2015/12/12
  • メディア: 単行本



この素晴らしき世界!?

この素晴らしき世界!?

  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2015/12/12
  • メディア: Kindle版



トラック野郎風雲録

トラック野郎風雲録

  • 作者: 鈴木 則文
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2010/05/24
  • メディア: 単行本



新トラック野郎風雲録 (ちくま文庫)

新トラック野郎風雲録 (ちくま文庫)

  • 作者: 鈴木 則文
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/01/08
  • メディア: 文庫



ダンジョン飯2/ドリフターズ [本]

九井諒子「ダンジョン飯2」ビームコミックス

------------
餓死の恐れと隣り合わせで、ダンジョンを進むライオス一行。
地下3階で彼らを待っていたのは、ゾンビに幽霊、生ける絵画や、ゴーレムといった食べられないモンスターばかり。
この未曾有の危機を、どう乗り越えるのか!?
知られざる魔物の生態と、食への活用法が、いま明かされる!
空腹と戦う、全てのダンジョン攻略者に捧ぐ。
はらぺこダンジョンファンタジー第2巻
------------

友人借た本です。
九井諒子さんのダンジョンで冒険しながら食べられるモンスターで食事をするという話。
やはりゲームをやっている人にこそ面白いですかね。
1巻を読んだ時はネタ切れにならないかなと思いましたが、2巻も面白いです。続巻も楽しみ。


平野耕太「ドリフターズ」少年画報社

------------
紀元1600年、天下分け目の関ヶ原……敵陣突破の撤退戦「島津の退き口」「捨てがまり」で敵将の首を狙うは島津豊久!!
生死の狭間で開いた異世界への扉……現在では無い何時か、現実では無い何処かへ、戦国最強のサムライは、新たな戦世界へ招かれる!!
異才・平野耕太が描く新世界が今、拡がる……
------------

友人に借りた本です。
とりあえず3巻まで読みました。面白いですね。
関ヶ原の戦いのさ中、島津豊久は異世界へ飛ばされます。
その世界で豊久は新たな戦いに。
とにかく信長や那須の与一、土方にジャンヌ・ダルクと異世界で登場するキャラが楽しい。
ハンニバルにスキピオ、山口多聞まで、、
4巻まで出ていてなかなか続きが出ない様ですが、楽しみです。


ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)




ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 平野 耕太
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: コミック



ドリフターズ(2) (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ(2) (ヤングキングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2011/10/13
  • メディア: Kindle版



ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 平野 耕太
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2013/03/18
  • メディア: コミック



ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: Kindle版



ドリフターズ(2) (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ(2) (ヤングキングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2011/10/13
  • メディア: Kindle版



ドリフターズ(3) (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ(3) (ヤングキングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2013/03/18
  • メディア: Kindle版



白鯨との闘い [映画]

「白鯨との闘い」見ました。

白鯨との闘い.jpg

------------
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ
19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。
主人公を『アベンジャーズ』シリーズなどのクリス・ヘムズワースが演じ、『ダ・ヴィンチ・コード』などのロン・ハワードが監督を担当。
大海原で繰り広げられるクジラと人間の究極の闘いに息をのむ。
------------

news_header_IntheHeartoftheSea_20160114_01.jpg

メルヴィルの「白鯨」の元になった実話を元にした映画です。
さすが、ロン・ハワード監督、しっかりした映画でした。
メルヴィルが航海の最後の生き残りの船員を訪ねる所から始まります。
帆船での航海を再現した撮影は大変だったでしょうね。
白鯨との闘いよりもクリス・ヘムズワースの一等航海士とベンジャミン・ウォーカーの船長の葛藤など人間ドラマが中心ですね。
ヘムズワースの頼りがいのある役もよかったですが、個人的には人間的な弱さのある役を演じるウォーカーも良かったと思います。
メルヴィル役は今の007シリーズのQ役のベン・ウィショーでした。
キリアン・マーフィーも出ていました。
最年少の船員役のトム・ホランドは新スパイダーマンの主役が決定しているそうです。

20151218_155258_size640wh_5521.jpg

監督・製作 ロン・ハワード
脚本 チャールズ・レーヴィット
原案 チャールズ・レーヴィット、リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー
原作 ナサニエル・フィルブリック『復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇』
音楽 ロケ・バニョス
オーウェン・チェイス - クリス・ヘムズワース
ジョージ・ポラード・Jr - ベンジャミン・ウォーカー
マシュー・ジョイ - キリアン・マーフィー
トマス・ニッカーソン - トム・ホランド
老年期のトマス・ニッカーソン - ブレンダン・グリーソン
ハーマン・メルヴィル - ベン・ウィショー
ミセズ・ニッカーソン - ミシェルフェアリー
オーウェン・コフィン - フランク・ディレイン
カレブ・チャペル - ポール・アンダーソン
ペギー - シャーロット・ライリー
ポール・メイシー - ドナルド・サンプター
フィービー・チェイス - ブルック・ディモック

鉄腕アトムの歌が聞こえる/孤児たちの軍隊5/エドノミクス/蛭子の論語/東映ゲリラ戦記 [本]

橋本一郎「鉄腕アトムの歌が聞こえる」少年画報社

------------
戦後70年、今や日本が世界に誇れるPOPカルチャーに発展し、クールジャパンの先頭を走る「漫画・マンガ・コミック」。
これを隆盛たらしめた天才漫画家・手塚治虫。(1928~1989)
日本で初めてTVアニメを作り、漫画界のみならず、アニメーションや出版をはじめあらゆるジャンルに挑み、亡くなる直前まで現役作家であり続けた手塚治虫の創作秘話と、その周辺の驚きのエピソード……。
------------

朝日ソノラマでアトム主題歌のソノシートを作った縁で手塚と関わった橋本さんが手塚について書いた本です。
前半はデビューからの手塚のエピソードをまとめ、後半は作者と手塚らのアニメやドラマ主題歌のソノシート化や出版に関する話です。
後半の作者が直接関わったエピソードの方が面白いですね。


ロバート・ブートナー「孤児たちの軍隊5-星間大戦終結-」ハヤカワ文庫SF

------------
地球がナメクジ型異星人に攻撃されてから30年、ヒブル大佐率いる科学者チームは、ついに敵を殱滅する新型爆弾を開発する!
だが、肝心の敵の母星の位置がどうしてもわからない。
惑星バイクセルが異星人に再占領されたとの情報を得たワンダー中将は、ヒブル大佐とともに惑
星バイクセルに急行する。
異星人兵士をあやつる脳の役目を果たす生命体を生け捕りにして、その本拠地をつきとめるために…壮大な戦争SF堂々完結!
------------

ロバート・ブートナーのミリタリーSFシリーズ完結編です。
主人公ジェイソンは異星人の母星を突き止めるために脳にあたる生命体を生け捕りにする作戦に参加します。
その後も色々とありますが、しっかりと完結しました。
この後の世界を描いたシリーズもあるそうなので翻訳されるのを待ちたいです。


飯田泰之・春日太一「エドノミクス 歴史と時代劇で今を知る」扶桑社

------------
時代劇の中の真実味から「経済」や「政治」を読み解く。
なぜ、徳川家康は嫌われるのか?
「忠臣蔵」作品から、製作当時の時代の空気が見えてくる?
“暴れん坊将軍"吉宗人気には、日本人特有の権力者待望
論がある!?260年という超長期政権が終わった理由は?
司馬遼太郎が築き、そして壊したものとは?
------------

経済学者の飯田泰之さんと映画研究者の春日太一さんの江戸時代に関する共著です。
対談とそれぞれのコラムが収録されています。
飯田さんの江戸経済史のまとめも面白いですし、時代劇と現実の江戸を対比する春日さんの視点も面白いです。
お二人は高校の先輩後輩の間柄でもあるそうです。


蛭子能収「蛭子の論語」角川新書

------------
四十にして惑い、五十でも天命など知らない。気づけば、もう、68歳。
「現代の自由人」こと蛭子能収が「論語」を読んでみた!
ズレているのは蛭子か、孔子か、はたまた時代か。今を自由に生きるためのヒントが満載。
------------

蛭子能収さんが論語を読んでその感想をまとめた本です。
蛭子さんと論語?と思いますが、割と論語の説と意見が合った様で、意外と面白かったです。


鈴木則文「東映ゲリラ戦記」筑摩書房

------------
ポルノ!コメディ!アクション!1970年代を駆け抜けたB級娯楽映画の熱き舞台裏!
------------

映画監督の鈴木則文さんが、70年代の自作についてまとめた本です。
鈴木さんは70年代はトラック野郎シリーズがありますが、そちらはすでに別の本になっているのでそれ以外の東映ポルノ路線や「伊賀野カバ丸」などのコメディやアクション映画について語っています。
貴重な証言が多く面白かったです。
鈴木さんは2014年に亡くなられたので、証言が残されたのは良かったです。





孤児たちの軍隊5-星間大戦終結- (ハヤカワ文庫SF)

孤児たちの軍隊5-星間大戦終結- (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ロバート・ブートナー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: 文庫



孤児たちの軍隊5 星間大戦終結 (ハヤカワ文庫SF)

孤児たちの軍隊5 星間大戦終結 (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/10/25
  • メディア: Kindle版



エドノミクス~歴史と時代劇で今を知る

エドノミクス~歴史と時代劇で今を知る

  • 作者: 飯田 泰之
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2014/05/31
  • メディア: 単行本



エドノミクス 歴史と時代劇で今を知る (SPA!BOOKS)

エドノミクス 歴史と時代劇で今を知る (SPA!BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2014/06/03
  • メディア: Kindle版



蛭子の論語  自由に生きるためのヒント (角川新書)

蛭子の論語 自由に生きるためのヒント (角川新書)

  • 作者: 蛭子 能収
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 新書



蛭子の論語 自由に生きるためのヒント (角川新書)

蛭子の論語 自由に生きるためのヒント (角川新書)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: Kindle版



東映ゲリラ戦記 (単行本)

東映ゲリラ戦記 (単行本)

  • 作者: 鈴木 則文
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2013/11/25
  • メディア: 単行本



虚ろな十字架/天冥の標IX/我もまたアルカディアにあり [本]

東野圭吾「虚ろな十字架」光文社

------------
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。
東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。
私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。
------------

東野圭吾さんの長編小説です。
別れた妻が殺された事から事件に巻き込まれていく主人公がたどりつく意外な真相とは。
東野さんらしくじっくりと読ませますが、ラストの後味は重いですね。


小川一水「天冥の標IX ヒトであるヒトとないヒトと part1」ハヤカワ文庫JA

------------
カドム、イサリらは、ラゴスの記憶を取り戻すべく、セレスの地表にあるというシェパード号をめざしていた。
しかし、セレス・シティの廃墟に到達した彼らを、倫理兵器たる人型機械の群れが襲う。
いっぽう新民主政府大統領のエランカは、スキットルら《恋人たち》の協力も得て、《救世群》への反転攻勢に転ずるが――
------------

小川一水さんの10巻構想のSF大長編最新刊です。9巻の1。8巻の続きです。
カドムとイサリの世界の秘密を明かす冒険行、さまざまな登場人物が交錯し先の読めない展開です。
8巻まででえんえんと張られてきた伏線の一つに解答があり、はらはらさせながら読ませたラストには、実に意外な展開と圧倒的なSFビジョンがありました。
part2が早く読みたいですね。さすが小川一水です。


江波光則「我もまたアルカディアにあり」ハヤカワ文庫JA

------------
我々は世界の終末に備えています―そう主張する団体により建造されたアルカディアマンション。
そこでは働かずとも生活が保障され、ただ娯楽を消費すればいいと言うが…
創作のために体の一部を削ぎ落とした男の旅路「クロージング・タイム」、大気汚染下でバイクに乗りたい男と彼に片思いをする不器用な少女の物語「ラヴィン・ユー」など、鬼才が繊細な筆致で問いかける閉塞した天国と開放的な煉獄での終末のかたち。
------------

江波光則さんのSF長編です。
世界の終末に備えるというアルカディアマンションをめぐる数世代の物語です。
時代も異なり、語り手も変わっていくのですが、その語り手につながりがある事が分かってきます。
背景には震災と原発事故の影響がありますね。
なかなか読ませる話でした。


虚ろな十字架

虚ろな十字架




天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)

天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 文庫



天冥の標Ⅸ PART1 ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標Ⅸ PART1 ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/25
  • メディア: Kindle版



我もまたアルカディアにあり (ハヤカワ文庫JA)

我もまたアルカディアにあり (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 江波光則
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/06/24
  • メディア: 文庫



我もまたアルカディアにあり (ハヤカワ文庫JA)

我もまたアルカディアにあり (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/06/24
  • メディア: Kindle版



おなかがすいたハラペコだ。/孤児たちの軍隊4/いちまき ある家老の娘の物語 [本]

椎名誠「おなかがすいたハラペコだ。」新日本出版

------------
痛快・驚嘆の辺境怪しい料理や焚き火料理に加えて、愛妻海苔弁に二人でつつく鍋料理など、シーナ夫妻のほんわか食卓話もご開陳。
腹を空かせていろんなものをワシワシ食ってきたけれど、一番うまい、とたどりついた人生の結論
とは――?!
“食"の話は不滅だが、本書のシーナ節はひと味違う。
正しき女性たちにお届けしたいエッセイ!
------------

椎名誠さんの食に関するエッセイです。
椎名さんのほとんどのエッセイを読んでいるのであまり新味はないですが、おなじみの焚火料理に加えて、海苔弁当など日常で食べている料理の話がちょっと新鮮でした。


ロバート・ブートナー「孤児たちの軍隊4-人類連盟の誕生-」ハヤカワ文庫SF

------------
惑星ブレンで異星人を撃退してから十数年後、太陽系外で人類が居住する惑星はブレンだけではないことがわかった。
地球は太陽系外の地球人と同盟を結び、秘密裏に〈ネズミ取り〉と呼ばれる防衛基地の建設に着手する。
これが完成すれば敵の来襲をいちはやく探知し、大艦隊で迎え撃つことができるはずだったが……。
人気シリーズ第4弾
------------

ロバート・ブートナーのミリタリーSFシリーズ第4作です。
前作から十数年後、地球は太陽系外の異星人に連れ去られた人類が居住する惑星をつなぐ星系に防衛基地を建設します。
主人公ジェイソンはその建設に従事しますが、異星人が攻勢をかけてきます。
1作目では高校生だった主人公も50代、この次の5巻でシリーズ完結です。
その後の世界を描いた続編も出ているそうです。


中野翠「いちまき ある家老の娘の物語」新潮社

------------
曾祖母が江戸家老の娘だったなんて! 自らの一族の流転の歴史を辿る。
まさか私がルーツ探索にはまるとは。
父の遺品整理で曾祖母が遺した手記を見つけ、ファミリーヒストリーを探る旅が始まった。
桜田門、関宿、沼津、青山、佐倉、上野、浅草
幕末の戊辰戦争の逃避行に始まる一族の歴史を調べていくと、いつしか先祖が身近に感じられ、はるかな子孫の私に繋がってきた。
自らのルーツを辿る感動の物語。
------------

中野翠さんが父の遺品に曾祖母の手記を見つけた事からのルーツ探索をまとめた本です。
調べていくと、曾祖母の父は佐倉藩の家老で、佐幕派だった事から藩の勤王派と対立し、幕末には彰義隊に参加した、という過去が分かってきます。
敗走し結果的には静岡に落ち着くのですが。
あまり歴史に詳しくない中野さんがルーツを探っていく過程が面白かったです。


おなかがすいたハラペコだ。

おなかがすいたハラペコだ。




孤児たちの軍隊4――人類連盟の誕生 (ハヤカワ文庫SF)

孤児たちの軍隊4――人類連盟の誕生 (ハヤカワ文庫SF)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: Kindle版



孤児たちの軍隊4-人類連盟の誕生- (ハヤカワ文庫SF)

孤児たちの軍隊4-人類連盟の誕生- (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ロバート・ブートナー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: 文庫



いちまき: ある家老の娘の物語

いちまき: ある家老の娘の物語

  • 作者: 中野 翠
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: 単行本



新年のごあいさつ [その他]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今年も健康に過ごしたいです。
2015年最後の映画は、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の2回目でした。3D吹替え。
3Dメガネが苦手だったんですが、メガネの上につけるタイプだったのでちょっと見やすかったです。
メッセージを送る